1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. 浮気調査の面白話
  4. ≫浮気調査で驚いた対象者の行動とは?依頼者の行動パターンとは

浮気調査で驚いた対象者の行動とは?依頼者の行動パターンとは

uwaki-dooroki-1

浮気調査をしていると、対象者の行動に思わず驚きを隠せないことがあります。

『なぜそんな行動を!」と、思わず声を上げてしまいたくなるような行動をとる対象者達。人間というのは、人前では誰もが普通の人間を装っていますが、いざ一人の時間となると、そこには周囲の目を気にしない、その人の本質を示すような独特の行動が垣間見えるのです。

そこで、今回は対象者の驚きの行動について、その一旦を詳しくご紹介させて頂きます。

 

浮気相手とのスキップ

映画やドラマ、もしくは漫画の世界で位しか大の大人がスキップするシーンを見ることは無いでしょう。それも50代の男性と、20代の女性が手をつないで町中をスキップしていたとしたらどうでしょう?そんなシーン、恐らく誰も見たことが無いはずです。

 

中年男性が夢中になりすぎた相手

関東圏のある繁華街で、私の前で見事なスキップを見せたのは、とある会社の中間管理職を務める50代の男性。

依頼者は妻で、子供は2人。男性の容姿は至極一般的であり、年齢のため少したるみ気味。眼鏡を掛けてスーツを着込み、会社を後にする姿は周囲に完全に溶け込んでいました。

その後尾行を続けてすぐに、男性はとある公園のベンチに座り、携帯電話を操作。それから数分で浮気相手の女性が公園に現れました。相手の女性は20代前半。少し派手な服装でしたが、キャバクラで働く女子大生であるように見えました。

その女性が現れた途端、男性の目が輝き、そのまま男性は走って女性と抱き合ったのです。

それから二人はすぐに固く腕を抱き合いながら公園を歩きはじめましたが、それから間もなく、二人は盛り上がってきたのか、どちららからともなくスキップをし始めたのです。

 

幾らテンションが上がったとはいえ、若い女性とスキップをする中年男性の姿はなんともユーモラスであり、あの光景は今でも簡単に思い出せます。

 

浮気相手も男性にのめり込んでいた?

この調査の結果わかったのは、スキップをしていた浮気相手が確かにキャバクラ勤務であったこと。さらに予想通りの女子大生だったことです。

さらに驚くべきは、この女性が思いのほかスキップをしていた対象者、すなわち対象者の男性と思いのほか本気の交際をしていたことです。

 

調査中に、対象者はなんと奥さんに離婚を申し出たのです。どうやら、浮気相手の女子大生本気で交際するつもりらしく、その後の調査で男性がその女子大生と一緒にアパートで暮らしている様子も確認しました。

浮気をしている男性が妻にリコンを申し出る時、その大半は浮気相手側から離婚をして欲しいと頼まれるか、妊娠をしていたケースでしょう。となると、どうやら浮気相手もこの中年男性に本気だった様子が伺えます。

 

浮気相手のために走った女

浮気相手と会うためなら何でもやる。

そんな情熱的な女性の姿は、いくら探偵でも妙に心打たれるものがあったことを覚えています。

 

その女性は40代の女性で、旦那さんと二人暮らし。もちろん、依頼者はその旦那さんです。

浮気をしていると依頼者が感ずいたのは数か月前のこと。夜中に起きてみると、奥さんの姿が見当たりません。そこで電話を掛けてみるものの、奥さんは電話に出ないまま、その日の朝方、こっそりと家に帰ってきたそうです。

 

そこで旦那さんは奥さんを問い詰めましたが、奥さんは話をはぐらかします。そこで依頼者は相手にせず、そのまま内密に調べ、奥さんにどうやら別の男性がいることが分ったようです。そこで旦那さんは自前の携帯電話を奥さんの車に設置し、その行動を確認しようとしたのです。

しかし、旦那さんのGPS調査は上手くはいきませんでした。夜間に確かに外出したことは分かったのですが、早朝に車の中の携帯電話を確認しても、GPSロガーは一切移動した形跡を残していなかったのです。

そのため、旦那さんはついに探偵社に調査を依頼することになったのです。

 

浮気相手と会うために

依頼を受けてから数日後、私は依頼者の自宅周辺の張り込みをはじめました。時間は深夜11時。すでにあたりは暗く、誰も通りを歩いている人間はいません。依頼者の自宅も暗闇に包まれており、こんな時間に女性が一人で外に外出するとは誰も思わなかったでしょう。

ところが、張り込みを開始してから2時間後の1時、アパートから確かに依頼者の奥さんが出てきたのです。その恰好はジャージ姿にパーカーという至ってラフな格好。そのまま駐車場に向かうかと思われましたが、奥さんはそのまま通りに出ると、いきなりそのまま走りはじめました。

 

どうやら深夜のランニングなのか?しかし、走るにしてはあまりにも遅すぎる時間帯。女性は時折腕時計を確認しながら走り続け、それから数時間後、あるマンションの前でようやく立ち止まりました。

マンションの前でかがみこみつつ、息も絶え絶えの様子の奥さんは、それからその場で息を整えたのち、そのままマンションの中へと入って行きました。

それから数時間後、マンションから奥さんが出てくると、今度は再び道を走り帰宅。すでに朝日が昇りはじめた時間帯でした。

 

浮気相手と会うために

それからマンションの部屋を調査をした所、そこにはある男性が住んでいることが判明しました。男性は奥さんと同じ職場で働く年下の男性で、別の調査ではデートをする姿も判明しました。

女性が深夜にマンションまで走っていた理由は、車を使って発覚することを恐れるためでした。車の駐車場はマンションの部屋から簡単に見下ろせる位置にありましたし、さらにGPS調査をされるのを恐れたためでした。

さらにもう一つ、のちに分かったのは、深夜に走っていたのは浮気相手のためのダイエットも含まれていたといいます。奥さんはもともとランニングなどの趣味は無かったのですが、どうやら若い浮気相手のために、スタイリッシュな体作りをしていたのでしょう。

 

まとめ

浮気をしている人間というのは、浮気相手のために不可思議な行動をするものです。

その姿は一見滑稽にも見えますし、依頼者にとってはとても愚かな行為にも見えるはず。しかし、私の目には例え愚かであっても、その愚かさは純粋さゆえに引き起こされたものであるように見えていました。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい