時間制料金のメリットとデメリット

かつて、探偵社の料金体系には相場というものが存在しませんでした。

そのため、依頼内容によっては100万円単位の変動があるのが当たり前であり、依頼者は殆ど料金体系を知る事ができず、支払われる料金が何に使われるか解りませんでした。

しかし現在、新たに制定された探偵業法(探偵社の業務の適正化に関する法律)のおかげで、料金体系の透明化が進んで行き、依頼者にとって最も料金体験が解りやすいという理由で時間制料金(パック料金)を採用する探偵社が増えてきています。

時間制料金とは?

時間制料金とは、1時間ごとに調査料金が加算されていくシステムです。

各探偵社によって料金は変わってきますが、基本的には以下の様な料金の計算方法を行っています。

時間ごとの料金×調査員の数=調査料金

また、ここに調査経費として2~5万円程度が上乗せさられる場合があります。

 

時間制料金の相場

時間制料金の相場は、調査員1名を使用して1時間調査をした場合、2万円前後の料金がかかかると言われています。

ただ、実際の調査は2名以上で行う必要があるので、2万×2=1時間となり、4万円と前後が相場となるでしょう。

 

時間制料金のメリット

時間制料金のメリットは、なんといっても調査料金を節約に尽きます。

例えば、成功報酬制度の様に何時間調査をしようが料金が一律である場合は、調査時間の長さに関わらず、掛かる費用も一定となってしまいます。

しかし、時間制料金であれば、調査を行う日時を狭めることによって調査料金を遥かに安くすることが可能です。

また、予定した期間よりも早く不貞の証拠を得られた場合にも、残りの期間の料金を払う必要はないことも重要なメリットでしょう。

 

時間制料金のデメリット

時間制料金のデメリットは、調査の結果に関わらず、調査を行った分だけ料金が発生してしまう点です。

もちろん、調査が早めに終了すればそれだけ安くすむのですが、なかなか結果が出ずに調査を延長させ続けてしまうと、成功報酬制度よりも高い金額が掛かる事があります。

また、調査料金を節約する事が出来るため、依頼者が無理な調査プランを組んでしまい、調査が失敗しやすく点も問題視されています。

例えば、本来なら3名以上の調査員と3日以上の行動調査が必要な調査であっても、依頼者の要望によって調査プランが変わり、探偵社が1名の調査員で3時間の内に結果を出す羽目になってしまうと、それはすでに失敗が決まった調査となってしまうのです。

 

時間制料金を賢くつかうには

時間制料金は節約にすぐれたプランではありますが、あまりにも料金を節約しすぎれば、それこそお金の無駄となってしまう事もあります。

そこで、まずは相談時にこちらの予算を伝え、この予算で調査が可能かどうかを訪ねてみるのが良いでしょう。

探偵社としても、依頼者に無駄なお金を使わせてトラブルになると困るので、料金的に無理であれば初めから断るのが通例です。

また、時間制料金で節約を行いながら、確実に結果を出すためには、調査対象者が浮気をしそうな日時を特定する必要があります。

日時の特定方法に関しては探偵社に相談してアドバイスを仰ぐのも良いでしょうが、信用できるウェブサイトの情報から学び、自ら実践してみるのも良いでしょう。

依頼者の中には調査料金を節約するため、行き過ぎた素人調査をしてしまった結果、対象者を警戒させてしまう事例は、探偵業界ではさして珍しく無い出来ごとです。

ただ、時間制料金は上手く使えば、いままで料金が高すぎて探偵社に依頼できなかった人でも調査が可能になります。

生活をするのも探偵社に依頼をするにも、お金を節約するためには知恵と柔軟な発想となるので、時間制料金を使って料金を下げる前に、探偵業に関する知識を多く身にておくことをお勧めします。