シビアな世界で生きるプロ!尾行中に探偵が気を付けていること

尾行とは、探偵にとっては最も重要な仕事になります。

どんな調査であっても、最終的に証拠を固めるためには尾行が必要になるので、尾行の腕の良し悪しが探偵の優劣を決定すると言っても過言ではありません。

そこで、今回は尾行が得意な探偵と、尾行が不得意な探偵の違いについて詳しくご説明させて頂きます。ただし、これは元探偵の私個人の経験によるものです。

尾行が得意な探偵の特徴

探偵の中にも、得意、不得意といったジャンル訳があるのをご存じでしょうか。プロである探偵なら、どんな調査もこなせて当たり前!

と、言いたいところなのですが、探偵も人間である以上、他の調査はダメだけれど、尾行だけはとにかく得意という人がいます。

そこで、まずは尾行が得意な探偵の特徴について過去の経験をもとに簡単に説明させて頂きます。

 

野性的な人

尾行が得意な人に一番見られるのが、野性的で行動力に溢れている性格です。

尾行はもともと、人間が狩猟時代から培ってきた獲物を追う行動が原点です。現在でも、ハンター達は獲物に気が付かれないよう、静かに射程距離に近づきますよね?

こうした行動が得意なのは、やはり野生の本能が強い人に多いように感じます。

この手のタイプは男性に多く、さらには言動も男性的な発言が多くみられます。人によっては、この手のタイプの人ほどガンガンと尾行をするせいで発覚率が高いのでは?と思うかもしれませんが、野生の本能が強い人ほど、相手との距離感を優れた直観で補うので、考えながら尾行をする慎重派よりも発覚率が低いように感じます。

 

車やバイクが好き

都心部や町中では尾行を徒歩で行うことが多いですが、殆どの尾行は車、もしくはバイクで行うことになります。

そのため、尾行には車の運転技術は欠かせません。尾行相手を見失わないように車間距離を適正に保ちつつ、なおかつ発覚しないギリギリの距離を保つには、かなり高度な運転技術が必要になります。

また、いざというときには車の間をすり抜けたり、狭い路地で切り返し、素早く駐車をするといった細かい運転技術や大胆さも必要になります。

尾行の運転技術は初めから誰もが持っていることはありません。ただ、車やバイクが好きな人ほど向上が早いので、車やバイクが好きな探偵の殆どは尾行の腕が優れています。

 

周囲の状況を良く見ている

周囲の状況変化に敏感で、人の動きや貴方の些細な変化も見抜く観察力をもっている探偵なら、まず尾行は上手いと考えて良いでしょう。

尾行は常に対象者の後手にまわることになります。相手がこれから行く方向があらかじめ分かっていれば無理な尾行もしなくてすみますが、行先が分からない以上、時には無理をして尾行をして、相手に警戒されることとなります。

 

しかし、周囲の状況を良く見ている人は、決して無理な尾行はしません。

尾行中に対象者の動きを観察することは、相手がこれからどんな行動を起こすのが予測するためです。

この能力に優れている探偵ならば、対象者が次にとる行動が分かっているため、距離を極端につめたり、危険な場所で尾行をすることはしません。反対に、相手が通るであろうルートに先回りとしたり、あえて距離を話して見送るなど、後の先をとることが可能になります。

 

身だしなみに気を使っている

相談をした探偵の身形が美し、普段から気を使っている様子があるなら、その探偵は尾行の発覚を防ぐ能力に長けているでしょう。

依頼者と会う時はスーツであっても、普段の探偵はほとんど私服姿です。

私服を選ぶ理由は、スーツで行うよりも、私服のほうが目立たない場面がとても多いからです。

ただし、私服だからといっても、どんな服でも良い訳ではありません。周囲の状況に合わせて適切な服を選び、その場になじむことが出来なければ、もしかしたら尾行が失敗するかもしれないからです。

 

だからこそ、身だしなみに普段から気を使っている探偵は尾行能力に優れています。

探偵にとってのファッションとは、相手からどう見られるのかを意識して着るものです。

依頼者の目線を意識して、きちんと身だしなみを整え、好印象を与えることができる探偵ならば、尾行のための服装も周囲の目を意識したものとなるでしょう。

反対に、依頼者と会うのにスーツに皺が多かったり、身だしなみに無頓着な探偵は不安です。尾行をする場所にあった服選びが出来ない可能性があります。

 

真面目で努力家

尾行が苦手な探偵は確かに存在します。実を言うと、私もかつては尾行が大の苦手であり、探偵になりはじめた数年はとにかく尾行訓練を繰り返していました。

しかし、そんな探偵は私だけではありません。多くの探偵が始めは尾行が苦手な人が多く、最初から得意な人はかなり特別な存在なのです。

 

だからこそ、苦手を克服しようと尾行訓練を行うタイプの探偵なら、様々な努力によって尾行を得意分野に昇華させているでしょう。

どんな仕事でも、努力は決して人を裏切りません。その結果、依頼者からの期待を裏切らずにすむのですから、探偵選びも人柄の真面目さを基準にするのが一番かもしれません。

 

尾行が得意な探偵を選ぶメリット

尾行が得意な探偵を選ぶことによるメリットはとても多いです。中でも浮気調査に関しては、調査の重要部分が尾行に頼らざるを得ないので、やはり尾行が得意な探偵に依頼するのが一番の方法でしょう。

一方、尾行が得意でなく、別の調査が得意な探偵に依頼するのも一つの方法です。その場合には、調査の内容が聞き込みやインターネット調査など、尾行以外の方法で行われる必要があるので、調査の具体的なプランについて、一度探偵社に相談することをお勧めします。

 

まとめ

探偵にとって尾行は調査の花形です。尾行が得意な探偵は尊敬されますし、依頼者にとっても一番便りになる存在。

特に浮気調査においては、尾行が得意な探偵に頼まないと失敗する可能性が上昇します。

しかし、探偵を選ぶ依頼者は、その探偵が本当に尾行が得意なのか見分けることが難しいはずです。

探偵の人柄や身だしなみ、所作などを良く観察しながら、尾行が得意そうな探偵から見抜く目を養っておくのが大切です。