探偵社が使う調査機材とは

探偵社の撮影機材というと、様々な道具を思い浮かべるかもしれません。例えば、メガネ型カメラや時計型カメラ、または特殊な赤外線装置など、それこそ映画の中に登場してくるような秘密道具を使っているイメージがあるでしょう。

しかし、探偵が使う機材は何も特別なものではありません。基本的には一般に市販されている機材を状況に合わせて使い分けているのです。

探偵が使う撮影機材

多くの探偵社がメインの撮影機材としているのは、以下の2つになります。

ビデオカメラ

小型、軽量で多機能なハンディカムの登場以来、いまでは殆どの探偵社が使用しています。

その汎用性はかなりのもので、徒歩尾行から車両尾行、夜間の定点観測など、幅広い調査のシーンに適応できます。

ビデオカメラの中でも特に探偵が好んで使用するのは、夜間撮影様の機能である通称『ナイトビジョン』が実装されているモデルです。

ナイトビジョン機能は赤外線を電子変換し映像として映すもので、これは特殊な機能でもなく、一部の市販カメラに標準装備として備わっています。

この機能は夜間の調査ではかなり活躍するのですが、現在はナイトビジョン機能の開発に積極的な会社が減っているため、その使用頻度も減りつつあります。

一眼レフカメラ

昭和期から世界中の探偵に愛用され、いまでも第一線で活躍しているのが一眼レフカメラです。こちらはビデオカメラの登場まで、探偵の主な撮影機材として扱われてきた分、歴史のある探偵社では好んで一眼レフを使用する傾向にあります。

一眼レフ最大の利点は、遠距離、中距離、短距離、夜間と共にレンズを交換する事で対応できる事と、ビデオに比べて圧倒的に綺麗な画質であり、高詳細な写真は調停や裁判になるほど効果を発揮します。

なぜなら、裁判では相手が提出してきた証拠物件に対して、その証拠能力が疑わしい事を指摘するのが通例であり、顔の判別があいまいな証拠となればすぐにその点を付かれて『本人ではない』と言われてしまうのです。

また、一眼レフはレンズ交換によって様々な状況に適応できるのですが、夜間撮影も専用の暗視装置を装着することで、欲し明り程度の光があれば対象者を撮影する事が可能です。

ただ、一眼レフカメラは形状的に徒歩尾行で使用するには難があり、基本的には車両内からの撮影に限られてしまいます。

探偵社によって使用する機材が違う

メインに使用する撮影機材は各探偵社によって一眼レフかビデオカメラ派かで真っ二つに割れています。

ビデオカメラ派

ビデオカメラを調査機材として愛用する探偵社は、徒歩尾行が多く、普段から重量のある機材を持ち歩けない都心部の探偵社に多いです。

特に徒歩尾行の機会が増えれば増えるほど一眼レフの出番は減るので、東京近郊の探偵社の殆どはビデオカメラをメインに調査を行っています。

一眼レフ派

車両尾行の機会が多い地方の探偵社で、昭和期から営業を続けている探偵社は一眼レフを愛用している所が多いい印象を受けます。

また、調査能力に自信がある探偵社は、報告書への拘りも強いため、ビデオカメラよりも詳細な写真を提供してくれる一眼レフを普段から愛用する傾向にあります。

この場合、徒歩尾行ではコンパクトデジタルカメラかビデオカメラを使用している事が多く、一眼レフをメインに使用している探偵社は普段から多くの機材を扱っている場合が多いです。

一眼レフとビデオカメラはどちらが良いのか?

一眼レフとビデオカメラは両者一長一短であり、依頼者にとって最良の選択となると大変難しい所です。

ただ、もしも報告書の写真の詳細さを求めるなら一眼レフをメインに使用している探偵社を選んだ方が良いでしょう。

また、徒歩尾行が連続する調査であれば、ビデオカメラをメインに扱う探偵社に依頼をしたほうが、調査の成功率は上がるかもしれません。

探偵社で使用するメインの機材についてはホームページで確認するか、無料相談の際に訪ねてみると良いでしょう。