1. 興信所探偵
  2. ストーカー
  3. ストーカー対策・撃退法
  4. ≫ストーカー被害からの脱出!安全に引っ越しを行うためには?

ストーカー被害からの脱出!安全に引っ越しを行うためには?

safety-move-1

ストーカーにもしも会ってしまったら、まずは自分の身の安全を確保するようにしましょう。

ストーカーは決して油断できない存在です。相手が自分に興味や関心を集めている以上、その行為がどこまでエスカレートするか分かりません。対策は出来るだけ早めに行うのがベストです。

そこで、深刻なストーカー被害にあった人の多くはその場を離れ、ストーカーには追われないよう、安全な場所に引っ越す必要があります。ですが、その引っ越し方法も安全に行わないと、ストーカーに追われる可能性があります。

それでは、一体どのようにすれば安全に引っ越しが出来るのか?その方法についてみなさんと一緒に考えてみました。

ストーカーに追われる可能性

これからストーカーに追われる、もしくはストーカーにすでに追われている人に知っておいてもらいたいのは、ストカーは常に貴方の行動を監視したいと考えていることです。
ストーカーは監視により、相手を支配しようとします。あなたのプライバシー領域を侵害することにより、ストーカー犯は被害者を支配しようとするのです。

自宅を監視している

自宅周辺を監視するのはストーカーの常套手段です。自宅の中までは入らないかもしれませんが、自宅の周辺に張り込み、貴方の生活を伺っているかもしれません。

この様な状況でストーカーから逃げるために引っ越しをするのは危険です。引っ越しする現場をみられたら、そのまま引っ越し業者を車で追跡されて、引っ越し場所を特定されかねません。

自宅集辺にストーカーが張り込んでいるなら、まずは自宅からストーカーを引き離す必要があります。

SNSなどで動向を監視している

現代のストカーは主に相手の行動をネット上で監視し続けています。特にSNSはストーカーにとって良い情報源となっています。その情報は本人の生活態度を知ることもできれば、住んでいる地域も特定することが可能です。

もしもストーカーに狙われて引っ越すとしたら、SNSなどに情報を公開するのは一切中止してください。ストカーは普通では考えられないような執念で、被害者が出しているネット上の情報を漁り続けています。

ストーカーの恐ろしい所は、例え匿名でSNSをやっていようが、時として本人を特定してしまうことです。調査を仕事としている探偵なら、それが不可能でないことを良く分かっています。ストーカーに追われているなら、必ずネットに情報を上げるのを止めてください。

住所を探すために犯す違法行為

ストカーは本人を探し出すためなら違法行為も平気で行うことがあります。

代表的なのが、本人や親族の振りをして本人の引っ越し先をあらゆる場所に聞いて尋ねまわることです。この方法により、ストーカーは被害者を見つけ出せる確率は限りなく低いですが、もしも被害者がうっかり引っ越し先について口外していると、ストーカーに引っ越し先を知られる恐れがあります。

その中でも法を犯す行為が、ライフライン関係の会社に本人の親族などを装って電話を掛けてその居場所を聞き出す方法です。

現在、各ライフライン会社はこのような方法に対抗するため、本人確認を徹底していますが、それでも年齢、名前、電話番号、住所のいずれか複数が合致した場合、あとは話術でもってライフライン会社から情報を引き出すこと可能なのです。

この方法はもちろん違法で、成功率も高くはありません。

しかし、この手法により、かつて探偵がストーカーに情報を引き渡してしまった事件がありました。

つまり、ストーカー本人にその能力がなくても、ストーカーが様々な人間を利用して違法行為を犯し、情報を得てくる恐れもあるのです。

 

引っ越しをする前にシェルターに入る

引っ越しを行う前に、警察のシェルターに入ることをお勧めします。

シェルターに入ることが出来れば、その後の引っ越しの世話などを警察が行ってくれます。また、引っ越し先に関する情報を含めて他の人間に知られることもありません。

また、引っ越すまでの間、誰にもその姿を見られることもありません。出来ればシェルターに入ったあとの引っ越しをお勧めします。

 

引っ越す時は人知れず行う

ストーカーもいつでも自宅を見張っている訳ではありません。

そこで、出来る限りストーカーが自宅にやってこない時間帯を見計らって引っ越しを行うようにしましょう。

しかし、ストーカーが何者か分からなければ、相手の隙をつくことは出来ません。

せめて相手の仕事を特定すると、自分の家を見張れない時間帯を知ることが出来るはずです。

 

ストーカーに対して接近禁止令を出す

ストーカーに対して接近禁止令を出せば、相手は一時的に怯むはずです。出来ればそのタイミングを狙って引っ越しをするのが良いでしょう。

ストーカーといえど、警察に目を付けられているとなれば、一瞬は怯みます。しかしその後、ストーカーは自分が拒絶されたことへの怒りを感じて、法を犯してでも相手との接触を試みるかもしれません。

自宅を見張られているなら、その相手が自宅に近づけない状況になる一瞬を逃がさないようにしましょう。

 

仕事を辞めるか部署を移動する

ストーカーから逃げるために引っ越しをしても、職場がストーカーに知られていたら引っ越しも意味がありません。出来れば仕事を辞めて転職するか、転勤を志願するのがおすすめです。

まっとうな会社なら、ストーカー被害に合っている事実を打ち明ければ、問題解決のために力を貸してくれるはずです。現状を正直に訴え、警察にも相談したものの、それでも解決していない事実を訴えましょう。

 

まとめ

ストーカーから逃げるためには引っ越しは必要不可欠です。ストーカーのためにわざわざ仕事を辞めることも、引っ越しをするのも、ネットが出来ないのも悔しいはずです。
ですが、それでも殺されるよりはましですし、恐ろしい思いをするよいも良いはず。現在のストーカー対策ではまだまだ被害者を守る仕組みは出来ません。

あとは被害者が自衛手段を講じるしかありませんが、身の安全を守るために、出来る限り努力を怠らないようにしましょう。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい