探偵になるための道!入るならどんな事務所が良い?

探偵学校に入学する人の多くは探偵になることを目指しています。

中でも探偵事務所の調査員を目指す人は最も多いです。

しかし、どの探偵事務所に入るのかは自分で決める必要があります。また、通う学校によっても、その後の進路が大きく変化します。探偵学校に入学するなら、まずは自分の入りたい探偵事務所について詳しく知る必要があるのです。

 

自分がどんな探偵になりたいのか考える

 

探偵学校に入る前に、まずは自分がどんな探偵になりたいのか考える必要があります。

探偵事務所の調査員といっても、調査員にも様々な形があります。

また、調査員をキャリアとして考え、その後独立するという方法もあるのです。

 

独立を考えるなら

 

はじめから独立を考えているなら、独立開業を応援しているか、支店を出すことを推奨している大手探偵事務所が運営する探偵学校を選んだほうが良いでしょう。

独立をするためには知識や技術ももちろんですが、一番大切になるのは探偵同士のコネクションです。

もしもコネクションを作るなら、まずは大手で働き、協会などを通して大手と繋がりのある別の探偵事務所と懇意にするのが得策です。

また、大手で調査員として働いていた経験があると、そのあと独立開業したあと、下請けとして信用されるので、仕事にはあまり困らなくなります。

他にも、独立の方法としFC店や、支店の所長に収まるという方法もあります。

いずれにせよ、独立を考えているなら、コネを作りやすく、自力で独立するいがいの方法もある大手がおすすめです。

 

調査員としての安定を求めるなら

 

調査員としての安定した仕事を求めるなら、福利厚生や休暇などがしっかりとした探偵事務所を選ぶと良いです。

調査員を大切にできる探偵事務所の多くは調査員の福利厚生を優先します。

調査員を大切に出来る探偵事務所は、忙しくもなく、暇すぎず、なおかず人員がある程度ある探偵事務所です。

となると、給与面はあまり期待できませんが、中規模程度の探偵事務所が運営する老舗の探偵事務所がおすすめです。

 

より高いレベルのスキルを身に着けたいなら

 

探偵として誰よりも高いレベルのスキルを身に着けたいと思ったら、有名な探偵事務所を何か所か渡り歩くことをお勧めします。

探偵事務所というのは、会社の外からその実力は図れません。

私自身も、何社か探偵事務所を渡り歩いた理由は「探偵業界にはまだまだすごい事務所があるのではないのか?」という好奇心のせいでもあります。

実際に大手から中規模、小規模探偵事務所を渡り歩いてみた結果、探偵事務所の実力というのは、たしかに規模では測れないことを実感しています。

一見地味な探偵事務所で驚くべき技術や知識を教わり、驚愕したこともあります。

レベルアップを求めるなら、どの探偵事務所の探偵学校から入っても構いません。

ただ、その後のキャリアアップのための転職を常に視野に入れるためにも「あそこの探偵事務所は凄い」という話は常にキャッチしておきましょう。

 

調査員としてとにかく稼ぎたい

 

探偵学校に入り調査員を目指す人の中には「探偵になってとにかく稼ぎたい!」という人も稀に見受けられます。

たしかに探偵というのは、普通に考えれば稼げる仕事です。

しかし、探偵学校を運営する会社に就職するなら、まずはその会社の給与待遇などをしっかりチェックしてください。

この時、あまりお勧めできないのはフランチャイズ(FC)運営を行う探偵事務所です。

大手ではフランチャイズで支店を増やしている会社がありますが、探偵学校を卒業したあと、就職したFC支店により給与待遇に大きな開きがあります。

一方で、通常の大手探偵事務所の場合は、学校を卒業したあとは会社が定める給与システムが採用されることになります。

忙しい探偵事務所なら、インセンティブ(成功報酬)で入社一年で月に5~60万円は軽く稼げるなんて会社もあります。

ただし、その場合はそうとう忙しい探偵事務所なので、覚悟を決めてバイタリティを全開にしながら働く必要があります。

 

自分に合った働きかたを見定める

 

探偵の働き方は一つではありません。

給与は安くても、ほどほどに働きたい人もいれば、ガツガツ働いて稼ぎたい人、そうそうに独立して自分の城を構えたい人など、その色は十人十色です。

ただ、そうはしたくとも、務めた探偵事務所と自分の色が合わなければ、その人は自然と探偵業界から離れていきます。

この業界で働きたいと考える人は沢山います。

探偵という仕事は昔よりも確実に知名度が上がっていますし、アンダーグラウンドさやスリルを求めて、またはスタイリッシュさや調査という仕事へのやりがいを求めて業界に様々な人がやってきています。

しかし、残念ながらこの業界で5年も調査員を続けられる人は10人に1人もおらず、大手探偵事務所は常に人手不足の状態が続いています。

 

探偵として働く姿を想像できていない

多くの調査員が志半ばで探偵業界を去る理由は、探偵事務所で働く姿をまるで想像していないからです。

その原因は、そもそもが秘密主義な探偵業界に原因があるのですが、調査員志望で探偵学校に入れば、講師から必ず調査員として働くことがどんなものか教わるでしょう。

しかし、前述の通り、探偵学校に入れば多くの人間が、探偵学校を運営する会社に就職することになる以上、探偵学校に入る前から、その探偵事務所がどんな会社なのか自分で調べなくてはなりません。

また、自分がどんな探偵として働きたいのか、自分の個性を考慮しながら将来をイメージすることも大切です。

厳しいことをいうようですが、いきあたりばったりの甘い考えて調査員になっても、3カ月ともたずに辞める人が大半です。

せっかく探偵学校に通ったのにそうならないよう、学校に入る前から、探偵としての理想をしっかりと固めておく必要があるのです。