男性も注意が必要。男性の結婚観の甘さとは

将来の結婚について考えた場合、おそらく男性よりも女性の方が具体的な理想像を持ってるはずです。

一方、男性はそれほど具体的な理想像をもっています。奥さんはどんな人が良いだとか、結婚後はどんな生活がしたいなんて言葉は、殆どの男性の口から出てこないでしょう。

しかし、これは良くありません。

男性たちがこのままでいると、今後の男女関係の変化によっては、男性ばかりが大きな不利益を被る可能性があるからです。

それでは、浮気問題を解決するために男性が行うべきこととは何なのでしょうか?

男性も「結婚相手の理想」をしっかりと持つべき

男性があまり結婚や結婚相手に対する理想を強く持ちませんが、その結果、結婚後に奥さんに浮気をされてしまったり、結婚生活そのものが上手くいかない可能性が高まります。

まず、現在の日本では一夫一妻制度となっており、基本的には生涯において一度の結婚しか許されません。

しかし、例外的に離婚という措置が認められており、どうしても結婚生活がうまくいかない場合にのみ、婚姻関係を解消することが出来ます。

ですが、結婚をするよりも、離婚をすることの方が何十倍ものエネルギーを使う羽目になり、同時に失う財産も増えます。また、子供が要る場合は、その真剣は大抵妻側に譲られるので、子供を育てる権利すら失う可能性もあります。

つまり、男性も結局は結婚相手となる女性を良く選ばないと、その後人生がボロボロになってしまう可能性があるのです。

 

男性が持つべき理想の女性とは?

女性が男性を選ぶのはもちろん、男性も女性を選ばなくてはいけません。

むしろ、一家の大黒柱として働いていく以上、その後一緒に家庭を築いていくパートナーを見定める作業は、ある意味女性よりも厳しい目線が求められるのです。

 

浮気をしない女性を見抜く

浮気をする女性など居ないと考えるのは愚かなことですが「結婚をして子供ができた妻が浮気なんてするはずがない」と思い込むのは、さらに愚かなことかもしれません。

はっきりといって、女性も男性同様に何歳になっても浮気をしますし、たとえ子育ての最中であっても浮気を行う人間を今まで何人も見てきました。

そして、そんな女性に共通してある行動が見られます。

 

現実逃避が激しい

現実逃避癖が激しく、常に何かに言い訳をしている女性がいますが、こうした女性は結婚後に何か問題がおきても、すぐに現実から逃げ出そうとしがちです。

その結果、ほかの男性との非日常的な不倫関係にのめり込むこともしばしばです。

 

子供が好きじゃない

子供が好きではない女性は、とにかく子育てに向いていません。

そのため、育児ノイローゼに掛かる可能性も高く、育児そのものを放棄する可能性もあるでしょう。

そして、こういった女性は子育てを放棄し、自分を一人の女として見てくれる浮気相手の元に走ってしまうこともあります。そうなったら最後、子供も旦那も捨てて浮気相手と一緒になってしまうケースが絶えません。

 

責任感が無い

最近の女性の大きな問題は、責任感が足りず、自らの役割を果たさなくなった女性が増えてきたことかもしれません。

「女性は生きているだけで偉い」という言葉もありますが、それは女性が子供を産んで育てるというとても大切な役割があるからです。

しかし、子育てもおろそかにしながら、仕事にも身が入らず、家事にも手をつけない女性は、とても生きているだけで偉いとはいえません。

また、こういう女性ほど責任感に掛けているため、何か問題が起きるとすぐに男性のせいにしがちですので、結婚をしても男性が幸せになれることは少ないかもしれません。

 

浪費が激しい

世の中の消費活動の多くは女性の手によって回されています。つまり、それだけ女性は買い物が好きな生き物なのですが、趣味や衣服についやすお金も度が過ぎれば家庭崩壊を招く危険性があります。

こうした兆候は、結婚前に付き合っている段階から簡単に見抜けるはず。金銭感覚の欠如が著しい女性と結婚することは、男性の将来を危うくする可能性もあるでしょう。

 

異性関係が派手

過去の異性関係があまりに派手な女性との結婚はかなりリスキーです。

特に、浮気癖が激しい女性の浮気の回数は、恐らく男性の比ではありません。

なにせ、男性は浮気をしたくても、そこに男性としての高い能力やチャンスが必要になりますが、女性はそんな男性達の誘いに答えるだけで浮気が出来きてしまうのです。

だからこそ、一度浮気をしようと思えば、少ない障害でより簡単に浮気をできてしまうのが女性の危険です。

また、高い能力がなくても浮気ができてしまう分、その外見的特徴や性格から、過去の浮気いついて解りにくいのも女性の難しい点でしょう。

もしも付き合っていて、過去の男性遍歴などを聞くことが出来れば、そこから浮気の可能性を考慮してお付き合いを中止した方が良いかもしれません。

 

男性はもっと自らの幸せを考えるべき?

かつて、男尊女卑社内の中では、男性は一家の大黒柱、女性は家庭を守るといった役割分担が出来ていました。

しかし時代は変わり、男性も女性もその立場は同じくなってきました。

そういった社会では、仕事も、子育ても、決して役割分担がはっきりとしていません。男性が子育てをして、女性が外で働くことも次第に受け入れられていくでしょう。

 

となれば、男性も女性の選び方は今まで以上に注意しなくてはいけません。

特に、浮気性の女性と一緒になることは今までそれほどリスキーだと思われていませんでしたが、今後はその立場も逆転し、両社が浮気に対して同じだけのリスクを負うようになってくるはずです。

つまり、男性も女性同様に、相手から受ける結婚生活のリスクを考慮しなければ、結婚生活が破綻した時に受けるリスクはどんどんと大きくなっているのです。

 

ただ、前述の通り女性は浮気性かどうかを見抜きにくい生き物です。例え美人でも浮気をしなかったり、反対に容姿が優れていなくても浮気をするため、付き合っていても浮気性かどうかは判断しにくいかもしれません。

もしも現在お付き合いしている女性の過去の男性遍歴などがまったく解らない様なら、プロに相談して調査のアドバイスなどをもらっても良いかもしれませんね。