盗聴器がパソコンに?オフィスにありがちな偽装盗聴器!

盗聴器を使った情報収集は今でも続いています。

探偵業界や警察ではすでに使用することすら無くなりつつある手法ですが、それでもまだ、人の肉声から得られる情報に価値を見出し続ける人々がいます。

 そんな盗聴犯たちが今狙っているのが、パソコン周辺に盗聴器を設置されるケースです。この方法には、盗聴犯人にとってメリットが大きく人気なのか、今ではコンセントタップ型と競うように市場に流通。盗聴発見調査でも、次第に発見される量が増えているといいます。

危険なパソコン周辺機器に偽装した盗聴器たち

 

パソコン周辺機器に偽装した盗聴器の流通はめざましいものがあります。

インターネット上で確認できるだけでも、盗聴器販売サイトには必ず置いてあり、なおかつその種類も多岐にわたります。

 

USBケーブル型盗聴器

 

オフィスで発見される可能性が高いUSBケーブル型盗聴器。

その性能はかなりのもので、オフィス内に仕掛けられる電波送信型の盗聴器としては最も恐ろしいアイテムです。

USBケーブルといっても、偽装されているアイテムは頻繁に抜き差しをするような周辺機器ではなく、プリンターに接続するタイプのものが一般的。

これなら、使用者は殆ど見向きもしないため、一度設置されたら延々と気が付かずに使い続けてしまうでしょう。

 

コード途中の突起に注目

USBケーブルに偽装した盗聴器の特徴は、コードの途中に突起部があることです。

通常のケーブルであれば、コードはまっすぐですが、盗聴器を仕込ませたものは、コードの途中にさも意味有りげな機器と思わしき突起があります。

盗聴器は小型ですが、直線的なコードにそのまま仕込むことが出来ません。

もしも、コードの途中に何らかの変換機らしき部分があれば、マイクの穴がないか確認してみると良いでしょう。

 

マウス型盗聴器

 

マウス型の盗聴器も良くオフィスで発見されます。

私は盗聴器を専門にしていませんが、盗聴発見の専門家によれば、数年前から会社や事務所で発見されるそうで、市場にも多く出回っているそうなのです。

マウス型の盗聴器はマウスの中に盗聴器が仕込まれています。

電源はUSBケーブルで取るタイプが最も多いと言われます。

スイッチはマウスに通電することでONになり、使用中はデスク周りの会話をほぼ盗聴可能となります。

 

外見は市販品とそん色がない

マウス型は市販品とほぼ同じ外観をしています。

USB盗聴器のように外観で見分けることがとても難しいのが難点です。

ただ、一つ注目してもらいたいのが、マウスのボディに一切ロゴが入っていない点です。

普通のマウスなら確実にメーカーのロゴが刻まれていますが、盗聴マウスにはロゴが刻まれていません。

 

USBメモリー型録音機

 

USBメモリー型の録音機(ICレコーダー)は、外部の人間が盗聴を行うためには使用しません。

使うのは、身近な人間の会話から情報を得たいケースが多く、もしこのタイプのUSBが使われていたら注意しなくてはなりません。

 

電波送信機能はない

 

USBメモリー型録音機には送信機能はありません。

あるのは録音機能のみで、音声を聞くには一度USBメモリーを回収しなくてはなりません。

つまり、設置するだけでなく、回収まで行わなければ意味がない機材ということ。

となると、設置する相手は接触がしやすい身の回りの人間となります。

 

自宅での録音も可能

USBメモリーは自宅に持ち帰ることが多いアイテムです。

渡す人間はそれを見越して使用しているでしょう。

怪しいのは、メモリーを渡した人間です。十分に注意してください。

 

盗聴発見は難しい

 

USBメモリーは電波の送信機能がありません。

したがって、電波をキャッチして発見する通常の盗聴発見が通用しません。

見分けるには、市販のUSBメモリーを一つづつ丁寧に調べる必要があります。

マイク用の穴があったら、メーカーなどをネットで調べてみましょう。

 

パソコン周辺の盗聴器は発見されにくい?

 

パソコン周辺に設置された盗聴器は、普通の盗聴器よりも発見されにくいです。

もしも自宅やオフィスに設置されてしまったら、まるで不信感をもたずに盗聴され続けるでしょう。

 

周辺機器は電源を供給され続ける

パソコンの周辺機器はUSBから直接電源を供給され続けます。

つまり、バッテリー交換の必要がなく、機器が壊れるか発見されるまで、半永久的に盗聴が可能となるのです。

 

仕事で使う周辺機器に興味のない人が多い

 

パソコンをメインに仕事をする人でない限り、パソコンの周辺機器には対して興味がありません。

興味がない以上、自分のこだわりでものを選ぶこともなく、誰かから渡されたマウスやケーブルを付かってもまるで違和感を持たないでしょう。

特に女性はパソコン関連へのこだわりもないため、周辺機器は貰い物などで構成されやすいです。

こんな人ほど盗聴被害にあいやすいのでぜひ気を付けてください。

 

既製品でも安心できない

 

有名メーカーの既製品を使っていたとしても、盗聴被害は安心できません。

もしかしたら、それすらも偽装で、中にはしっかりと盗聴器が仕込まれているかもしれません。

 

盗聴器は何にもでも仕込める

盗聴器は確かに専門的な機材ですが、その構造はとてもシンプルであり、基礎的な工作技術さえあれば、子供でも簡単に改造できません。

以前私が見た盗聴器の中には、初めからパーツを自分でくみ上げた完全なオリジナルの盗聴器もありました。

このような盗聴器は足が付きにくく、使うのは決まって専門家です。

プロにとって、盗聴器は市販のものではなく、改造して使うのが当たり前です。

既存の有名メーカー製品を分解し、その中に盗聴器を仕込み、再び組み立て直す・・・こうして、一見して誰も疑わない完璧な偽装盗聴器が作り上げられています。

 

自分で選び購入したものを使う

パソコンには様々な周辺機器を使用するため、どこに盗聴器が仕掛けられるか不安な人は、必ず自分で選んだ機材を使うようにしましょう。さすがに盗聴犯人も、盗聴器を仕込んだ製品を売り場にならべるような真似はしません。自分で購入したアイテムなら、まず盗聴器は仕込まれていません。

会社などでライバルメーカーからの企業スパイが怖いなら、マウスやキーボード、USBメモリーからケーブルに至るまで、会社がしっかりと備品管理する必要があります。

誰もしらない周辺機器がいつの間にか紛れ込んでいないか確認し、傍聴対策をしっかりと行いましょう。