1. 興信所探偵
  2. 浮気不倫調査
  3. ネット(SNS・LINEなど)浮気
  4. ≫ネットから浮気がはじまる?オープンネットとクローズドネット

ネットから浮気がはじまる?オープンネットとクローズドネット

open-close-net-1

ネットワーク上で浮気の入り口となるサイトは無数に存在します。

一般的にはtwitter、facebookなどのコミュニケーションをメインとしたサイトでの浮気は良く警戒されています。

しかし、今やいたるところにコミュニケーションをメインにしたサイトがあります。料理専門といわれるクックパッドや、ビジネスツールであるチャットワーク、さらにはオンラインゲームなど、ありとあらゆるところで、ネットを介して他人とコミュニケーションが取れます。

こうした現状があるため、今やインターネットを介してパートナーを見つけることはもちろんのこと、浮気相手すらもネットを介して見つけている現状があります。

ただし、はじめから浮気をしようと思ってネットをしている人は少ないものです。ネットでのコミュニケーションは、すでにリアルとさほど遜色なく行われているため、そこで出会った人と仲良くなったために、結果的に浮気発展するというケースが増えているのです。

浮気を望んでいなくても、浮気に発展?

ネットはもはやアンダーグラウンドな存在ではありません。

ねっとが苦手という人はいても、インターネットがなくては仕事すらできない時代になった今、ネット上のコミュニケーションはかつてよりも遙かに濃密なものとなってきています。

人と人が集まる場所では、かならずといって良いほど色恋沙汰が起きるものです。例えば、大学のサークルなど、男女が複数人集まるような場では、必ずどこかで恋愛が起きていますよね?実は、こうした現象は居んtなーネットの中でも起きています。

 

インターネット上のグループには注意

インターネット上でグループが作られているとき、そな中でも恋愛沙汰がおきています。しかも、それが既婚者ならば、浮気や不倫問題に発展するほど、グループが形成されていると好きな異性ができやすいのです。

グループはネットで活動する上ではかかせません。オンラインゲーム、コミュニケーションサイト、趣味サイトなど、ありとあらゆる場所で、人は自分と趣味や趣向、年齢、盛大のあう相手を探します。

 

こうしたグループは、集合体(クラスタ)ともよばれ、似ている人間同士が自然発生的に集合体を築く現象としてしられています。

クラスタに所属する人達は、普段の実生活では満たせない自分の欲望を叶えるために集まります。特に変わった趣味を持つ人間同士は、共通点がとても多いため、それだけでも簡単に仲良くなれるもの。仲良くなるのにさほど時間はかかりません。

 

コミュニケーション方法は会話だけじゃない?

オンライン上で浮気に発展してしまう関係性は、けっして会話だけに限りません。

お互いに同じことをするだけで、男女は簡単に仲良くなれてしまうものです。

 

例えば、オンライゲーム上で出会った相手と交際に発展することは、いまや世界の常識となりつつあります。これは、オンラインゲームではお互いにゲームを通してコミュニケーションを行うことで、会話が下手な人でも仲良くなれてしまうのです。

 

他にも、料理をメインとしているクックパッドでは、お互いに自分の作った料理を見せ合ったり、相手のレシピを使うことでコミュニケーションを可能にしています。

こうした場所では浮気など起こり得ないと思う人が多いですが、ネットが一般化した世代にすれば、現実よりもネットのほうが浮気の出会いがある確率は高いのです。

 

さまざまなツールを併用することで浮気が可能に?

インターネット上での浮気は様々なツールを使いこなすことになります。

現実せかいでは口頭でのコミュニケーションとボディーランゲージで完結するものの、ネットのせかいでは様々なツールを使わなければ表現できません。また、使用するツールによって親密度のレベルを示すこが出来るので、親密度レベル順に使用ツールについてご説明させて頂きます。

 

レベル1「オープンネット」

まじはじめに人々が出会うのは、ネット上にあまねく公開されたオープンサイトです。

インターネット上には、クローズド(非公開)で会話を行うサイトやサービスが幾つかありますが、人の出会いの殆どはオープンサイトからです。

オープンサイトで人の出会いを集うものは様々あります。前述のSNSやゲーム、料理、釣りなどの趣味サイトから、大小さまざまな人を集うサイトであれば、出会いを促すことが可能です。

人との出会いのみを目的としているなら、掲示板サイトは今でも人気です。また、個人ブログに送られてくるコメントなどから人とのコミュニケーションが始まることがあるでしょう。

 

レベル2「クローズドネット」

クローズドネットとは、インターネット上では非公開にされた状態で、ネットワークを使ってコミュニケーションをとる方法です。

この方法は、主に1対1でコミュニケーションができるサービスを利用します。

代表的なものはLINE,SKYPEなどのチャットツールですが、各種サイト内にあるチャットサービスなども同じような機能が備わっているので油断できません。

 

ただ、最近のネット恋愛の傾向として、仲良くなった場合にはLINE交換に発展するのが常識化しています。もしも見知らぬ名前がLINEにあるなら、ネットで知り合った浮気相手の可能性も考えましょう。

 

ネット上のみで完結する浮気も?

浮気の定義からは外れてしまうでしょうが、ネット上だけで完結する浮気も存在します。

ネット浮気では、主に遠距離恋愛のような形で行われ、実際に性行為に発展することはありません。

しかし、通話や動画を使って、疑似的な性行為(サイバーセックス)を行っている確率は極めて高いです。この程度のことなら、浮気であっても許せる人が多いので問題にもなりにくいですが、過去に浮気でひどい目にあった方や、浮気にたいしてかなり厳格な考えをもっている人にとってみれば、これだけでも許すことはできません。

 

また、お互いに気持ちは通じ合ってしまっているので、精神的な浮気を嫌う女性にすれば、性行為が無いからといって無関係ではありません。

しかし、ネット上での浮気はいざ裁判となった場合、現在の日本の法律では不貞行為として認めることは難しいといわれています。

 

まとめ

ネット浮気は今後、はるかに増えていくでしょう。

もしも浮気を食い止めたければ、ネット上にも目を日からなさなければ、浮気を止めることは難しいかもしれません。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい