1. 興信所探偵
  2. ≫浮気不倫

浮気不倫のチェック項目と探偵調査の流れ・料金費用を解説

uwaki-furin-tyousa-top-1

reika-0

妻・夫(彼氏・彼女)の不貞は早期に調査し解決に向けて動くことが、互いにとってより良い結果となります。

一般的に、探偵社に依頼をする=離婚というイメージがあります。

しかし、大手調査会社のリサーチによれば、探偵社の調査によって浮気が発覚した家庭の内、離婚をした男女はたったの3割でした。

つまり、探偵社に依頼をする殆どの人間が離婚を目的として浮気調査を依頼していないのです

では、探偵社に依頼をしながら、離婚をしない7割の依頼者は、どのような目的で高額な依頼料金を支払い調査を実施したのでしょうか?

知っておきたい浮気不倫調査依頼の現状

masashi-0

探偵社に調査を依頼しながら離婚をしない依頼者は、次の様な動機で探偵社に相談することが多いです。

浮気を止めさせるため

依頼者の殆どは、パートナーの浮気を止めさせる事を目的として探偵社に調査を依頼してきます。

特に家庭のある依頼者の場合は、パートナーが浮気が浮気にのめり込んでしまうと、結果的に家庭崩壊につながる可能性が大きくなってしまい、子供への悪影響を防ぐために浮気を止めさせようと考える人が多いです。

また、恋愛関係にあるカップルの場合は結婚を前提としているパートナーに対して浮気調査を行い、浮気症のパートナーを止める依頼者が多いです。

将来的な離婚を考えて

現在は家庭のために離婚はせずとも、将来離婚した時の事を考えて、今の内から浮気調査おこなって証拠を掴んで置こうと考える依頼者も少なくありません。

実は、不貞行為によって離婚となる場合、不貞の期間が長ければ長いほど、請求できる慰謝料の額が増えていくのです。

そのため、若いうちから浮気の証拠を掴み、それを数年置きに繰り返す事によって、離婚時には慰謝料だけでも数百万円。財産分与も合わせれば数千万円の金額を手にする依頼者もいるのです

家庭内で優位に立つため

ごく稀なケースですが、家庭内での地位逆転を狙って浮気調査を依頼する依頼者も居ます。

この中でも圧倒的に多い理由は「1.浮気を止めさせるため」です。

浮気不倫調査は相手に行いを見直させ、家族・恋人の幸せを再び取り戻すための手段と言えます。

浮気の証拠は、なぜ浮気を止めさせられるのか?

tantei_top_0

探偵社の調査報告書で浮気を止めさせられる理由は、浮気をしている人間の罪悪感に大きく働きかける力を持っているからです。

浮気をしている人間は、誰もがその行為をパートナーにバレないように行っていますが、これは当然、自らの行為がパートナーに対する裏切りであり、反社会的な行動であることを自覚しているからです。

その結果、目の前に自らが行った浮気の詳細な記録、つまり、写真や文章で記された自らの行いを客観視することで、浮気をした人間は一層強い罪悪感を感じて、浮気を止めようと考えはじめるのです

しかし、そうした罪悪感から逃れるため、依頼者に攻撃的になったり、家を出て行ってしまう人間も居ます。この様な人間はいずれも精神的に弱く、家族や恋人に対する愛情よりも自分の自尊心を優先させてしまうため、浮気をせずとも家庭が崩壊する可能性が高いでしょう。

masashi-0

ただ、探偵社に依頼する人間の7割が離婚をしてない事実が示すとおり、例え浮気をした過去があろうとも、探偵社の調査報告書によって自身を見直し、家庭やパートナーを大切にしようと努力する人間の方が多い事は間違いありません。

自分のパートナーの浮気を止めさせたいのであれば、探偵社の調査報告書を使うことをご検討ください。

そうすれば、諦めかけていた幸せが再び戻ってきます!

探偵による不倫浮気調査の新の目的は幸せな家族生活の実現です。

「調査」というとマイナスのイメージがつきがちですが、実情は大きく異なります。

ぜひとも私たちの探偵の力を利用していただければ幸いです。

1.浮気調査が必要?調査レベルチェック

masashi-0

自分のパートナー(配偶者)が浮気をしていないか不安な人は貴方だけではありません。

しかし、漠然とした疑いを持っていても、どの部分が疑わしいのか良くわからない人がほとんどです。

では、浮気のデットラインは一体どこからなのか?

以下のチェック項目を見ながら浮気危険度を確かめてみましょう。

チェック項目リスト

    • 視線を合わせなくなった
    • 携帯を手放さなくなった
    • 家の中でもマナーモードだ
    • 残業が急に増えはじめた
    • 休日出勤が多くなった
    • 急にファッションに気を使いはじめた
    • 仕事の飲み会などが増えてきた
    • 急に愛想が良くなった
    • メールへの返信が早くなった
    • 趣味仲間との付き合いが増えはじめた
    • 突然夜に家を出はじめた
    • 急な出費が増えた
    • 2台目の携帯電話があった

これらのチェック項目に当てはまる数が多いほど浮気をされている確率は上がります。

1~3個 「浮気の可能性あり」

チェック項目が1~3つ当てはまるなら、浮気の可能性は十分にあります。

しかし、浮気の疑いを持つには十分でも、浮気の証拠が確実に出てくるかは微妙です。

まずは自分で簡単な浮気調査をして、浮気の証拠を集めてみましょう。

特に携帯電話の中身は浮気の証拠が大量隠されています。

もしもそこで証拠が出てくるようなら、本格的な浮気調査を依頼しても無駄ではありません。

4個以上 「浮気危険度大」

もしもチェック項目に4つ以上当てはまるなら、貴方の知らない所で、すでに本格的な浮気がスタートしています。

ここまで危険度が高くなっているなら、早めに問題を解決しなくてはなりません。

探偵社に相談して浮気の証拠を手に入れましょう。

探偵社に相談するべき人って?

masashi-0

浮気の疑いが濃厚でも「なぜ探偵社に相談するの?」と疑問に思う方もいるでしょう。

しかし、次のような人達は探偵社に相談しないと、後々浮気問題のためにトラブルが泥沼化する恐れがあります

夫婦関係を改善したい!

fufukankei

浮気をしているからといって、即座に離婚をする夫婦は少ないです。

むしろ、浮気問題を乗り越えてより夫婦や家族の絆を高めたいという前向きな人が多いです。

浮気問題を明らかにするには、それなりの証拠が必要です。

浮気をしている人間は、自分の非を認めたがらない人が多いものです。また、配偶者や子供への愛情が薄くなっていることが多いので、その場限りの言い逃れをしたり、問い詰められただけで離婚を切り出してきます。

それを防ぐには、探偵に依頼をして言い逃れができなほどの証拠を事実として突きつける必要があります。

 

離婚・慰謝料をしっかりと取りたい!

isyaryou

浮気をされて傷つかない人はいません。特に、愛情が深いほど傷の深さが増します。

浮気によって受けてしまった精神的損害を取り戻すために、日本では慰謝料請求が認められています。また、受けた精神的損害が大きすぎるため、夫婦生活が困難になった場合には、離婚請求も通りやすくなります。

しかし、この手のトラブルでは、必ずと言って良いほど相手側が反論し、離婚や慰謝料請求を拒否してきます。

反論を回避するためには、探偵社に依頼するなどして、不貞行為の事実を立証しなくてはなりません。

 

2.探偵社の探し方

reika-0

探偵社の選び方は難しいものです。探偵に依頼をするなんて、人生の中で一度経験すれば良い方。かといって、周りに探偵に依頼した人はまず居ません。

それでは、いかにして良い探偵社を探せば良いのでしょうか?

良い探偵社を見分けるには、まずは優良探偵社の条件について知っておかなければなりません。

良い探偵社の条件

yoijyouken

料金体系が明確

探偵業界では、昔から「依頼するなら、料金体系が明確な会社を絶対に選べ」と言われています。

実は、探偵業界には相場ができ始めたばかり。料金体系がはっきりとしない探偵社依頼すると、あとで驚くほど高額な料金を取られる事があったのです。

しかし、料金体系が明確であれば、相談をする前から自分の調査が一体幾ら位掛かるのか、おおよその計算をすることができます。また、その料金が他社と比べて安いかも判断できます。

過去の実績が多い

探偵社の実力は過去の実績を見ることで判断します。

探偵社の実績はとても分かりにくいです。仕事は全て秘密裏に行われるため、実績の全てを公にすることはできません。

しかし、探偵社のホームページを見れば、その実績の一旦を見ることができるでしょう。年間の調査件数やメディアへの出演実績、報告書のサンプルや依頼者の声などを見れば、探偵社の実力を測ることができます。

親切で丁寧な対応

依頼者に対して丁寧な対応ができるかどうかは、調査力の高さよりも重要です。

依頼者の相談を真剣に聞いてくれる探偵社なら、調査の計画や、実際の調査も真剣にやってくれます。

一方で、依頼者に対して冷たくそっけない対応をする探偵社は、依頼者の存在を軽くみており、調査も自分勝手なものになりやすいのです。

探偵社の探し方

tantei-sagasikata

探偵社に依頼をする前に、まずは探偵社を探さなくてはなりません。

探偵社の調べ方には幾つかありますが、主に「インターネット」と「タウンページ」「広告」の三つの方法があります。

インターネット

インターネットを使って探偵を調べるのはとても簡単です。また、探偵社の情報を調べるために企業ページを覗くことは欠かせないため、まずはネットを使って探偵社を探してみましょう。

ネットを使った探偵社探しでは、検索するキーワードが大切になります。浮気調査が強い探偵社を探しているのか、地元に強い探偵社を探しているのかでキーワードも変わってきます。

タウンページ

インターネットが発展する前、探偵社探しといえばタウンページが基本でした。

今や時代遅れの探し方となってしまいましたが、地域や地元に近い探偵社を探したり、ネットが使えない環境で探偵社を探すためには、まだまだ有効活用できます。

広告・チラシ

街角にある探偵社の広告や、家のポストに入っている探偵社のチラシを見た事はありますか?

普段から広告を見ていれば、いざ探偵社を探す時に真っ先に思いつくはず。しかし、広告や宣伝そのもので探偵社の実力を測ることはできません。

しかし、町中に大量の広告があれば、宣伝費用にかなりの大金を掛けていることが伺えます。広告の内容そのものより、広告費用から会社の規模を推し量る材料として見るのが良いでしょう。

masashi-0

探偵社はたくさんありますので、ご自身で調べて比較することは大変です。そこで、当サイトでは色々な探偵社の情報を掲載し御紹介しています。

特に調査実績の高い探偵社の情報は以下のページで纏めています。

総合探偵社TS
5
探偵社名総合探偵社TS
総合探偵社TS

調査の際にどの探偵社にしようか迷った時には、株式会社TSを選ぶことが最善の選択です。

この会社は主に関東圏の調査に強いですが、専門カウンセラーが行う依頼者のケアも魅力的です。


原一探偵事務所
業界大手の探偵社
原一探偵事務所
4
探偵社名原一探偵事務所

探偵について調べられた方は必ず一度は目にすると思います。数多くの利点を持つ探偵社です。

これ以外にも、国内外にある探偵事務所の情報を纏めていますので、併せてご覧頂けますと幸いです。

国内外の主要な探偵事務所はこちらをご覧下さい。

違法探偵社にはご注意を

ihou-tantei

あまり知名度の無い探偵社に相談する前に、まずは探偵社が営業許可書を取っているか確認しましょう。

法律の整備が進んだ探偵業界では悪徳探偵は次々と消えています。ただ、彼らは代わりに営業許可書を取らずに探偵の看板を掲げ、違法営業を行うようになっています。

違法営業の探偵を見抜くためには、探偵業の営業許可書をもっているのか?または信頼のおける業界団体に加盟しているのかを確認することが大切です。

特に営業許可書も無く探偵を名乗っていたら要注意。

それは詐欺を目的とした犯罪集団かもしれません。また、調査以外の仕事(離婚工作など)を請け負っている会社も注意してください。

 

3.複数会社の見積もりポイント・見積もりチェック項目

masashi-0

探偵社を選んだら、次は見積もりをもらいましょう。

探偵社の見積もりには、依頼内容から調査を行うために掛かる料金について詳しく書かれています。

料金見積もりの例

項目 内容 合計
調査基本料金 スタンダート 150,000円
調査員 3名/10時間 150,000円
機材使用料 10時間 10,000円
車両使用料 10時間 10,000円
計320,000円

