浮気は人を成長させる?

浮気をするのは、普通に考えても良いことではありませんし、しないに越したことはありません。

しかし、どうしてもしてしまう人もいます。ではなぜ浮気や不倫をしてしまうのでしょうか?

一度不倫や浮気をしてしまうと癖になってしまう人もいます。

 

その先には未来はないことももちろんわかっているのに、どうしてしてしまうのでしょうか。必ず人が傷つき不幸になる人が出てきてしまう不倫。結婚をしていない相手でも、同じ立場になって考えるとショックは大きはず。

それなのに、いつも好きになるのは既婚者であったり彼女持ちなのはなぜでしょうか?

なぜなら、不倫や浮気には、実は人を成長させるいくつかの理由があるのです。その理由をいくつかまとめてみましたので、もし過去に浮気や不倫をしたことがある方は、自分と照らし合わせてみてくださいね。

女性として見てもらえるので女を磨ける

相手のいる人との不倫や浮気は、その男性のことをつなぎ止めるために女性らしさを常に持っていなければ離れて行ってしまいますよね

なので、いつでも女磨きをして、魅力的な女性になれるように努力を怠りません。相手がいる人だからこそ、その女性よりもずっと綺麗に、可愛らしく 女性らしくありたいという気持から自然と女磨きをするのです。

いくつになっても、相手のいる人と関係を持っている人は女磨きを止めることはないので女性らしくいられるという点ではプラスになるでしょう。

 

精神的に強くなれる

不倫や浮気をする人は、常に強い心を持っているはず。強い心を持っていなければ、相手のいる人と関係を持とうなんて思いませんよね。

相手の家族や彼女に嫉妬したり、やきもちを焼いたりするのは不倫や浮気 つきもの。当たり前のことではありますが、そういった相手を選んでしまった結果なので仕方がありません。

しかし、それを乗り越えることができてこそ、女性はどんどん強くなれるのです。

不倫や浮気だけではありませんが、たくさんの壁があるからこそ精神的に強くなれるという部分は大きいのではないでしょうか。メンタル面で強くなることは人間として成長した証にもなりますよね。

 

我慢強くなる

相手がいる人と付き合うということは、なかなか会えなかったり連絡がこなかったりということで、会いたいけれど会えないとわかっているのでその分、我慢強くなります。

精神的に強くなることと同じで我慢強くなるということは、もちろん恋愛だけでなく、他のことでも忍耐強くなれるので自分的にも成長するという面でもプラスになるでしょう。

我慢強くなる、忍耐強くなるということ自体は悪いことではありませんよね。仕事面や人間関係でも必要な部分は多いので、それだけを考えると悪いことではないですよね

 

自立心が強くなる

普通に恋愛をしている人は、いつかその人と結婚をするために仕事もやめて、家庭を持つことで自分の時間も減っていくのが一般的な流れ。

しかし、不倫をしている人は正直相手が別れて自分と結婚をする先があまり期待できていないことが多いので、自分の仕事に専念することができます。

その為、男性に頼ることなく自分の時間を持ちながら生活をすることができているので、自然と自立した女性へと成長させてくれるでしょう。

 

本当の幸せが見えてくる

不倫や浮気をするということは、正直先があまり見えていない為、その時の一時的な気持での関係が続くことでしょう。

しかし、普通に付き合うよりも色々なシチュエーションでの恋愛をすることで、本当の幸せが見えてくるはず。

不倫や浮気では幸せにはなれないということがわかると、その経験を生かした上で本当の幸せがどういうことなのかが学べるのではないでしょうか

自分はどんな家庭を築きたいのか、どんな恋愛をすることで幸せになれるのかということがわかってくるでしょう。

 

本当に大切なものがわかる

不倫や浮気をすると人を傷つけることはもちろん、失うものもたくさん出てくるでしょう。

そして、失うことで本当に大事なものが何かということがわかるはず。

周りに迷惑をかけ、沢山の人を巻き込んでしまうこともあるかもしれませんが、普段気付けないようなことにも気付くことができ、同じようなことをしないと反省し一歩成長するきっかけにもなるはずですよ。

 

まとめ

不倫や浮気をすることは良いことではありませんが、不倫や浮気をすることで学べることはたくさんあるはず。

悪いことだけではないとは言えませんが、自分にとって人間として成長させてくれるという面ではプラスになることもあることがおわかりいただけたと思います。

略奪愛で幸せになったカップルも芸能人もたくさんいますし、必ずしも不幸になるとは限りません。別れようと思っていたところに出会ってしまい、形的には不倫や浮気となってしまったという場合もありますよね。

しかし、できることであれば人を傷つけることなく、幸せになりたいものですね。