どうすれば良いの?ネット上の浮気の見抜き方

インターネットで出会う異性同士は時代を経るにつれ増え続けています。

アメリカではすでにカップルの6割がインターネット上で出会った経験があり、その流れは数年後、確実にこの日本にやってくるでしょう。

となれば、浮気の出会いも当然現実ではなく、ネットを主な主戦場に移り変わります。浮気も普通の恋愛も、結局は男女が出会う所からはじまるのですから。

しかし、ネットの浮気を見抜くのは簡単ではありません。

実際に出会ってホテルなどに行ってくれれば良いでしょうが、そこに至るまでのコミュニケーションはすべて端末の中で行われます。したがって、浮気の予兆がわかりにくく、気が付けば浮気をされていたなんてことも珍しくありません。

そこで、今回はネット上の浮気を見抜くための方法についてご紹介させて頂きます。例え相手が見えないネットの向こう側の人間だとしても、そのしっぽを掴むことは出来るのです。

 

ネット上の浮気を見抜くこつ

ネット上の浮気を見抜くには、まずは端末の中を覗き見る所からはじめなくてはなりません。

ですが、疑いが薄いのに、いきなり相手の端末を見るのは考え物。例え夫婦であっても、プライベートな領域は存在します。

しかし、例えネット浮気だとしても、現実の異性には確実に浮気をしている兆候が表れます、そこで、まずは、ネット浮気をしている人間の特徴的な行動について見ていくことにしましょう。

 

ネット浮気の兆候とは?

ネット上で浮気をしている人間は、そのすべてを現実世界に持ち込んでいない訳ではありません。むしろ、ネットの浮気だからこそバレないだろうと、その実生活で多くのミスを犯しています。

 

急にLINEに夢中になりはじめた

いままで友人や知人とLINEのやりとりをしなかった人間が、急にLINEをし始めたとしたら、そこにはネット上で出会った浮気相手が隠されているかもしれません。

ネット恋愛も現実の恋愛も、実はその構造に大きな変わりはありません。出会ってから、次第に親しくなり、やがてお互いに直接連絡できるアドレスを渡す……それが現在ではLINEであることが多いのは、ネットでも変わりないのです。

ここでポイントなのは、ネットで浮気相手を探すような人物ほど、現実世界では孤立しがという点です。普段はあまりLINEなどやらず、やりとりの相手は仕事関係か、もしくは昔からの親しい友人ばかり……こんなタイプの人間はLINEに急にはまりだしたら、ネットで知り合った浮気相手の可能性があります。

 

夜間に電話の声が聞こえる

ネットで知り合った異性は、必ずしも自分に近い場所に住んでいるとは限りません。実際に会うことは難しく、その実態は遠距離恋愛に近い形になっているでしょう。

こうした相手と浮気関係を続けるには、どうしてもLINEやskypeなどのチャットツールを使って連絡を取り合うしかありません。電話で連絡を取り合うこともできますが、通話のための料金が掛かってしあむので、一般敵には無料のコミュニケーションツールを使うことになります。

となれば、当然一日の内、どこかで必ずどこかで連絡を取り合うことになります。それも、配偶者が家に居ない時間帯か、自分一人の部屋などで電話をすることになるでしょう。

もしもネット浮気が疑わしいのなら、夜中にこっそりと起きて、聞き耳を立ててみると良いでしょう。

 

ネットの友人との頻繁なやりとり

ネット浮気がはじまる前に、本人はそれ以外にも複数人の友人をネットで作っています。

サイバー空間の中で友人を作ることに興味が無い人は、そもそもネットを介して浮気をする気になれません。それよりも、現実世界での交友関係のほうが大切だと考えているからです。

ところが、ネット上での友人関係に重きを置きはじめてくると、次第にその中で異性と出会い、浮気関係に発展してしまいます。

浮気が始まる前に、ネットでの友人関係が次々と増えていくので、普段の様子を見ていれば、何かしら兆候が表れるはずです。ウェブサイト上でしりたった友人と頻繁に連絡を取っていたり、ウェブを通した交友関係に夢中になっているなら、浮気の疑いは濃厚かもしれません。

 

自分の写真が携帯電話の中に入っている

男性の場合、頻繁に自分の顔を写真に残すことはありません。女性であれば、SNSなどで交流目的のために写真を撮影することもありますが、男性はそうした行為に興味が殆ど無いのです。

そんな男性にもしもネット上で仲の良い異性が出来、その相手にかなり夢中になっていたとしたら、どこかで必ず自分の顔写真を相手に送っているはずです。

恋愛中の人間は、自分の顔を相手に見てもらいたいという心理が強く働きます。それは、相手の中に自分という存在を強く植え付けたいから。その感情が強いほど、自分の顔写真はもちろん、もしかしたら、自分の肉体の写真までも相手に送っているかもしれません。

写真は必ずスマートフォンのどこかに隠されています。神経質な人は、撮影した写真をすぐに消してしまうかもしれませんが、ついつい写真の件を忘れてしまい、自分のスマホのどこかに残しているかもしれません。

 

常にスマホを見ているが、LINEではない?

ネット浮気の特徴は、そのやりとりがLINEだけではなく、ウェブサイト上のあらゆるサービス上で行われていることです。

最近のウェブサービスには様々な非公開コミュニケーション機能があります。そのサービスを利用することで、LINEよりも気軽にやりとりが出来るばかりか、浮気を疑われても、ただSNSをやっていただけだという言い訳ができます。

しかし、やりとりの内容さえ見てしまえば、浮気かどうかは簡単に判断できます。相手が異性で、かなり親密な様子を示していたら、浮気の可能性をはじめから疑ってみるようにしましょう。

 

ネット浮気は意外と簡単に発見できる?

ネットの浮気だからといって、頭を抱える必要はありません。その浮気の兆候は現実の浮気よりも出やすく、より顕著に現れることになるでしょう。

ただし、浮気の証拠を上げることが難しいのが、ネット浮気の最大の難関です。浮気の兆候をつかんだら、今度はネット浮気の証拠をつかみ、言い逃れが出来ない事実を相手に突き付けることが大切です。