探偵社は弁護士の紹介をしてくれるのか?

浮気問題を解決するためには、探偵社への依頼だけでは不十分な場合もあります。

例えば、浮気が原因で離婚問題に発展した場合、相手がこちらの提示した慰謝料や養育費などの条件に納得しない場合があります。

また、相手側が浮気をしたのにも関わらず、向こうから離婚請求を出され、浮気相手と一緒になろうとする場合もあります。

こんな時は、もちろん相手が浮気をした証拠をどれだけ揃えているかが勝負の分かれ目となりますが、同時に法律の専門家である弁護士の力を借りなければ問題解決が難しい場合もあります。

しかし探偵社同様、良い弁護士を探すのも相当難しいため、探偵社に依頼をしながら、その間に弁護士を探す手間を考えるとかなり頭が痛くなりそうです。

探偵社は弁護士を紹介してくれる?

実は多くの探偵社では、調査後のアフターフォローとして弁護士の紹介を行っています。

紹介される弁護士の多くは探偵社と密接な関係にあり、探偵社側も弁護士協会の協力加盟店として紹介されている場合もあります。

また、探偵社から弁護士を紹介する際には一切費用が掛からないのが普通で、調査を依頼すれば無料で離婚問題に強い弁護士を紹介してもらえるでしょう。

 

なぜ探偵社が弁護士を紹介してくれるのか

世間一般ではあまり知られてはいませんが、探偵社と弁護士というのは昔から密接な関係にあり、特に離婚問題に強い弁護士ほど大手探偵社とパイプを繋ぎ続けてきました。

なぜなら、裁判では弁護士の手腕も物を言いますが、いくら腕利きの弁護士でも、浮気の証拠が一切無い状態では依頼者の要望に応えられないからです。

特に浮気の場合、弁護士はどうにかして相手側の不貞行為を立証したいと考えますが、その不貞行為の証拠を手に入れるためには、尾行や張り込み、そして高い撮影技術がどうしても必要になるので、弁護士個人のみではとても対応しきれない場合が多いのです。

しかし、探偵社には尾行や張り込みのみならず、様々な証拠を集めるための調査能力に秀でた人間が多数在籍しているため、弁護士個人が浮気の証拠を集めるよりも遥かに正確に、かつ効率的に裁判のための証拠を収集できます。

そのため、探偵社から弁護士に依頼者を紹介することもありますが、逆に弁護士側から紹介された依頼者を紹介される事も沢山あるのです。

 

紹介料はもらっていない?

かといって探偵社と弁護士事務所は決して業務提携を結んでいる訳ではありませんし、互いに紹介料などを支払い合って依頼者をシェアしている訳でもありません。

なぜなら、弁護士の仕事を定めるための弁護士法では、金銭を目的として弁護士を斡旋(紹介)する事を禁じているのです。

【弁護士法72条】

“非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止”

%e6%8e%a2%e5%81%b52

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。“

この法文に記されている『事件』についてですが、離婚裁判等も、家庭裁判所で訴訟を起こせば家事事件となり、この法律に抵触する事になります。

つまり、弁護士事務所と業務提携を結び、お金を得るために紹介することは探偵業務ならずとも誰にも出来ない事であり、もしも弁護士事務所からお金を受け取って斡旋業務を行った場合には2年以下の懲役、または200万円以下の罰金に処される事となります。

 

弁護士以外の紹介も可能?

探偵事務所では弁護士以外の組織や個人の斡旋も行っています。

司法書士

司法書士は主に慰謝料請求のための書類を作成できるため、探偵事務所と懇意にしている事務所も多いです。

しかし、司法書士は決して浮気相手との示談交渉などは行えませんので、その点だけは勘違いしないでください(司法書士に示談交渉を依頼すると、非弁行為として刑事告発される恐れがあります)

各種カウンセラー

夫婦問題や離婚問題に強い心理カウンセラーは、探偵社に依頼する人間にとっては心強い味方になってくれます。

中でも浮気が発覚した後も夫婦関係の修復を願う依頼者の場合は、カウンセラーの力を借りて夫婦生活の改善を試みる人が多く、その効果はかなりのものの様です。

また、離婚を決意した依頼者は精神的ストレスがかなり大きく、中にはストレスのために離婚の手続きを勧められなくなってしまう人もいるので、その場合もカウンセラーに悩みを打ち明けるなどしてストレスの緩和を図った方が良い場合もあります。

 

探偵社の質は充実したアフターフォローで決まる?

探偵社の質を見る時、どれだけのアフターフォローを行えるのか?または、どれだけ他業種の人間を紹介できるかという点も参考にした方が良いかもしれません。

それはもちろん、浮気の発覚後のトラブルに備えてという理由もありますが、多くの会社と懇意に出来ている探偵事務所ほど経営者がやり手な場合が多いので、アフターフォローの質で探偵社の質を図る事も可能なのです。

もちろん、アフターフォロー充実度=経営者の手腕ですが、それは実際の調査力とは関係無い場合もあります。

しかし、もしも浮気問題が大きくなってしまった場合を考えれば、問題解決のための選択肢を多く備えている探偵社に依頼したほうが、その後の流れがスムーズに進むでしょう。