上記のように簡潔な見積もりを提出されることもありますが、最近はさらに詳しい内容を記したものも増えています。

reika-0

経費の見積もりを一社からもらったら、できるだけ別の探偵社にも見積もりを依頼して比較してみましょう。

おおまかな料金はホームページを見ればわかりますが、依頼内容によって調査の時間や人員が変わるため、実際に見積もりを取ってみないと詳しい料金の比較ができないのです。

見積もりを複数取る方法

複数の探偵社から見積もりを取るには「マッチングサイト」を使う方法と「自分で見積もり依頼をする」2種類の方法があります。

マッチングサイト

「マッチングサイト」は、サイトに登録している複数の探偵社の中から依頼内容にあった探偵社を選び、複数の見積もりを取ることができます。

また、他のサイトによっては他社の見積もりを提示することで割引サービスを受けることも可能。費用と時間の両方を削減することができるでしょう。

ただし、大手を中心とした有名探偵社の多くはマッチングサイトに登録していません。

また、マッチングサイトではサイト側がおすすめの探偵社を提示するので、こちらの選択権が薄れます。マッチングサイトは複数利用するのがお勧めです。

自分で複数見積もりを取る

自分で複数の見積もりを取れば、業界大手から近所の小さな探偵事務所まで、好きな会社から見積もりを取ることができます。

ただ、マッチングサイトに比べて手間もかかるのが難点です。

マッチングサイトも併用しながら、狙っている探偵社だけ見積もりを取るのがベストでしょう。

下げ交渉に見積もりは必須?

探偵社との値下げ交渉がスムーズに行うには、他社の見積もりが必要です。

探偵社側もサービス内容で他社に負けたくありません。

競争意識を利用して費用を削減するには、他社の見積もりを提示しながら交渉するのが良いでしょう。

 

4.実際に依頼する手順

masashi-0

見積もりを比較し、依頼したい探偵社が見つかったらといって、すぐに契約してはいけません。

むしろここからが本番。損をせず、確実に証拠を手に入れるために慎重に行動しましょう。

面談

mendan

面談とは、探偵社の人間と直接会い、調査のための詳しい打ち合わせや説明を受けることです。

面談場所となるのは探偵社の相談室が多いです。しかし、依頼者が自分の好きな場所を指定することもできるので、近所の喫茶店やファミレス、カラオケや自宅など幅広い場所で面談が行えます。

 

契約内容をチェックする

面談を行い、調査プランにも納得がいったら、今度は契約書の説明を聞きましょう。

契約内容はとても長く、難しい言葉も多いですが、必ず全ての文章に目を通しておきましょう。探偵への依頼は決して安いものではありません。大金を損しないためにも、絶対に契約内容を確かめてください。

 

重要事項説明責任とは?

探偵は調査で発生するリスクについて依頼者に必ず説明しなければなりません。

しかし、重要事項の説明をうっかり省いてしまわれる事も稀にあります。

もしも探偵社から説明が無ければ、説明してもらうようお願いしましょう。

 

違約金は必ずチェック!

探偵と依頼者の間に起きやすいのが、「違約金」に関するトラブルです。

違約金とは、調査をキャンセルする時に発生する金額です。

多くの探偵社では、調査の準備をはじめた時点でキャンセルをすると違約金が発生するシステムとなっています。

しかし、中には契約を結んだ時点から調査費用の内の十数パーセント(前金など)をキャンセル料として支払わなければならない所もあります。

浮気調査を依頼する人の中には、その場限りの感情で動いている人が少なくありません。

あとで冷静になり、調査をキャンセルしようとしても違約金を支払うことになります。

契約を結ぶ前に、本当に調査をするべきか迷ったら、面談のあとに周りの人間に相談して決めても遅くはありません。

 

調査が失敗したらどうなる?

もしも調査が失敗した場合には、契約の内容によって支払う金額が変わります。また、調査の失敗条件を満たしていないと金額が戻ってこないこともあります。

調査が失敗した場合にどうなるのかは、面談時に確認しましょう。

また、成功報酬制度や完全成功報酬制度の場合には、調査失敗の条件について必ず確かめてください。

時間制プラン(1時間ごとに調査員の数に応じて料金が加算されるプラン)の場合には、明らかに探偵社側のミスで調査が失敗しない限りは、経過した分の時間に応じた料金を支払わなくてはなりません。この点も、契約をする前に担当者に確認しましょう。

 

浮気調査中は?

