1. 興信所探偵
  2. 人探し
  3. 行方調査
  4. ≫行方不明者のビラはどこに撒けば良い?ビラ配りのポイント

行方不明者のビラはどこに撒けば良い?ビラ配りのポイント

birakubari-point-1

ここ数年、日本では年間およそ80000人以上もの行方不明者が出ています。

この数字は日本で起きる交通事故の死者数が年間およそ40000人弱であることと比較すると、その発生率が特に低いものでは無いことが分かるかと思います。

しかし、だからといって死亡事故のように、全ての事件に警察が全力で対応してくれるとは限りません。

警察にも行方不明者の捜索規定がありますが、それによれば、死亡する危険性が高い行方不明者に対しては積極的な捜査を行うことが可能ですが、そうでない限り、警察はそこまで行方不明者の捜索に身を乗り出すことが出来ない仕組みとなっているのです。

 

そのため、おおくの行方不明者は警察ではなく、その家族が捜索活動を継続して行うこととなります。この記事をご覧のかたも、自らビラを配り、街頭で配る光景を行方不明者家族の姿を見たことがあるかもしれません。

では、もしも行方不明者が家族に出てしまったら、そのビラはどんな場所に配れば良いのか?今回はビラの配るポイントについて詳しくご紹介さえて頂きます。

 

行方不明者の捜索でビラ配りは欠かせない

行方不明者の捜索を行う時、実は探偵もビラ配りなどを行っています。

探偵がビラを配るのは、もっぱら店舗や事業所、宿泊施設、または情報が寄せられた個人宅などが多いです。特に本人が出向きそうな箇所には、集中してビラを配り、情報が集まりやすいよう工夫をしながら配っています。

一方、行方不明者の捜索が打ち切られた家族が自らビラを作り、行方不明者の捜索を行う場合は、もはやあらゆる箇所を当たりつくした後ということが多く、配る場所はより人通りの多い箇所を選ぶ傾向にあります。

 

ビラを配るポイント

ビラを配るポイントは、ビラを配り始めるタイミングによって大きく変わります。

また、ビラの配り方も狙う効果によって変わるので、行方不明者が置かれた状況によって変えていかなくてはなりません。

 

行方不明直後

行方不明直後にビラを配る場合は、行方不明者が移動したと思われるルート上を重点的に撒くのが最も効率が良いとされています。

また、ルートが予測できない場合は、行方不明になった地点から、本人が立ち寄りそうな地点に山を張って配るか、もしくは行方不明地点から円を描くようにビラを配るのが効果的とも言われています。

 

行方不明直後は行き先を知るのが狙い

行方不明直後のビラ配りは、移動する行方不明者の行き先を知り、追いつくことが最大の目的となります。

そのため、ビラ配りはよりスピーディーに、なおかつ本人の移動ルートを予測して行う必要があります。

また、ただビラを配るだけでなく、同時に店舗などに聞き込みを行うことが重要です。ビラを見ただけでは分からなかったり、あまり積極的に捜索活動に協力してくれないかもしれません。

きちんと頭をさげてお願いし、情報を頂ければお礼の品を渡すなど、沢山の気配りが必要になります。

 

メインの捜索活動が終ったあと

警察や探偵に捜索活動を依頼したものの成果が出なかった場合、あとはご家族が自らビラを配り、街頭に立って行方不明者捜索のための活動を行うことになります。

 

出来るだけ広い範囲での活動

メインの捜索が行われても結果が出ないのなら、それまでビラを配った範囲と外れた場所に行方不明者が向かっていた可能性が高いです。

そこで、今度はあえて的を絞らず、出来る限り広範囲でビラくばりを行うことが求められます。

同じ場所で何度もビラ配りを行うのも良いですが、出来れば毎回違う場所に足を延ばして、より多くの人に情報提供を求めるのが良いでしょう。

 

出来るだけ目立つ街頭で行う

不特定多数の人間に、より多くの情報提供を求めるなら、駅などの人通りの多い場所に立ってビラ配りを行うことが必要です。

ただ、駅周辺でこうした活動を行うためには許可が必要な場合があります。もちろん、駅構内での活動も許可が無ければ行えません。

他にも、人通りの多い繁華街や商店街でビラを配るのも効果的でしょう。

 

協力心を仰ぐ

ただ黙々とビラを配っているだけでは情報は得られません。ビラを配る時には、必ず協力を訴えて、助けを求めている姿勢を見せる必要があります。

言い方は少し悪いかもしれませんが、ビラ配る時には人の同情心を引く必要がありますし、人はそこまで冷たい生き物ではありません。

困っている人がいれば助けてあげたいと考えるのが人間ですし、それが行方不明者ではなく、必死に家族を探している人間を助けたいという気持ちでも同じです。

社会は冷たいと良く言いますが、行方不明者の捜索をやっていると、その中にも心暖かな多くのひとがいることを知れるはず。

相手に自分の気持ちを表現し、助けてもらうという気持ちを忘れないでください。

 

ビラはネットでも拡散

以前まで、家族が行うビラ配りは街頭が基本でしたが、最近ではインターネット上でビラを配ったほうが効果があることも分かってきました。

海外では、行方不明者の捜索協力を促すべき、SNSや出会い系サイトに行方不明者の顔写真などを定期的に配信し、多くの成果を出しています。

この流れは日本でも確実に起こりつつあり、事実、ネットの情報により行方不明者が発見されたケースも多くみられるようになってきました。

 

SNSでの拡散の注意

SNSで行方不明者の情報を掲載すると、かなりのスピ―ドで情報が拡散されていきます。

これも、人間がお互いに助け合いながら生きている証拠であり、ネットにも多くの人々の善意が溢れていることを知れる機会です。

ただし、拡散された情報を放っておくと、いまつまでも、どこまでも拡散され続けます。行方不明者が発見されたあと、自分が行方不明になったという情報がネット上に残っているとその後の将来に影響するかもしれません。

もしも拡散するなら、発見された場合にそなえ、情報の削除申請をすぐに行えるように準備しておいてください。

 

まとめ

行方不明者が見つからないといって、諦める必要はありません。捜索活動を続けていれば、どこかでチャンスにつながり、行方不明者を発見できるケースも珍しくないからです。

ビラ配りは大変地味で、効果がはっきりと出ない作業ですが、こうした地味な作業ほどものを言うものは無いので、とにかく諦めずに努力を続けていきましょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい