1. 興信所探偵
  2. 探偵
  3. 探偵社の浮気不倫調査
  4. ≫どうして?探偵はなぜ仕事で尾行ができるの?

どうして?探偵はなぜ仕事で尾行ができるの?

why-bikou-1

探偵をしていると「なぜ探偵が尾行を出来るのか疑問だ」といった声を聴くことがあります。

探偵としては、尾行をするのはあたりまえ過ぎて疑問にすら思いません。

しかし、世間一般的な意見としては、職業として、しかも民間人が尾行を許されるというのはどうなのか?それはストーカーと変わらないのでは?

なんていう意見も聞かれます。

「いえいえ、そんなことありませんよ!」と言いたい所なのですが、それでは具体的になぜ探偵が尾行が出来るのかと聞かれると、はっきりと答えてくれる探偵は少ないかもしれません。

そこで、探偵のみなさんのためにも、懐疑心を抱いてしまった依頼者のみなさんのためにも、今回は探偵が尾行を出来る理由について説明させて頂き、ストーカーとの違いをはっきりさせて頂きたいと思います。

 

探偵が尾行をできる理由

探偵が尾行によって調査ができる一番の理由は「法律で認められている」ことが大きいでしょう。

かなり昔には、探偵が尾行をできる理由を定義された法律が存在しなかったのですが、平成18年に制定された「探偵業の業務の適正化に関する法律」には、このような定義が設けられたのです。

(定義)

第二条  この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。

この様に、法律にしっかりと定義にのっているため、探偵業では国で尾行が認められていると言っても過言ではありません。

また、探偵業務を営むもの以外が尾行や張り込みによる調査業務を行うことは探偵業法違反となります。

 

ストーカーと探偵の違い

尾行2

ストーカーと探偵は、探偵業について詳しくない人からすれば、探偵もストーカーもあまり知らないという意見をもってしまうのも理解できます。

しかし、実際にはストーカーと探偵には恐ろしいほどの違いがあるので、この点だけははっきりとさせておきましょう。

 

業務として行っている

ストーカーと探偵の最大の違いは、仕事として行っているのか、私情によって行っているかの違いです。

探偵が尾行をするのは、あくまで仕事のためです。これがもしも仕事ではなかったら、探偵もストーカーとなんら変わらないと言い切っても良いかもしれません。

しかし、探偵は尾行を行って、なおかつ金銭を得ています。この点はストーカーとの最も大きな違いでしょうね。

一方、ストーカーは仕事として行ているわけではありません。また、ストーキングをしたからといってお金がもらえるわけでもないので、完全にプライベートな行為ということなのです。

 

依頼者の有無

探偵が尾行をするのは、依頼者の存在があるからです。一方、ストーカーは自分の意志によりストーキングをしているので、依頼者は存在しません。

探偵は自ら対象者を選ぶことはありません。対象者は依頼者からの依頼により決定するものであり、探偵は依頼者の代理人という立場になります。

一方、ストーカーは自分が選んだ対象者を自ら尾行します。依頼者がいないというのは、やはり仕事で尾行をしている探偵とは大きな違いでしょう。

 

技術の違い

プロである探偵とストーカーは、尾行の技術にも大きな違いがあります。

探偵といえば、もちろん調査のプロです。尾行のための訓練はもちろん、多くの現場を通してプロフェッショナルな尾行をしています。

一方、ストーカーは尾行の訓練は一切積んでいません。知識についてもとぼしいため、尾行が失敗し、発覚する確率も上がるでしょう。

こんなことを言っては身も蓋も無いのですが、技術面でいえば、ストーカーはアマチュア、探偵はプロという言い方ができます。

調査を発覚させないために様々な技術や機材をそなえている探偵が、尾行でストーカーに負けるということはまずありません。

 

好意の有無

日本のストーカー規制法において、ストーカーは「好意に基づくつきまとい」と提示されています。

つまり、ストーカーとして認められるためには、そもそも好意に基づいてストーキングを行わなくてはなりません。

この場合、探偵は依頼者の代理人となって調査をするため、対象者に好意を持っていることはありません。また、例え調査中に対象者に好意を持ったとしても、第三者が好意を立証するのは難しいでしょう。

一方、ストーカーは好意に基づいて尾行をしています。

また、ストーカーの大半は元恋人や元配偶者、またはファンであるため、好意を立証するのも容易いと言われています。

 

探偵はいやがらせをしない

探偵の尾行は、対象者に発覚することは稀です。また、仮に探偵のミスにより尾行が発覚したとしても、探偵はその場をすぐに離れます。

しかし、ストーカーの尾行は違います。もともといやがらせを目的としている尾行であるため、相手に発見されても自ら向かっていったり、そのほかに様々な嫌がらせをします。

ただし、探偵でも尾行が発覚したのち、対象者と口論などになれば、ストーカーではなくつきまといの罪(各都道府県の条例法違反)に該当する可能性があります。

 

まとめ

ストーカーと探偵の違いは大きなものです。また、これはとても基本的なことですか、実際のストーカーはそれほど尾行はしません。

したとしても、相手の住所をつきとめたらそれで終わり。

あとはいやがらせを繰り返すことになります。

また、探偵もストーカーには色々と悩まされています。

ストーカー被害の調査が年々増えていたり、ストーカーが一般の依頼者のフリをして、探偵をだましてストーカー相手の調査を依頼するという事件まで発生しています。

こうした結果になるのも、探偵とストーカーに似通った部分があるからなのでしょうが、両者はまるで水と油。

似て非なる存在だけに、その争いはいまだに続いたままです。

ただ、探偵は依頼者のために、ストーカーは自らのために調査をしているという決定的な違いは、依頼者の方たちには最も理解してもらいたい部分です。

Pocket

色々な情報がありますのでお役立て下さい