依頼賞金の安い探偵社のメリット・デメリット

探偵社に依頼をする場合、同じ調査を頼んでも料金に大幅な違いがあるため、どこに頼めば良いのか解らなくなってしまうかもしれません。

特に調査費用が通常の探偵社よりも遥かに安い所だと、相場より半分程度の費用しか掛らない所もあります。

こうなると、やはり安い料金の探偵社に依頼が集中するはずなのですが、実はなかなかそうはならず、やはり相場通りの料金か、むしろそれより少し高いぐらいの探偵社の方が利益を上げているのです。

なぜ依頼料金の安い探偵社は人気が出ないのか?

依頼料金が安過ぎる探偵社画質の悪いサービスを提供している訳ではありません、ただ、浮気調査や結婚調査をする依頼者としては、やはり安過ぎる探偵社には以下の不安がつきまとうようです。

調査が雑なのでは?

探偵社に限らず、料金の安過ぎる仕事に対する不信感は、料金と同じく仕事も安っぽいものになってしまう恐れに尽きます。

騙されはしないか?

探偵業という仕事は社会的信用が薄いため、このような疑念を持ちやすい人もいます。

この点については流石に業界イメージなので業界全体の問題とも言えるのですが、尾行や張り込みを行い人の秘密を暴く仕事がそうそうイメージの改善など出来る訳もないので、仕方が無い事かもしれません。

安い料金で依頼を受けると、探偵社がやせ細ってしまう

料金が安いからといってその仕事が安いとは限りません。他に副業を持っていて、そちらの収入がメインであるから探偵社の仕事は安く受けてもクオリティを維持できる事務所や、薄利多売で利益を上げられる程の大手企業であれば料金の安さ=仕事の質とはならないものです。

しかし、残念ながら現在の探偵業界でこの構図は当てはまりません。

まず第一に、依頼者の数事態は年々上昇しているものの、年間の依頼数だけで言えば、未だに人口総数の1%未満程度しかありません。

しかし、探偵社の数は年々少しづつ増えてきてしまっているため、依頼者を各社が奪い合う形となってしまい、幾ら大手と言えども、薄利多売が出来るほどの案件数を抱えられる状況ではありません。

その結果、安い料金で依頼を受ける探偵社は、必然的に会社経営のための費用すら削らねばならず、結局は調査に使える人員や機材も減ってしまうので、依頼者達が想像する通り、その品質はやはり低いものと言わざる負えない現状なのです。

安い料金は詐欺ではない

安い料金で請け負う探偵社が悪質な探偵社と言う訳ではありません。

むしろ、悪質な業務を行う探偵社程依頼者に対して強気な姿勢を出していると言って良いでしょう。

実際の所、探偵社が安い料金で仕事を請け負う理由は『高い調査力は無いが、料金を安くして依頼を取りたい』という考えと『より多くの依頼者のために働きたい』というボランティア的精神の双方が働いている結果、低い調査料金を維持しています。

%e6%8e%a2%e5%81%b5%ef%bc%96

そのため、安い料金で調査を請け負っている探偵社さんに実際にお話しを窺ってみると、他に事業を抱えているため、それほど探偵業の経営にあくせくせずに済んでいる分、経営に本腰を入れられないので、抱えている調査員の数も少ないなんて事がざらにあります。

つまり、たとえ浮気調査であっても、安い料金であればそれに見合った調査が行われると思ってまず間違いありません。

ただ、相場の半分の料金だからといって、調査力事態が半分に落ち込むわけではありません。

具体的な数字に出すことは難しいですが、通常ならば3名で調査を行う現場を2名で行う程度のもので、対象者が警戒していない限りは、安い探偵社でもなんら変わらない結果を出せます。

以上のことから、調査料金の安い探偵社へは出来るだけ簡単に依頼を頼むのが最もコストパフォーマンスに優れており、それが調査料金の安い探偵社側にとっても望ましい形だと言えるでしょう。