浮気調査を行っている間は探偵社の調査に協力しましょう。

ただし、探偵社との連絡を対象者に絶対に見られてはいけません。

もし見られたら、調査が失敗に終わるだけでなく、二度と浮気の証拠は手に入らないかもしれません。細心の注意を払い、疑われない演技を心がけましょう。

 

5.探偵が実際に調査をしている様子を紹介

uwakityousa

探偵に調査を依頼しようと思っても、探偵がどんな仕事をしているのか分からない方も多いはず。

そこで、ここでは探偵の一日をみなさんと一緒に追いかけてみたいと思います。

00:00 ~ 07:00 起床

探偵の朝は早いです。早朝から調査をするとなれば、まだ夜明け前から目を覚まして現場に向かうこともあります。ただ、朝方から入る調査は出勤確認(勤務先に向かう対象者の様子を確認)することが多いので、調査時間はさほど長くありません。

また、朝食は現場で取ることが多くなります。

 

10:00 出社

朝の調査が終わると、今度は会社に出社します。

会社では前日の調査で撮影した写真を整理しはじめます。

その後、他の調査がどうなっているのか確認し、各調査員はその日のスケジュールを確認します。

 

11:00 報告書の作成

探偵の仕事は調査だけではありません。調査の結果を依頼者に報告するための報告書を書く必要があります。報告書は調査が長くなれば長くなるほど時間が掛かります。また、文章をチェックするために複数人で校正をし、最終的には製本して提出することになります。

 

12:00 昼食

探偵のランチは他の会社員となんら変わりません。会社で愛妻弁当を食べる人もいれば、近所のコンビニ弁当を食べる人もいます。ただ、昼休憩が決まっている探偵社はあまり多くありません。

 

13:00 会社での調査

探偵の調査は現場で行うだけではありません。インターネットや電話を使って行う調査は基本的に社内で行います。また、調査のための下調べも社内で行うことが多いので、会社にいる間も探偵は調べものをし続けています。

 

14:00 浮気調査の準備

現場に行く時間が近くなると、その日の調査のための準備が始まります。使用する車やカメラなどの機材を準備したり、無線機のチェックなどは探偵にとって重要な作業です。

また、現場に入る調査員同士で打ち合わせをして確認を繰り返します。

 

16:00 現場に到着

探偵は基本的に、調査の開始時間から30分~2時間前には現場に到着します。

現場に到着すると、まずは対象者が居ると思われる建物やその周辺を調べます。

特に重要なのが、張り込みの位置の確認です。建物出入り口が多かったり、周囲が薄暗いと探偵が対象者を確認できないかもしれません。

 

17:00 調査開始

浮気調査の開始時間は、対象者の退勤時間となることが殆どです。

会社から出て来た対象者を見つけたら、そこから尾行がはじまります。尾行は最低でも2名以上で行うことになります。実際に対象者の後ろに付くのは1人だけ。あとの探偵はその後方に待機し、後方につく人間をローテーションしながら尾行を続けます。

 

19:00 浮気相手と接触

浮気相手との接触を確認したら、探偵は必ず浮気相手の容姿を撮影。そのままホテルや浮気相手の部屋に入る様子も抑えます。

二人が接触している間は、そのま建物の外で待機し、対象者達が出てくるのを待ちます。また、この時点で依頼者に向けて現状報告のためのメールや写真を送ります。

 

20:00 張り込みをしながら夕食・夜食

対象者が一旦ホテルなどに入ると、少なくとも1~2時間は出てきません。そのまま翌日まで調査が続く可能性もあるので、時間があるときに張り込みをしながら昼食を済ませます。

探偵の夜食といえば、パンや牛乳が有名ですが、実際の探偵はまず調査中に牛乳は飲みません(仕事中に飲むとおなかを壊しやすいので)。パンを食べることはありますが、最近はコンビニおにぎりを好んで食べる人が多いです。

 

22:00 浮気相手の尾行

ホテルなどから対象者が出てきて浮気相手と別れたら、そのまま浮気相手の自宅の割り出します。もしも浮気相手に慰謝料請求を行うとなると、相手の本名や住所、連絡先を知る必要があるのです。

 

23:00 調査終了

契約時間が経過するか、依頼者との協議の上で調査は終了となります。

調査が終了すると、探偵はそのまま帰宅しますが、帰るまでに終了報告を済ませ、明日の調査の確認も終わらせます。また、時にはそのまま翌日の調査の下調べに行くこともあります。

 

6.浮気調査で重要な情報とは?

探偵が浮気調査をするためには、依頼者からの情報が欠かせません。

そこで、まずは調査のために必要なる情報について簡単に説明させてもらいます。依頼の前にはチェックを入れて、しっかりと準備しておきましょう。

必要な情報

    • 対象者(パートナ)の写真
    • 身体的特徴(身長・体格・年齢)
    • 愛車の車種・ナンバー
    • 住所・勤務先
    • 立ち寄り先の情報
    • 行動パターン(出勤時間・退勤時間・帰宅時間など)
    • 電話番号
    • 手に入れている浮気の証拠
    • 浮気相手の情報

どうですか?浮気調査のための基本情報はそろっていましたか?

もしも情報が揃っているなら、続いて浮気調査の成功率を上げるための情報を手に入れてみましょう。

 

浮気をしそうな日時

対象者が浮気相手と会う日が解れば、調査の空振りを防げます。

しかし、確実に浮気相手と会う日時を知るのは大変です。携帯電話の中を覗き見るチャンスが多ければ良いですが、無理をして日時を明らかにしようとすれば、そのために調査が発覚するかもしれません。

そこで、基本的にはピンポイントで調査を入れず、短時間の調査を数日間に渡って行う方法を取ると成功率が高くなります。

 

浮気相手の情報

浮気相手に関する情報があると、もしも対象者を見失っても、浮気相手を追跡することで調査を続行することが可能。

特に浮気相手が載っている車が解れば、GPSを設置することが可能。対象者の警戒心が高い時には、あえて対象者を泳がし、油断している浮気相手を尾行するという作戦も立てられます。

 

移動ルート

対象者があらかじめ移動するルートを知っておけば、探偵は無理な尾行をせずに済みます。

人気が少ない住宅街などを尾行すると、後方につく探偵が見つかる確率は高まります。しかし、あらかじめ移動するルートを知っていれば、待ち伏せをすることが可能になり、警戒心を与えずに済みます。

また、勤務先の建物のどの入口から普段出入りしているのか?どの駅を利用し、どんなルートを使って帰宅するのかを知れば、尾行の計画も立てやすくなり、結果的に調査の成功率がアップします。

 

情報の取り過ぎに注意

浮気調査の成功率アップや費用の削減には多くの情報が必要です。しかし、あまりに情報を取ろうと焦ってしまうと、自分の調査が原因で浮気調査が失敗するかもしれません。

特に気を付けてもらいたいのは、相手の予定を必要以上に聞きすぎることです。普段はまったく聞かないスケジュールについて急に尋ねはじめたら、相手は浮気を疑っていると気が付きます。

もしも警戒されたら、せっかくの浮気調査が台無しです。情報は安全な範囲で手に入れましょう。

 

7.依頼者への報告

masashi-0

依頼者の殆どは、パートナーの浮気を止めさせる事を目的として探偵社に調査を依頼してきます。

調査が終了しても探偵の仕事は終わりません。調査で手にいれた情報を整理し、証拠としての能力を高める最後の仕上げが待っています。

証拠の裏取

report

浮気調査の証拠は、全て「報告書」にまとめられる事になります。

探偵が提出する報告書はコピー用紙を纏めただけではありません。内容の正確さはもちろん、紙の質や製本にも拘ったかなり豪華な作りとなっています。

 

裏取りで証拠を固める

報告書は探偵社唯一の商品です。

その商品に間違った事実を書くことはできません。そこで、浮気調査の結果手に入れた情報に間違いが無いか、もう一度確かめることになります。

 

特に対象者が立ち寄った店の名前や住所などは、看板の名前と実際の店舗名が違うことがあります。インターネットや電話を使い、もう一度間違いが無いか確かめます。

 

報告書の作成

報告書を作るのは現場に出た探偵がほとんどです。しかし、探偵社によっては探偵が送ったデータをもとに、報告書を専門に作る社員を雇っている会社もあります。

報告書には撮影した映像(写真・ビデオ)やGPSの移動データが掲載されます。また、文書は裁判での使用を前提とし、簡潔かつ詳細に現場の状況を記すことを心がけています。

 

報告書のチェック

報告書を書き終えたら、続いて社内でのチェックに入ります。チェックの回数は最低でも2回以上行われ、探偵(調査員)→相談員(営業)→各部署の責任者という流れが一般的です。

 

製本

中身が整えば、今度は製本作業に移ります。

報告書は簡単な冊子にして依頼者に渡す会社も多いですが、多くの探偵社は報告書の装丁にもこだわります。

また、印刷する紙の質も上質なものを使い、高級感のある報告書に仕上げることもあります。

 

