自分でGPS調査を行うにはどんな方法がある?

GPSの普及が進んでいる現代では、浮気調査にもGPSを使用する機会が増えてきました。また、探偵業界でもGPSの使用頻度が高まり、今ではどんな探偵社でもGPSを使って浮気調査をしています。

しかし、幾ら手軽になったといえ、かなり高度な専門知識が無ければGPSを上手く使いこなすことはできません。

そこで、今回はGPS調査の種類について皆さんと一緒に学んで行こうと思います。

スマートフォンを利用する

スマートフォンにGPSが入っている場合、その機能を利用して浮気調査を行うことが出来ます。

スマートフォンを利用する場合には以下の2種類の方法が考えられます。

自分のスマートフォンを利用する

自分のスマートフォンを調査対象者に仕掛けて、現在地や位置履歴を手に入れます。

現在地を知るには専用のアプリケーションを使う必要があります。最近は無料のアプリでも十分な機能が揃っているので、最も手軽な方法といえるでしょう。

ただ、自分のスマホを仕掛ければ、その間はスマホは使えなくなります。仕掛ける前に予め予定立て、電話に出ずに済むようにしなくてはなりません。

また、バッテリーの問題のため、1日以上の長期使用には耐えられません。浮気の可能性が高い日にピンポイントで使用しなくてはなりません。

別のスマートフォンを利用する

別のスマートフォンを利用すれば、より確実に現在地を特定することが可能です。スマホではなくタブレットでも現在地を知ることが可能です。

スマホの購入価格は市販のGPSより価格が高いです。バッテリー消費量も大きいのがネック。さらにサイズも大きいので設置位置を探すのにかなり苦労します。

自分でGPSを購入する

最近は市販のGPSも大変安くなっているので、おおよそ1万円前後で調査に対応できる制度のGPSを購入することが可能です。

取得した位置情報の記録を確認できるように専用のソフトウェアが付属していたり、googlemapを利用して位置情報を確認できるタイプもあるので、自分にあったGPSを購入しましょう。

GPSは「ロガー型」「リアルタイム型」の二種類があります。購入の際にはそれぞれの特徴を考慮しなくてなりません。

ロガー型

ロガー型のGPSは、本体に直接位置情報を記録していくもので、主に登山などのルート確認のために用いられます。

このタイプは大変にコンパクトながら、バッテリーの持ちも良いのが特徴。場合によってはバッグなどにも仕掛けられるでしょう。値段も安く、5000円程度で十分なものが買えます。

ただし、インターネットを通じて位置情報を確認することが出来ません。現在地を別の場所から確認できないので、探偵業ではあまり使われません。

リアルタイム型

探偵業で最も使われているのが「リアルタイム型」と言われるGPSです。

リアルタイム型のGPSは現在地を別の場所から把握でき、なおかつ位置情報の履歴も入手可能です。

コストパフォーマンスに優れているので、自分で浮気調査をするならリアルタイム型をお勧めします。価格的にはロガーよりも値段が高いので、お財布をみながら検討しましょう。

セキュリティ用GPSをレンタルする

セコムを初めとするセキュリティ会社は、自動車や自転車の盗難に備えて小型のGPSを顧客に貸し出しています。

また、セキュリティ会社以外でも、お子さんの安全を守るために、見守り用GPS機器のレンタルサービスを始めました。

これらのセキュリティ用GPSを使用すれば、誰でも簡単に浮気調査が可能です。また、車両用のGPSは初めからマグネットが付いており、車やバイクの下部に簡単に設置できるので大変便利です。

電話などで現在地を教えてくれるサービスもあるので、パソコンやスマホの操作に慣れていない方にお勧めです。

探偵社からGPSをレンタルする

実は探偵社でもGPSのレンタルサービスを行っています。

また、レンタルサービスと共に位置情報の履歴を報告書として纏めてくれたり、バッテリーの交換業務も行ってくれる会社があるので非常に便利です。

ただ、レンタルとは言ってもプロの手を借りて調査を行うので、GPS機器を買うよりも高く付きます。ですが専門家のバックアップを受けれ、なおかつ浮気調査に移行した場合にもすぐに対応してくれます。

浮気調査を依頼する可能性がある人は、探偵社のGPSレンタルサービスを利用してみましょう。

専門業者からGPSをレンタルする

実は、浮気調査などに使用するプロ用のGPSを一般の方に貸し出している業者があります。

こうした会社からGPSをレンタルすると、位置情報を確認するためのサイトやソフトウェアも貸し出されるので、あとは完全におまかせとなります。

しかし、レンタルされるGPSは浮気調査専用に改造されたものが多く、業者によっては探偵社にも機器の貸し出しをしているほど。本格的なGPS調査を行いたいなら、レンタル業者を使うのも一つの方法です。

自分の費用や能力に応じて方法を選ぶ

上記の通り、GPS調査と一口に言っても、その方法は様々です。そのため、自分のお財布や機器を取り扱う能力に合わせた方法を選択するのがベストです。

例えば業者や探偵社から機器をレンタルする場合は、浮気の証拠をより確実に抑えたい場合に使用しましょう。

一方、市販のGPSやスマホなどを使用するときは、費用を掛けたくない時や、そこまで本格的な証拠が欲しく無い時におすすめです。

私としては市販のGPSでも十分だと感じてしまうのですが、それも結局は専門知識を持っているからで、何の知識も無かったり、仕掛けるチャンスが無いひとは、やはり探偵社にGPS調査を依頼するのが無難でしょう。

まとめ

浮気調査は誰でも簡単に出来るものになりつつありますが、GPSを完璧に扱うためには、まだまだ知識と技術が必要ですね。

今後はさらに小型で精度が高いGPSが登場するでしょうから、一般の方々も浮気調査にGPSを使用する頻度はどんどんと上がって行くはずです。

その頃にはもしかしたら、浮気をする側もGPS対策が完璧になっているかもしれません。そうなれば最後、GPSを使っても浮気の証拠を得られなくなるでしょう。

イタチゴッコはどんな業界でもあるものです。GPS調査に対する警戒心が薄い今のうちに、浮気調査に積極的にGPSを使っていきましょう。