結婚前調査と浮気調査のために必要な情報

探偵社に依頼をするときには、必ず調査を行うために必要な情報を持参しなければなりませんが、この情報が多ければ多いほど調査料金が下がりやすくなることはご存じでしたでしょうか?

ただ、調査のために必要な情報は、その調査項目毎に必要となる情報の種類に違いがあるので、事前にチェックしておいた方が良いでしょう。

浮気調査に必要な情報

浮気調査を行うために必要な情報は各探偵社によって差異はあるものの、基本的には以下の項目が必要となっています。

項目一覧
  • 対象者の氏名
  • 対象者の身体的特徴
  • 対象者の顔写真、全身写真
  • 対象者の勤務先
  • 対象者の住所
  • 対象者の行動パターン
  • 対象者の電話番号
  • 対象者の立ち寄り先
  • 浮気相手と思わしき人物の情報
  • 浮気を疑った経緯

この中でも特に重要なのが対象者の写真と浮気相手と思わしき人物の情報です。

顔写真はなるべく新しいもので、顔のアップと全身が入っている2枚の写真があるのが望ましいです。

しかし、数年前の古い写真の場合は本人の顔や全身のみでも依頼をすることが出来ますのでご安心ください。

また、対象者の行動パターンをしっかりと把握しておけば、調査計画もスムーズに立てらエルので、余計な調査費用を掛ける心配が減りますので、出勤時間、勤務時間、退勤予定時間などについては事前に詳しく調べておくのが望ましいです。

その他、浮気相手と思わしき人物に関する情報ですが、こちらはあくまで推測の域を出ないものでも結構です。よくメールをする相手のメールアドレスやLINEのIDや、連絡を取り合って居る異性の名前などを探偵社に伝えておきましょう。

 

結婚前調査に必要な情報

結婚前調査に必要な情報は以下の項目となります。

項目一覧

  • 対象者の氏名
  • 対象者の身体的特徴
  • 対象者の顔写真、全身写真
  • 対象者の勤務先
  • 対象者の住所
  • 対象者の行動パターン
  • 対象者の電話番号
  • 対象者の立ち寄り先
  • 対象者の交友関係の範囲
  • 対象者の家族構成と実家住所
  • 対象者の不審な行動を疑った経緯

浮気調査と結婚前調査の大きな違いは、前者が尾行や張り込みをメインに行うのに対して、後者が聞き込みなどを主体にした対象者の風評を調べる必要がある事です。

聞き込みを行うためには、対象者の周辺人物のうち、特に中の良い友人から次第に交流が浅い人物の名前を上げて行くと良いでしょう。探偵社は調査の発覚を防ぐために、出来るだけ対象者と距離の遠い人間から聞き込みを行うので、対象者を中心とした人物相関図などを予め作っておくと便利かもしれません。

%e6%8e%a2%e5%81%b51

また、結婚前調査では対象者がすでに既婚者である可能性を調査する場合があります。

このような時には、対象者の住所や実家の住所地に赴いて、周辺住民に聞き込みを行ったり、対象者の両親からも聞き込みを行う場合があるので、対象者の実家の住所や家族構成も事前に把握しておいてください。

また、異性関係以外にも、ギャンブルや犯罪、素行不良などの疑いを払拭するために結婚前調査を依頼される方もいらっしゃいます。

この場合は、その様な疑いを持つに至った経緯と共に、疑念を持つ切っ掛けとなった不審な言動について詳しく探偵社に伝えた方が良いでしょう。

 

事前情報が多いほど料金が安くなる?

探偵社に調査を依頼すると数十万円から数百万円単位の依頼料金が掛かるのが普通です。

しかし、調査費用が掛かってしまう理由の一つとして、対象者の情報があまりに少なすぎるため、本来依頼者が調べるべき点までも探偵社が変わって調べなくてはならず、結果的にその分の調査費用が上乗せされてしまう場合があります。

そのため、出来る事ならばより多くの情報を持って探偵社に相談をしたほうが余計な調査をせずに済むので、費用も格段に抑える事が出来るでしょう。