1. 興信所探偵
  2. ストーカー
  3. ≫ネット世界の脅威?サイバーストーカーとは

ネット世界の脅威?サイバーストーカーとは

cyber-stalking-1

masashi-0

サイバーストーカーという言葉をご存じでしょうか?

今やストーカー犯罪の多くが、現実の世界ではなく、サイバー空間の中での行為となっているのです。

この記事ではサイバーストーカーの定義や実態、法律上の取り扱いなどについて詳しく解説しています。

サイバーストーカーの実態

サイバーストカーとは、インターネット上で活動しているストーカー行為です。

今やストーカー行為の殆どはインターネット上に移行しており、多くのストーカー犯がサイバー空間を主軸に活動しています。

 

ブログへのコメント

今や自分のブログを持っていることは珍しくありません。日常の出来事などをブログにのせて公開したり、自分の日記代わりにしている人もいるでしょう。

しかし、そうした人々の日常生活を見ながら、その相手に敵意や好意を抱いた結果、ブログのコメント欄に執拗な嫌がらせを続けている人もいるのです。

 

SNSへの反応

FacebookやTwitter、またはmixiなど、日本人は多くのSNSを利用しています。

SNSの特徴は、ブログよりもより身近な出来事であったり、自分の考えなどをより的確に表現できる点です。発言も簡易的なものが多く、ブログよりも日常に密接なWEBサービスとなっています。

それゆえに、ネットストーカーにとってはブログよりもSNSをターゲットにする人が多いと言われています。特にSNSはブログよりも過激な発言をする人が多く、ストーカーのターゲットにされる人も多いのです。

 

サイバーストーカーの特徴

サイバーストーカーはインターネット上だけで行動を簡潔させる人が殆どです。

しかし、ストーキングが過熱しはじめると、その行動はネットを飛び出し、現実世界で行動をしはじめます。

 

急激な行動変化

かつてのストーカー行為は、行動のエスカレートの度合いは急激なものではありませんでした。

はじめは執拗な手紙や電話による攻撃を繰り返し、徐々に本人の自宅周辺に表れて行動を過激化していきます。そのため、いきなり命を奪うような危険な行動に出るまえに行動を止めれることも多かったのです。

一方、サイバーストーカーの攻撃変化はとても急激なものです。

ネット上でのコメントなどの小さな攻撃を繰り返していたかと思うと、突然考えを急激に変化させ、突如として現実世界での行動に移るのです。

 

対話の無い怒り

サイバーストーカーはインターネット上の情報を元にストーキングを行います。しかし、行為だけでなく、彼らが抱く好意や怒りも、その全てをネットに依存しています。

ストーカーが被害者に行為を抱く理由は、ネット上での交流が殆どです。短いメッセージのやりとりから想像力を豊かにして相手に好意を抱きます。

また、ストーカーが攻撃的になる時も同じく、インターネット上でのささいな言動から怒りを感じます。ただ、相手から攻撃を受けることは殆どなく、本人の思い込みや、望まない姿勢を相手が見せた時に、再び大きな勘違いをすることが多いです。

しかし、ネット上にさらされる情報はわずかなものです。勘違いのしやすいテキストメッセージと、画像があるだけ。それだけで好意や敵意を抱くほど豊かな想像力を持っているのがネットストーカーの特徴です。

 

現実世界のトラブルからネットストーカーへ

過去に酷い別れ方をした彼女や彼氏のアカウントをインターネット上で延々と監視している人たちもいます。

彼らは普段ストーキングを続けていても、ただ監視をしているのみです。しかし、ひとたび何か彼らを刺激することがあれば、嫌がらせに発展することもあります。

 

サイバーストーカーはストーカー規制法違反にならない?

日本において、ストーカー犯罪を取り締まる主な法律はストーカー規制法違反となります。

しかし、サイバーストーカーはストーカー規制法違反で取り締まるのが難しい犯罪でもあるのです。

 

ストーカー規制法違反の内容に一致しにくい

masashi-0

ストーカー規制法に定められたストーカー行為は以下の通りです。

「法令データ提供システム|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ」から検索し引用しています。総務省行政管理局が日々メンテナンスしている情報になります。

一  つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、又は住居等に押し掛けること。

二  その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。

三  面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。

四  著しく粗野又は乱暴な言動をすること。

五  電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ、ファクシミリ装置を用いて送信し、若しくは電子メールを送信すること。

六  汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。

七  その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。

八  その性的羞恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する文書、図画その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置くこと。

引用元:ストーカー行為等の規制等に関する法律

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H12/H12HO081.html

上記の項目の中では、ネット上でのいやがらせや誹謗中傷を取り締まる法律はありません。

また、定期的な監視活動を行っていたとしても、インターネット上で情報発信をすることは、すでに不特定多数の人物に対して情報を公開しているため、規制法違反で取り締まることは難しいのです。

 

好意に基づく行為だと証明しにくい

ストーカー規制法違反に該当させるためには、その行為が好意に基づく行為であることを証明しなければなりません。

しかし、インターネット上でのコメントは様々な意味で受け取れるものが多いため、それが好意に基づくものなのか判断がつかないものが多いのです。

 

誰が犯人は分からない

サイバーストーカーが現実で行動を移す前に、ネット上でのストーキングを理由に捕まえるためには、警察に相談し、ネットワークの管理会社に対してIPアドレスの開示請求を行わなくてはなりません。

しかし、そのための証拠を集める作業を警察が担当してくれることは殆どありません。また、警察が動いてくれるほどの証拠が集まるかどうかは、ストーカーの活動が過激になるのを待つしか無いのが現状です。

 

サイバーストーカーへの対策は難しい

この通り、サイバーストーカーはあらゆるストーカーの中で最も厄介なストーカー行為です。

もしもサイバーストーカーに狙われているなら、早めに専門家に相談し、正しい対処を取ることを心掛けてください。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい