その浮気調査ちょっと待って!?無駄な浮気調査をしないためのチェックポイント

浮気調査を依頼しようかと考えている人は、探偵社への依頼料金が高額な事で色々と迷っている人も多いでしょう。

浮気調査の相場が20~30万円程度。安い中古自動車なら買えてしまえる値段を支払う以上、浮気調査は必ず成功させなければ……と、強いプレッシャーが掛るはず。

しかし、そうやって予算をなんとか捻出し、有料探偵社に依頼をしたとしても、なぜ何度やっても調査が失敗してしまう!!という、とても可愛そうな依頼者だって居ます。

ただ、その様な事態に、現役時代は何もしてあげる事はできませんでした。

結局探偵社もただの企業、利益が一番ですから、顧客が費用を無駄にしたとしても、そこに関して何かアドバイスを送ることは少ないですし、余計な事を言うなよ?という雰囲気も社内にありました。

しかし、今はフリーの立場ですから、現役時代は気を使って言えなかったことも平気で言えてしまいます。

そこで、ここでは実際の依頼者を例に上げ、浮気調査で無駄なお金を支払ってしまうパターンをご紹介させて頂きたいと思います。

5位「予算が足りない」

現在は様々な探偵社が安い料金で調査を提供するサービスに力を入れており、各社独自の格安プランの提供をし合う熾烈な価格競争が続いています。

しかし、こうした価格競争の背景には、安いお金で働く経験の少ない調査員を使いながら、短期間で依頼者が求める結果を出さなければ成らない苦労など、会社を経営するのにかなり苦しい状況に陥ってしまう会社も……

企業努力をするといっても、さすがに限度があるというもの。

格安の調査料金でサービスを提供し続ける探偵社でもまともに調査を行おうと思ったら、最低でも18万円程は必要ですが、これに対して『10万円で浮気の証拠を手に入れて欲しい』と、無理な調査プランを組んだとしたら、その調査の成功率は極端に下がるでしょう。

結果、安く調査を依頼できたと喜んでも調査の失敗を繰り返し、相場よりも高い調査費用を支払っていたという事もめずらしく無いのです。

 

4位「対象者の情報がそろわずに調査を頼む」

『明日の朝から調査をして欲しい!』

『今日の夕方から調査をして欲しい!』

そんな緊急調査の依頼は、大手探偵社では毎日の様にやって来ていますが、やはり緊急の調査であればあるほど、現場でのヒューマンエラーや回避不可能なミスに陥りやすくなります。

なぜこの様な状態になるのかというと、それは対象者の情報が不足しているからです。

例えば現場で良く起きるのが、調査開始場所に到着したものの、何故か対象者が見当たらない状況です。

これは、依頼者が良く対象者の予定を把握していなかった為、調査開始場所の指定を謝ってしまった結果ですが、この様な状況は特に緊急性のある調査ほど起こりやすくなります。

その他に良くあるのが「対象者の車の車種とナンバーを違うため、対象者の車両を発見できない」「対象者のしっかりとした顔写真が準備できず、対象者が判別しにくい」などです。

3位「特定の人間との浮気を疑い過ぎる」

過去に浮気をしていた対象者の調査の場合、依頼者の多くは「今も昔の浮気相手と繋がっているのではないか?」と考えている場合があります。

しかし、その思い込みが強すぎると、調査の結果別の異性と浮気をしていた事が判明しても。

「きっと前の浮気相手とも繋がっているはず」

 

といって、さらに追加調査を依頼して、さらに対象者の行動を詳細に確認しようとする人が居ます。

この様な追加調査は探偵社にとってはありがたいです。

しかし、そんな依頼者の強迫観念じみた思いから始まる調査の大半は、いくら調査を行おうとも、依頼者の求める「過去の浮気相手との接触」という状況を確認出来ることはありません。

そのため、本来であれば1度目の浮気調査で済んだ調査費用が、1回、2回と調査を重ねる度に次々と料金が上乗せされて行っています。

 

2位「探偵に丸投げ」

対象者の情報や、過去の経緯、または調査中の依頼者とのやりとりなどを一切行わず「全て探偵さんにおまかせするわ!」といったスタンスで探偵社に調査を依頼する人が居ますが、その結果調査費用を損する人を何人も見てきました。

正直に言えば、確かに全てを探偵に任せてもらい、それで調査費用を使ってくれる依頼者は探偵社にとっては上客。その殆どは裕福な富裕層の人間です。

しかし、いくら利益になるからといって、こんな方法を庶民が取ってしまっては、20万円んで治まるはずだった調査も100万、200万とどんどんと増え続けてしまいます。

もしも調査料金を節約しようと思ったなら、まずは探偵に丸投げをせず、出来る限り自分で調査を行うようにしましょう。

 

1位「ありもしない浮気を疑う」

浮気調査の費用を無駄にしてしまう最も悲惨なパターンは「浮気の事実がまるで無いのにも関わらず、調査を依頼し続けてしまう依頼者」です。

この様な事態になってしまうのは、なにも依頼者だけに原因がある訳ではありません。

依頼者を安心させられなかった配偶者も当然悪いですし、調査の必要性が無いことをはっきりと伝えずに依頼を受け続ける探偵社も悪いのです。

 

まとめ

浮気調査で無駄なお金を支払ってしまうパターン
  • 1位「ありもしない浮気を疑う」
  • 2位「探偵に丸投げ」
  • 3位「特定の人間との浮気を疑い過ぎる」
  • 4位「対象者の情報がそろわずに調査を頼む」
  • 5位「予算が足りない」

この様に、探偵社への依頼の仕方によっては簡単に調査費用がオーバーしてしまいます。

この中で最も注意しなくてはならないのは、最後にご紹介した「ありもしない浮気を疑う」事によって次から次へと調査を依頼してしまう人です。

この様な依頼者は金銭感覚がどこかで消えてしまうのか、とにかく証拠を上げようと必死になり、あっというまに予算をオーバーして、年間100万円近くを探偵社につぎ込み続けるような人すら居ます。

この様な無駄を防ぐためには、とにかく大切なのは、予算節約のためには事実のみを見る事。そして、ある程度は探偵社を信頼し、疑心暗鬼に陥らない事が大切です。

浮気を疑っているからこそ浮気調査をしますが、その調査費用で家計が火の車になった挙句、何も問題が解決できなければ目も当てられません。

不必要な調査はなるべく控え、必要な調査だけを行うようにしましょう。