実録・浮気調査の尾行に気が付いても浮気を辞めない対象者とは

もしも浮気をしている人間が、探偵の存在に気が付いたとしたら・・・

その時は、恐らく多くの人が浮気相手との接触を中止して、そのまま帰路に就くでしょう。

浮気相手が尾行に気が付いたらどうなるのか?実際の探偵は対象者に気が付かれることなく尾行を続けるので、尾行に気が付いたあとの対象者の行動パターンに詳しいことはめったにありませんし、探偵が過去にミスをした事実を公表することは絶対にやってはいけません。それは、探偵の信頼に大きな傷が付いてしまうからです。

しかし、過去を振り返って私が経験したことのある調査ミスをもう一度思い出してみると、対象者という相手が、決して侮ってはならない相手ということを良く思い出します。

では、尾行が付いているにも関わらず、浮気相手との接触をなぜ彼らは止めないのか?その心理について詳しく迫ってみたいと思います。

なぜ接触を中止しないのか?不可解な対象者達の行動

恥ずかしながら、私も探偵になりはじめの頃、幾つかの調査ミスを経験しています。

尾行中にこちらの警戒心がたらず、相手に調査が気が付かれてしまったケース。また、対象者があらかじめ探偵の調査に気が付いており、はじめから対象者の罠に掛かってしまったものなど、思い返すとかなり探偵として恥ずかしいものが多いです。

しかし、今回はあえて自分が経験した調査ミスを文字に起こしてみることで、尾行に気が付いた対象者達の行動原理に迫りたいと考えています。

 

浮気相手と接触しないパターン

こちらの尾行に薄々感づいている対象者が、そのまま浮気相手と接触せずに帰宅する。

もしくは、浮気相手と接触はするものの、浮気相手と不貞行為に至ることはなく、何事もなかったように別れるパターンなどがあります。

 

対象者は冷静に対処している

浮気相手との接触を避ける対象者は、探偵に対して非常に適切な対処を行っている印象を受けます。

また、浮気相手も対象者に対して非常に強力的であり、両者が互いに連携して、探偵、しいては配偶者の千手を取りながら行動している印象を受けます。

 

頭の良く度胸のあるタイプ

こうして冷静な対処が取れるのは、かなり頭がキレ、なおかつ度胸があるタイプといえるでしょう。また、こうした窮地で自分をコントロールする能力に長けている様子もうかがえます。

そのせいか、この様な行動をする人は、社会的にも有能な立場である男性であることが多いと感じます。また、浮気相手との関係はかなり深い部分にまで達しており、相手も探偵への対処にとても協力的なことが多いです。

 

警戒行動をさほど出さない

この手のタイプ対象者は、警戒はしていても、警戒行動を顕著に出すことはありません。

探偵の存在を意識しつつも、さらにその探偵を罠に掛けようと考えているので、派手な警戒行動をして相手が調査を中止することを望んでいないのです。

探偵を罠にかけようと考える理由には、最低でも2種類の考え方があります。

一つ目は、調査をやり過ごして疑いを晴らすため、探偵の報告書を利用しようとする考え。もう一つは、探偵に依頼した依頼者に腹を立てており、依頼者に精神的ダメージを与えよう、探偵の尾行に気が付いた事実を突きつけてやりたいがためです。

前者の理由のタイプは、恐ろしいほど冷静な対象者です。ここまでやられると探偵は何も気が付かず、そのまま調査を続行しかねません。

後者の場合、探偵を確認しようと少し焦りが見えるので、注意して見ていると、調査の序盤から不自然な警戒行動が見られることが多いでしょう。腕の立つベテラン探偵なら、その時点で相手の作為に気が付くかもしれません。

 

依頼者を監視している

冷静で知恵が回り、警戒心の強い対象者は、多くの場合、依頼者の行動に注意を払い、その行動を監視していると考えて良いでしょう。

依頼者としては、監視しているのは自分だと思っているのでしょうが、実際には、対象者のほうが依頼者よりも一つ先手を取って行動を監視しています。下手をすると、探偵に調査を依頼したことも気が付かれているかもしれません。

 

尾行に気が付いても浮気相手とのデートを続行する

対象者の中には、尾行に気が付いているにも関わらず、そのまま浮気相手とのデートを続行するという人々もいます。しかし、探偵はとにかく追い払いたいので、なんとか逃げようとかなり危険な行動に出ることもあります。

 

感情的な行動が目立つ

浮気相手とのデート中に探偵がミスをして尾行に気が付くケースは少ないですが、確かにこうしたミスによって対象者に調査が発覚してしまう事態もごく少数存在します。

その少ない確率によって引き起こされた調査ミスが起きた場合、冷静な対象者ならまずは探偵が確かに尾行しているのか確認します。そこで探偵がリカバーを行い、調査を中止して姿を消したとしても、万が一の可能性を考え、その日の浮気相手との不貞行為は中止するでしょう。

ですが、中には尾行確認を行ったにも関わらず、そのまま浮気相手とホテルに入ってしまう対象者もいます。この様な対象者は、感情的な行動が目立つような部分が多いです。

 

浮気相手との愛を邪魔する人間=探偵?

探偵の尾行に気が付いたにも関わらず、浮気相手とのデートを続行するひとは、そのまま尾行をふりきって探偵をまこうとします。

なぜわざわざ探偵を撒く必要があるのか?この点は冷静に考えれば殆どその必要が無いことは誰でも気が付きます。むしろ、浮気相手と接触してから撒こうとする警戒行動こそ怪しいものはなく、逆に浮気を裏付ける証拠となるからです。

しかし、感情的になりやすい対象者は、探偵をとにかく「自分の浮気を邪魔する人間」もしくは「危険な相手」と考えているので、直情的に探偵を撒こうとするのです。その結果、危険な道路の逆走を行うような対象者もいるため、対象者の身の安全を考えても、探偵はすぐに調査を中止すべきでしょう。

こんな時、逃げる獲物を追うハンターの本能がうずいてしまったのか、熱くなって無理に調査を続けてしまう探偵や、興奮した依頼者が無理な調査を頼み込み、断れずに調査を続行してしまう探偵もいるのです。下手をすると、つまといにより条例違反や違法行為とみなされるので、注意した部分でもあります。

 

懲りずに接触を繰り返す

感情的になりやすい人間は、探偵の尾行に感づいたあとでも、なぜか再び浮気相手と接触します。

これは、リスクを恐れる心が元から薄いか、浮気相手にのめり込み過ぎるあまりか定かではありません。ただ、確かに言えるのは、この様な行動にでるタイプは探偵のミスにより、運よく得た調査逃れのチャンスを自らの手で手放してしまいがちです。

 

まとめ

対象者の心理は、それを追う探偵に確かなことは分かりません。

しかし、探偵は調査ミスなどから対象者の行動原理や考え、パターンを学び、立派な探偵へと成長していきます。そうした過程は一般にはまず公開されませんが、探偵業も普通の仕事と同じように、成功よりも、失敗から学ぶことのほうが大きな世界です。

そうして多くの成功と、少ない失敗から大きな学びを得て来た探偵は、絶対に対象者を甘くはみません。常に最悪の事態に備え、冷静に調査を行う探偵は、依頼者にとっては力強い味方となってくれるでしょう。