料金で探偵社を選ぶのは正解?

探偵社を選ぶ基準の一つとして、料金は良く出てくる言葉です。

私個人も、もしも依頼者という立場なら、やはり探偵社を選ぶときに料金はとても重要します。

しかし、依頼者ではなく探偵としては、探偵社を料金で選ぶのは危険だとも思います。そこで、今回は探偵社選びで重要な料金と、その仕組みについてご紹介します。

 

料金と探偵社の調査力はあまり関係がない?

 

一見すると、探偵社というのは料金の高さや低さによってランクが決定するように見えます。

確かに、料金は仕事内容との関係せいは深いものですが、高ければ良い仕事を、安ければそれなりの仕事をするとは一概には言い切れないのです。

 

安くともいい仕事をする探偵社

 

料金が安くとも良い仕事をする探偵社というのは実は沢山あります。

しかし、調査料金を安くするために色々と犠牲にしなければならないことも多く、どうしても依頼者に対するアピ―ルが少なくなってしまうところが多いのです。

特に代表的なのが、広告費を削ることにより調査料金を抑えている探偵事務所です。

探偵というのは知名度が命の世界です。

探偵業界は常連が殆どつかない世界ですし、口コミも期待できません。

だからこそ、新規顧客の獲得こそ重要になるため、宣伝に多くの資金を投入します。

この広告費を削減するだけでも、多くの探偵社が調査料金を安くすることが可能です。

ですが、広告費を削ってしまっているので、当然アピール度や露出が少なくなり、依頼者からみると不安な企業に見えてしまいます。

 

高い料金でも仕事が雑な探偵事務所

 

安くても良い仕事をする探偵事務所もあれば、一方で料金は高いのに、なぜか粗雑な仕事をされたと訴える依頼者もあります。

探偵という仕事は、他社の仕事を直接見ることは出来ません。

しかし、他の探偵事務所で失敗した依頼者は、大抵他社でもらった調査報告書をもってやってきます。

報告書は調査の結晶のようなものです。

実際の調査をその目でみなくても、大半のことは報告書を見るだけで判断できます。

そして、こうしたケースで報告書を読んでみると、確かにその探偵社の調査はズサンなものが多いです。

一番報告書に出やすい粗雑さは、添付された映像です。

画質があらい、対象者が良く区別できないのはもちろん、映像の数はそもそも少ないということもあります。

また、調査報告書には直接書いていないものの「これは失尾(対象者を見失う)したな」というような場面が何度も出てきます。

また、調査のせいで対象者を警戒させてしまったと判断できるような部分が薄っすらと分ることもあります。いずれにせよ、報告書によって調査の全てが分かるわけではないので正確なことは言えませんが。

有名で料金の高い探偵事務所であろうとも、時には粗雑な調査を行ってしまうことは間違いではありません。また、私個人も正直に言えば、過去には調査に失敗した経験もあります。

調査力を正確に測る物差しはない

 

料金設定が高い探偵事務所だからといいって、その全てを完璧に行うことは出来ません。

大手の調査員、もしくはその支社の中には、粗雑な調査しかできないような所があるのも事実です。

一方で、料金接待が安い探偵社の中には、優れた調査力を持っている探偵社が幾つもありますが、こちらもまた、その全てが優秀とはいえませんし、どこが良く、どこが悪いということをはっきりと図る物差しは、仕上がった報告書を見比べること位でしか分かりません。

探偵という仕事は、その実力を他社と比べられる正確な物差しは存在しません。

料金の差で比べることは勿論のこと、仕事ぶりを比較するにしても、現場の状況の変化も差し引きで計算しなくてはならないので、はっきりとした答えなど出ないのです。

また、プライベートな内容で依頼をした依頼者が口コミで噂を広げてくれるようなこともありません。

リピーターも他業種にすれば少なく、その実力を比べるには、実際に調査を依頼してみるしか無いというリスキーな世界でもあります。

 

料金で探偵社を比べるしかない現状

 

もし渡した探偵を経験しておらず、実の妻が浮気をしたとして浮気調査を考えたら、まずは様々な探偵社を見比べ、一番料金の安い会社を探すでしょう。

料金で探偵社を選ぶことは危険ですが、正直に言えば、依頼者目線で探偵業界を見てみると、料金で見比べるしかない事が多数あります。

 

大手も中小も選び難い

探偵と言う仕事に良いイメージを持つひとは多くありません。

そもそも、そうした不安を持ったまま依頼を考える人にとっては、探偵社を見る時には信頼できる会社を選びたいと考えます。

本当に信頼できる会社を見極めるには、会社の打つ広告だけでなく、実際のユーザーの声なども見なくてはなりません。

ところが、探偵業界には口コミは殆どありません。

ブログで利用した体験談なども、その多くはアフィリエイトを目的としたもので、信用は出来ないのが実情です。

こうなってくると、依頼者の選択肢は狭まります。

出来れば大手が良いという人が多いですが、さらにネットで調べてしまうと「大手だから良い調査をするとは限らない!」なんて出てきますし、かといって中小探偵社は不安・・・そんなユーザーの心理は、最終的にお金で会社をみるという、もっとも分かりやすい判断に落ち着くのです。

 

財布にやさしい探偵社を選ぶ人が大半

悩んだ末にお金で図るのではなく、はじめから、できるだけ安い料金で探偵を選びたいと思う人も多いです。

そういった人々は、質よりもコストパフォーマンスを優先しているので、そもそも優良探偵社かどうかは二の次となります。

こうした選び方は危険だとは思いますが、そもそもお金が無いと、良い探偵社には依頼できないのが現実です。

格安の探偵社やなんでも屋に依頼して調査をすることは、依頼者にとっては仕方がなく行うことも多いからです。

なにせ、探偵業界の平均的な調査料金は簡単に20万円を超えていきます。

これだけの高額料金を質だけを求めて出せる人というのは、実はマイノリティ側に分類されると考えます。

むしろ、お金の安さを優先して、質を求めないほうが、依頼者にとっては安心できる事が多いのかもしれません。