1. 興信所探偵
  2. 探偵
  3. 探偵業
  4. ≫探偵は絶対に秘密を洩らさない?守秘義務の理由

探偵は絶対に秘密を洩らさない?守秘義務の理由

syuhigimu-1

探偵にとって、依頼者の秘密は絶対に明かしてはならないものです。

これは冗談でも誇張でもなく、探偵として生きていくためには絶対にやってはならず、もしも依頼者の秘密をもらしてしまったら、探偵としてはすでに死んだも同然なのです。

では、なぜ探偵はそこまで依頼者の秘密を守らなくてはならないのでしょうか?

探偵は守秘義務がある仕事

探偵業には守秘義務があります。また、この守秘義務により、探偵は依頼内容を第三者に伝えると違法行為として、懲役、または罰金刑が課せられることになります。

探偵における守秘義務は探偵業の適正化に関する法律(通称:探偵業法)において定められています。

探偵業法第10条第一項において「探偵業者の業務に従事する者は正当な理宇がなく、その業務上知りえた人の秘密を漏らしてはならない。探偵業者の業務に従事する者でなくなった後においても同様とする」と定められています。

これにより、一度探偵になったら最後、その人間は死ぬまで依頼内容を口外することは出来ません。しかし、もしも正当な理由(警察の捜査協力など)があれば、幾ら探偵といえど依頼内容を口外することもあります。

 

なぜ探偵に守秘義務が?

探偵に守秘義務が存在する理由は、主に依頼内容が依頼者のプライベートに深く関わるものが多いからです。また、その秘密が公表されると、本人にとって致命的なダメージとなるものも多く、探偵が簡単に依頼者の情報を第三者に提供してしまうと、依頼者は社会的な制裁を受けてしまう恐れもあります。

人の秘密に深くかかわる仕事では、必ずといって良いほど守秘義務が存在します。もしも探偵に守秘義務が無ければ、探偵も信用を失い、仕事を続けることが難しくなります。

依頼者と探偵の関係は、秘密を口外しないという守秘義務によって守れていると言っても過言ではありません。他人に打ち明けることが難しい相談を依頼者が安心して探偵に話せるのも、探偵が依頼者の秘密を口外せずに信用を得られるのも、全ては守秘義務があるおかげです。

 

依頼者の情報を守るには?

探偵には守秘義務がありますが、秘密の漏洩を防ぐためにアナログな手段から最新のデジタル技術まで、ありとあらゆる方法を使って探偵は依頼者の情報を守っています。

 

メモに暗号を使用する

一部の探偵事務所では、今でも昔ながらの暗号をメモに用いていることをご存じでしょうか?

もしも調査中に手帳を落としてしまったり、なんらかの事情で第三者に手帳が渡っても、そこから依頼者の情報が漏れないよう、独自の記号や文字を使って依頼内容をメモします。この方法なら、万が一の場合にも相手に情報を渡すことはありません。

 

携帯電話を折る

かつて、もしも探偵が第三者に捕まって、依頼者を知るために携帯電話を奪われそうになった場合、探偵はその場で携帯電話を破壊するよう教育されていました。また、この方法を実際に実践し、自分の携帯を水没させたという探偵もいます。

ここまでして依頼者の秘密を守るべきなのかとお思いでしょうが、携帯電話一つで依頼者の秘密を守れ、なおかつ探偵としての信頼を守れるなら安いもの。なお、現在では遠隔操作アプリなどや、データを初期の出荷状態にするアプリを使っていざという時に備えている探偵が多いようです。

 

自社サーバーへのセキュリティ対策

探偵事務所がクラッキングの被害にあったという実例は聞いたことがありませんが、それでも、多くの探偵社はクラッキングに対して警戒し、かなり手の込んだセキュリティ対策を行っています。

しかし、一部の探偵事務所はそこまでセキュリティに強い関心を抱いてはいません。なぜなら、探偵社の依頼者の情報は、クラッキングの対称となることは殆ど無いからです。

ですが、万が一の可能性に備え、探偵社では必ず依頼者の個人情報に関する管理を行っています。また、その管理は個人情報保護法案によっても定められているので、大手探偵事務所となれば、簡単に情報漏えいが出来ないような仕組みを整えているはずです。

 

調査対象者の情報が簡単にわからないようにする

探偵は移動しながら調査を行いますが、その時には必ず調査対象者の情報を持ち歩かなくてはなりません。しかし、この情報がもしも漏れたら、かなりの確率で対象者に伝わってしまうでしょう。

調査対象者の情報は常に厳重に保管されなくてはなりません。下手に印刷した対象者の情報を持ち歩いている探偵は、情報漏えいへの危機感が少ない探偵と言わざるを得ません。

しかし、多くの探偵はそんなヘマはしません。依頼者はもちろんのこと、対象者の情報についてもきちんと管理し、情報漏えいが無いよう心掛けています。

 

情報を守るのも探偵の仕事

依頼により対象者の情報を守るのも探偵の仕事なら、依頼者の情報を守るのも探偵の仕事です。

また、その守秘義務を守るために、探偵は様々な教育を受け、守秘義務に対してはかなり敏感になっています。

秘密を守れないものが、人の秘密を暴くことは許されません。

他人の知られざる秘密を暴く以上、信用を得て仕事を行うためには、依頼者の情報を守ることが絶対に必要になります。

また、探偵は依頼者の情報だけでなく、対象者の情報もみだりに口外することはありません。依頼者には報告するものの、そのほかの人間に対して調査の結果知りえた情報を口外することは、依頼者への裏切りにもなります。

探偵は信用を第一に考える職業です。守秘義務は探偵である以上誰でも守る必要があります。信用できる探偵なら、何があっても必ずあなたの秘密を守り通すことでしょう。

 

まとめ

探偵にとって守秘義務はとても大切なものです。これから探偵に調査を依頼しようと考えている人は、守秘義務をまもるために、探偵がどんなことをしているのか知ることも大切でしょう。

社会から怪しまれる仕事だけ、探偵は人一倍信用を大切にします。秘密を守れる探偵でなければ、調査を依頼する価値はありませんよね?

依頼者のために調査を行うのが探偵です。これは理想の問題ではなく、現実的に探偵が仕事を続ける上で大切なことなのです。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい