1. 興信所探偵
  2. ストーカー
  3. ≫ストーカーにも種類がある?その分類とパターン

ストーカーにも種類がある?その分類とパターン

pattern-1

この日本で、ストーカー事案を積極的に調査する仕事は探偵しかありません。

しかし、ストーカー被害の多くは警察にも、探偵にも相談できない皆さんの身の回りで発生しているもの。本来ならプロに相談するのがベスト。ですが、それでも解決できないことも多くあるのです。

そこで、ストーカー問題解決の糸口となるべく、ストーカーの分類について詳しく説明させて頂きます。一見して理解不能なストーカーですが、丁寧に分類分けすることによって、より理解を深め、対処法を見出すことができるはずです。

世界におけるストーカーの分類方法は様々です。

しかし、ストーキングはストーカーの精神的な歪みから起きる現実の受け止めかたの変化から起きることから、ストーカーの精神構造によって分類を試みる方法が最も効果的だと考えられます。

パラノイド系

パラノイド(偏執病)とは、自身の妄想の世界と現実を混同する精神疾患の一つです。しかし、パラノイド型の精神病室者は一般的に知性が高く、理論的で、なおかつ大胆さを兼ね備えているといわれています。その結果、中には指導者として国のトップに立つ人間も多く、ヒトラーなどもパラノイドの一人であったと言われています。

パラノイド型のストーキングは、相手も自分に好意があると思い込むタイプが多いです。しかし、ストーキングは明らかに自分とは何の接点も無い赤の他人に対して行われることが多く、事実上の恋愛関係はおろか、人間関係すら気づけていないことも多いです。

こうした特徴から、パラノイアタイプは芸能人などのスターを狙うスターストーカーになりやすいとも言われています。

 

ナルシスト系

ナルシスト型のストーカーは、自己愛がとても強いのが特徴です。その自己愛がかなり強ければ、決して相手が振り向いてくれなくても、自らを愛する力によってストーカー行為を防げるでしょう。

しかし、自己愛が強いものの、自己肯定能力が低い未熟なナルシストは、自らがアプローチをかけた異性が振り向かない場合に、執拗に攻撃的になりストーキングに走ります。

ナルシスト型のストーカーは、たいてい恋愛の失敗によりストーカー化します。また、ストーキングの目的は関係をやり直すためというよりも、失った自尊心を取り返すための行動であるため、明らかな嫌がらせ(無言電話や脅迫)を繰り返すこともあります。

ナルシスト型のストーカーは男性に多く、なおかつインテリ層に最も多いと言われているので、女性は気を付けなくてはなりません。

 

サイコパス系

サイコパス型のストーカーは、一般的なストーカーよりも危険で、なおかつ魅力的であると言われています。

サイコパス型のストーカーの最大の特徴は、相手の気持ちを一切考慮しない点です。

他のストーカーが相手から愛されたい、もしくは愛されていると勘違いしているのに対して、サイコパスは相手からどう思われるのかは一切関係なく、自分の欲望を満たすためだけにストーキングを行います。また、ストーキングの目的は交際ではなく、金銭や性欲に基づくもとが多いため、一度捕まればサイコパスの欲望のはけ口として利用され続けます。

しかし、サイコパス型は自分を隠すのがとても上手い生き物です。人間関係は非常に強引でありながら、愛情を求めようとしないため、サービス精神に富むこともあり、ストーキングをされやすい人間からすれば、もっとも断りずらく、危険な相手なのです。

 

ボーダーライン系

ボーダーライン(境界人格障害)型のストーカーは、男性よりも女性に多いと言われています

ボーダーライン型は一見とても社交的で明るく、友人も多いのが特徴です。しかし、その裏には孤独に対する圧倒的な恐怖があり、孤独を避けるためならどんな努力も惜しみません。

ボーダーライン型がストーカー化する原因は、孤独にならないためです。特に自分を愛してほしいと思う人間が遠ざかることには耐えられず、その人間から愛されようと努力するうちに、次第にストーカー化していきます。

ただ、ボーダーライン型のストーカーは新しいパートナーができたり、新たな恋愛が始まれば簡単にターゲットを変更します。また、極端な嫌がらせや、攻撃的な行動もほとんど見られないのもこのストーカーの特徴。潜在的ストーカー犯と言われている人の多くが、このボーダーライン型ストーカーに当てはまるともいわれています。

 

ゲーム型

最後にご紹介したいのが、最近増えつつある新たなストーカー「ゲーム型」のストーカー達です。

ゲーム型のストーカーが登場しはじめたのは2000年以降。この時代からインターネットの発展とともに、個人の情報が次々とネット上にアップロードされていきました。その結果、より手軽に、ネット上の情報を追うことによってストーキングを行うことが可能になり、よりゲーム感覚でストーキングを行う人間が増えていったのです。

ゲーム型のストーカーの特徴は、恋愛感情があろうが無かろうが、相手の素性を調べあげることに快楽が生まれている点です。ストーキングの過程そのものが目的であるため、ターゲットは良く変わり、なおかつ得られた情報をネットに公開することすらあるのです。

今やネット上で活動するサイバーストーカーの多くが、ゲーム感覚でストーキングを行っています。しかし、日本の法律の定義における「ストーカー」が、好意に基づいたものでなければならないので、ストーカー規制法違反には該当しません。調べ上げる方法も誰でも閲覧できるWEBが基本となるため、そのほかの法律で裁くことも難しいのです。

 

ストーカーを理解して、対策を練る

もしも今、ストーカー被害に合っているのなら、自分がどのタイプのストーカーから被害を受けているのか分析する必要があります。

でなければ、自分が何を相手にしているのかわからず、間違った対応をして、より相手のストーキングを加速させてしまうかもしれません。

ストーカーは爆弾のようなものです。最後にあなたに対する直接的な危害を加える危険性はどんなストーカーでも持ち合わせています。ストーカーが爆発するまえに手をうち、相手の熱を冷ますのが一番のストーカー対策です。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい