悪徳探偵社って何?依頼者の不安を解決

 

恐らく、インターネットを使ってこれから探偵事務所を探そうと考えている人は、探偵業界についての様々な情報をチェックされていることかと思います。

その中でも、ひと際依頼者達を不安にさせているのは『悪徳探偵事務所』の存在ではないでしょうか?

この名前だけでは、絶対に依頼はしたくないと思いますが、何より怖いのは、悪徳探偵事務所についての情報がインターネット上に大量に溢れていることでしょう。

しかも、その情報はただの匿名アカウントによるものではありません。

悪徳探偵については、業界大手の探偵事務所を中心に、中小様々な探偵事務所が警告を鳴らしています。

それだけに、探偵について良く調べた上で調査を依頼される人にとっては不安の種となっているはず。

   では、そもそも悪徳探偵とはどんな存在なのか?そもそも、悪徳探偵は実在するのかについて、今回は詳しく説明させて頂きます。

 

悪徳探偵事務所はそうそういない

 

まずはじめに説明しなくてはならないのは『悪徳』と名のつくような探偵事務所は、

現在の探偵業界ではまず遭遇しないという点です。

 

悪徳探偵はすぐに潰される

 

現在の探偵業界は、業界を守り、律するための法律である「探偵業法」により、悪質な業者はすぐに排除されるようになっています。

業法違反と思わしき行為があれば、依頼者はただ専門機関や警察に訴え出るだけで、悪質な業者を訴えることが出来るシステムが整っているのです。

また、探偵業者には管轄する警察による抜き打ちチェックもあります。

必要な書類がそろっているかをメインに、探偵業務を適切に行えているかも調べられます。

   この様に、探偵業界は自ら厳しい法律を貸すことにより、悪質な探偵業者を排除する動きを強めた結果、悪質な業務を行った探偵業者はすぐに業務停止処分を受けることとなり、次々と廃業に追い込まれています。

 

探偵を名乗る違法営業車は、そもそも「探偵」と呼ばない

今業界が最も頭を抱えるのは、探偵の名前を使って悪質な違法調査や詐欺、恐喝を行う、偽物の探偵達の存在です。

詐欺グループや恐喝などの工作行為を仕事とする人々は好んで探偵を名乗ります。

また、名乗るだけでなく、中には探偵業の届け出番号を偽造したり、偽の証書まで作るようなグループもあります。

彼らが「探偵」の名を好んで使うのは、依頼者に信頼感を与えるためです。

詐欺や恐喝といった行為を行うのにもかかわらず、依頼者に疑いなく費用を払わせるためには「探偵」のような、影のヒーローというイメージの強い名前を使ったほうが詐欺を働きやすいからです。

   また、違法調査を行うような人間も探偵を名乗ることが多いです。彼らは違法調査を行ったことにより、他の罪によって逮捕され、探偵業法違反として業務の停止処分を受けるでしょう。それでも、違法調査に頼って収入を得るため、今度は無許可の探偵として活動を続けていくのです。

 

悪徳探偵は滅多に出会わない

 

典型的な悪徳探偵は、探偵業界ではまず滅多に出会うことはありません。

詐欺を働いたり、被害者を恐喝するなどといった悪質な人間が探偵業界にいたら、まず必ず通報され業界の外に放りだされます。

しかし、探偵業界の人間にも、悪質な探偵への危機感と、自分の探偵事務所がそんな探偵と一緒に思われたくはないと思う気持ちがあります。

その結果、多数の探偵事務所が悪徳探偵への警告を促しているだけであって、実際には本物の悪徳探偵など、この業界には潜める状況ではないのです。

 

2種類に分かれる悪質な探偵事務所

 

詐欺や恐喝を行うような、本物の悪徳探偵は探偵業界には居られません。

しかし、調査能力が無かったり、経営が雑であるため、依頼者の信頼を裏切ってしまうような悪質な業者は時々見ることになります。

 

粗雑な報告書を作る

悪質な探偵で最も多いのは、あまりにも粗雑な報告書を作る探偵事務所です。

報告書とは、依頼者にとっては何よりも価値のあるものです。

調査を行った全ての情報がつまっており、後には裁判のための決定的な武器としても使うことになります。

そんな報告書が、なぜか写真があまりにも少なかったり、重要な文章が抜けていたり、裁判ではとても使えないようなレベルの報告書が依頼者に手渡されるようなことがあります。

このような報告書を作ってしまう探偵事務所は、そもそも報告書の作成能力が低いことが原因です。

依頼者を騙すようなつもりは無いことが多いとは思いますが、結果、支払った費用分の結果は手渡されないのですが、自室詐欺同然です。

 

粗雑な調査をする

 

報告書が雑であれば、調査そのものも雑なことが多いです。

例えば、ある探偵事務所の報告書を見る機会を得た時「なぜここの写真がないのか?」と疑問になるような部分が大量にありました。

また、経過報告のための写真がブレすぎていたり、肝心な浮気相手宅への出入りの写真がボケすぎていました。

夜間の撮影だったとはいえ、あまりにも悪い写真ばかりが並んでいるのは、探偵としても不信感を抱くものです。

   まず写真が無いことに関しては、調査の間に失尾を何度も繰り返してしまった可能性が最も大きいでしょう。実際に、その調査をみていないので推測でしかありませんが、調査員が写真を撮れないであろう状況でもないので、対象者を見失っていた可能性が最も高いと感じました。

 続いて、画質の悪さに関しては、使用する機材があまりに安く、古すぎるのが最大の原因だと考えられます。

撮影技術が無いことも十分考えられましたが、ナイトビジョンを使用している訳でもなく、画質があまりにも悪いのは、機材の性能がもっとも大きな原因です。

 

悪質な報告書を渡されたら?

悪徳探偵に騙された!なんてことは滅多にありませんが、悪質ともいえる粗雑な報告書を手渡された場合には、別の探偵事務所に相談することをお勧めします。

探偵が作る報告書の良し悪しは、他の探偵事務所にしかわかりません。

したがって、相手のミスを指摘し、責任を追及できるのは、調査に熟知した人間しかいないのです。

もしもミスを指摘出来れば、調査料金の全額返還も期待できます。

また、消費者センターなどにトラブルを相談することも大切です。

問題が起きた場合には、消費者法やトラブルの専門家に頼ることでも解決するケースが多いです。

   ただ、やはり依頼をするまえに、信頼できる探偵社かどうか見分ける目を養っておいたほうが良いでしょう。悪質な探偵事務所は、自らが悪質な業務をしていることを自覚していないような人が多いです。

お金を損しないためにも、探偵事務所の調査力を見極めることは大切なのです。