依頼者へ発送

製本が終われば、そのまま報告書を依頼者にお渡しすることになります。

報告書の受け渡しは直接行うこともあれば、郵送で発送することもあります。また、依頼者からの要望があれば、報告書と一緒に撮影した映像データや引き延ばした写真、または音声データを渡すこともあります。

 

8.証拠をつかんだ後の対応のパターン説明

reika-0

探偵の仕事は、あくまで依頼者のために調査を行うことだけです。浮気調査の報告書を受け取ったら、今度は依頼者が行動に移さなければなりません。

それでは、浮気の証拠を掴んだ依頼者はどのような行動に出るべきなのか?ここでは最も多い2つのパターンについて詳しく見て行くことにしましょう。

慰謝料請求と離婚

浮気をされたことで大きな心の傷を負ってしまった場合、浮気をした配偶者、もしくは浮気相手に対して慰謝料請求ができます。

慰謝料請求を行うためには、不貞行為(法律上の浮気)をしていたことを証明する必要があります。しかし、探偵社の報告書があれば、この問題は簡単にクリアできます。

 

慰謝料の計算方法

浮気における慰謝料の計算方法には目安がありますが、はっきりとした計算式は存在しません。

しかし、過去の判例などからの推測から、おおよその慰謝料額が判断できます。

 

慰謝料の金額に関わるポイント

慰謝料の金額が簡単に計算できない理由は、様々な要因によって金額が変化するからです。また、慰謝料をめぐる裁判になった場合には、裁判官の判断も計算に加わります。

 

慰謝料決定の内訳

婚姻期間の長さ 結婚している年数が長くなるほど慰謝料が高額になります。
不貞行為の回数 不貞行為の回数は最低でも2回以上が必要と言われます。また、回数が増えるほどに慰謝料は増額します。
精神的苦痛の度合い 精神的苦痛により病気になったり、生活が困難になれば慰謝料は上がりやすくなります。
浮気相手の認識 浮気相手が既婚者と知った上で交際していれば、浮気相手への慰謝料は上がりやすくなります。
不貞行為の期間 不貞行為の期間が長ければ、それだけ慰謝料の増額に繋がります
不貞行為の主導権 相手が不貞行為を止めようとしていたのに、それを止める言動があれば、主導権のあった側への慰謝料は増え、拒んでいた側への慰謝料は減りやすくなります。
約束の反故 かつて浮気をして、二度と浮気をしないと誓っていたのにも関わらず、再び浮気をした場合には慰謝料の額も上がります。
不貞行為による妊娠 不貞行為によって妊娠し、さらに出産などがあった場合には、受ける精神的苦痛が大きいと判断されやすいです。
子供への悪影響 親の浮気によって子供に悪影響が見られる場合、その影響の度合に応じた増額が期待できます。
社会的制裁の有無 不貞行為は働いたものの、すでに退職や左遷など、社会的な制裁を受けていると、慰謝料は減額されやすいです。
年収・資産 慰謝料は相手の年収(資産)に応じて求めることができます。お金持ちには多くの慰謝料が請求できますが、お金がまったく無い人の場合、慰謝料の請求が一切できないこともあります。

 

このように、様々な原因が絡み合って慰謝料が決定されることになります。

 

慰謝料の相場

慰謝料の相場はおおよそ100~300万円の間とされています。

ただし、相場はあくまで平均値でしかありません。実際の請求では100万円前後となることが多く、300万円以上の慰謝料を手に入れられることは多くありません。

 

慰謝料の計算方法

おおよその慰謝料の計算を行うためには、相手の年収、婚姻年数をあてはめるのが一番わかりやすいです

 

慰謝料計算の式

年収/婚姻期間 1~3年 3~10年 20年以上
100万円以下 90万円以下 200万円以下 250万円以下
200~400万円 100万円以下 200万円以下 300万円以下
500~800万円 200万円以下 300万円以下 500万円以下
800~1000万円 200万円以下 350万円以下 550万円以下
2000万円以上 350万円以下 600万円以下 1000万円以下

※おおよその目安です

こうした簡易的な計算表を使えば、簡単に慰謝料を計算することができます。

 

(Aさんの場合)

結婚年数:6年

配偶者の年収:400万円

Aさんが浮気をした配偶者に慰謝料請求をした場合=最高で200万円以下

ただ、こうした表だけでは金額があいまいになりやすいので、さらに複雑な要因を取り入れ、計算式によって慰謝料を求める方法もあります。

 

離婚慰謝料計算式

基本慰謝料(120万)+ 相手の年収の3%×実質的婚姻年数] × 有責度×調整係数

  • 実質的婚姻年数は、5年なら「5」、10年なら「10」になり、上限は「20」。
  • 有責度には、1.0~0.2の間の数字が入り、相手が一方的に悪い場合「1.0」
    自分にも非がある場合は割合に応じて「0.9」~「0.2」の数字を入れます。お互い 同じくらい悪い場合「0」になり、離婚自体慰謝料は「0円」になります。
    (そうなると離婚原因慰謝料分しかもらえません)
  • 調整係数とは、0.7~1.3の間の数字が入り、離婚後の生活の困難性によって
    事情を勘案していくもの。例えば手に職を持ち、夫と同程度の収入がある女性なら「0.7」で、専業主婦で全く職業経験のない女性なら」「1.3」となります。

【引用元】オフィス・フルール「浮気の慰謝料相場」
http://www.ofleur.com/isharyo03.html

こちらも正確な計算方法とはいえませんが、おおよその金額を出すなら有効な計算方法でしょう。

 

慰謝料の実例

実際に上の計算式を利用して慰謝料を計算してみましょう。

 

(Bさんの場合)

結婚生活:7年

離婚原因:一方的な夫の浮気

夫の年収:800万円

離婚後の生活:専業主婦のため困窮

 

基本慰謝料(120万)+(年収800万×3%)×実質的婚姻年数(7)]×  有責度(1)×調整係数(1.3)=¥270万

 

この計算もおおよその金額となりますが、目安を計るには良い方法です。

浮気調査の目的

reika-0

浮気が判明したからといって、必ずしも離婚をしたり、慰謝料請求をする必要はありません。むしろ、浮気調査をした人の多くは、離婚よりも関係を修復する傾向にあります。

復縁・浮気相手と別れてもらう 63%
慰謝料請求 21%
離婚 9%
事実確認 7%

【引用元】探偵事務所はテレビでおなじみ原一探偵事務所

http://www.haraichi.co.jp/uwaki_stu/uwaki_data.php

なぜ別れようとしないのか?

浮気をされても別れないことを不思議に思いますよね?

しかし、そもそも浮気をされた怒りとは愛情の裏返し。

愛情深い人ほど傷の深さも増します。また、探偵に調査を依頼する人達は、それだけ相手を愛している人達が多いのです。

浮気には加害者も被害者もいます。

ただ、客観的に見れば、浮気の多くは夫婦関係の悪化が引き金となって起きています。男性は奥さんへの愛情が不足している時に浮気をしやすく、女性は旦那さんからの愛情が不足すると浮気に走りやすくなります。

となれば、やはり浮気を引き起こした原因は、夫婦のどちらにもあると考えるべきでしょう。

 

自分の非も認めることが大切

浮気によって離婚するカップルの多くは、一方的に相手に非があると考えることが多いです。

しかし、前述のとおり浮気は夫婦の問題です。それに、浮気を夫婦の問題としてとらえることができれば、誰もが冷静になり、自分の非も認められます。すると怒りも収まりはじめ、相手を責めるのではなく、話し合いを進める意欲がわいてきます。

 

積極的に話し合いを

浮気が夫婦の問題だと解ったら、今度は話し合いの場を持ちましょう。

探偵に調査を依頼していれば、浮気の証拠はすでに自分の手元にあるはず。となれば、相手は言い逃れができず、浮気について素直に認めるはずです。

なぜ浮気調査をしたのか相手に問われたら、正直に理由を説明しましょう。

詮索されることは誰も好きではありません。そうと解っていても、なぜ探偵を雇ってまで調査をしたのか、包み隠さずあなたの愛情の深さを伝えてあげてください。

そして、浮気をした相手の理由も聞いてあげましょう。そこには必ず何らかの原因が潜んでいるのです。

 

明るい未来のために

masashi-0

どんな夫婦でも、いつまでも恋愛関係ではいられません。

しかし、浮気問題を乗り越え、夫婦として強い絆で結ばれていれば、そこには一時の恋愛感情や性欲には代えられない本物の幸せが待っています。

大切なのは、お互いがどんな未来を望んでいるかです。

浮気調査をした後、多くの依頼者が夫婦関係の修復に成功しています。浮気をされたからと諦めず、調査で手に入れた証拠を使って、今度は幸せな家庭を取り戻しましょう。

Pocket