あの噂は本当なの?探偵業にまつわる謎

探偵業にまつわる噂は絶えません。

特に、良い噂よりも悪い噂の方が先行してしまうのが探偵業界の特徴でしょう。

本当は、意外なほど社会に貢献しているのに、その実績を公表できないのも探偵の辛さ。これならいっそのこと、表に出て活躍したいと考えている探偵もかなりいます。

 

しかし、その噂に間違いもあれば、本当のものもあります。

そこで、今回はそんな噂に元探偵である私が正直に答えていこうと思います。これを読んで、皆さんも少しだけ探偵について詳しくなってみましょう。

 

探偵って本当にいるの?

インターネット上で有名なyahoo知恵袋。このサイトで最も目を引いた質問が

「探偵って本当にいるの?」

といった質問でした。

しかも閲覧数がかなり多く、意外と人気。他サイトや2chでも良く見かける質問です。

 

この噂に「実はいます」なんて真面目に答えなくてはいけない程、探偵の存在感が薄いのは間違いありません。残念ながら、社会的認知度で言えば、この仕事ほどレアな職業はなかなか存在しないかもしれません。

それにしても、なぜ探偵はここまで存在感が薄いのか?この問題について私なりに考えてみました。

 

フィクションの世界でのイメージが強すぎる

「探偵」という名前をしっていても、それが本当に実在すると知っている人は意外なほど少ないです。

それも社会についてあまり知らない20代以下の学生となると、もはや伝説上の職業の様に扱っている人も多いです。

それもそのはずです。彼らが目にすることのある探偵は、全てフィクションの世界だけなのです。あの名探偵コナンやシャーロックホームズ、または数々のドラマ、映画、漫画、小説に登場する、いわゆる「名探偵」こそが、彼らの持つ探偵のイメージの全てなのですから。

 

また、大人の方でもたまに探偵の存在について知らない人がいます。個人的には、そうした存在を見聞きせずにこれた人は幸せだなと思います。探偵が解決する事件は、いつでも人の不幸が関わっています。

 

探偵は依頼者を騙すの?

「探偵に依頼すると、探偵から騙される」という噂を聞きます。

この噂は主にインターネットを中心に囁かれていますが、現実でもたまに聞いたことがあります。

 

ただ、この噂についてはこの場を借りてハッキリと否定しておかなければなりません。

 

まず、探偵は依頼者を騙すことはありません。一部の悪質な探偵業者(違法営業を行う業者)や、探偵業の届け出を出していないで営業をする悪質な会社は、もしかしたら依頼者をカモにして金銭をむしり取っているかもしれません。

しかし、そんな探偵社は極一部のものです。探偵業界に長くいた私でも、そんな探偵業者に出会ったことはありません。

 

また、悪質な詐欺探偵が居たとしても、かれらが探偵業界で大手を振って営業をしている訳ではありません。むしろ、業界でも鼻つまみ者扱いされているので、業界の会合や各種調査業協会に加入することは愚か、存在すら公にはしません。

この手の探偵社や違法営業を行う業者が減ることは、探偵業界全体の願いでもあります。噂が本当であるだけに、早く業界の健全化が進むことを祈るよりありません。

 

探偵って犯罪者を追いかけるの?

探偵をやっていると、知人や友人から必ずと言って良いほど聞かれるのが「犯罪者を捕まえるの?」といった質問です。

この質問はかなり答えるのが難しいですね。なにせ、探偵は確かに犯罪者を調査することはありますが、決して捕まえるわけでは無いのです。

探偵に依頼される調査の中にも、犯罪に関わるものがあります。その代表格がストーカー調査や盗聴盗撮調査です。

 

この二つは警察の対応が難しい案件であるため、探偵の出番が多いかもしれません。しかし、調査をしたとしても、彼らを直接逮捕することは稀です。

探偵は、特定個人からの依頼により調査を行うことは許可されていますが、逮捕権をもっている訳ではありません。だからこそ、専門的な調査をしても、現行犯以外で逮捕することは許されていないのです。

ただ、ストーカー犯罪などの場合は、ストーカー犯が依頼者宅付近で不審な行動をしている場合、現行犯として捕まえることがあります。現行犯逮捕は日本人なら誰もが持っている権利ですから、特に探偵でなくとも出来ます。

 

探偵って凄い貧乏?or凄い金持ち?

探偵をやっていると「金回りがよさそうだよね」と言われることがあります。そうした人に、なぜそう思ったのか尋ねてみると、どこかで「探偵=金持ち」というイメージが定着していたそうです。

しかし、その一方で「探偵=貧乏」というイメージもあります。こちらは、探偵業関連のフィクションの影響が多いでしょう。人情系のストーリー展開が売りの物語だと、探偵がとても庶民的か、もしくはかなりの貧困ぶりが売りになっていたりもしますからね。

実際の所、探偵はお金持ちでも貧乏でもない人が殆どです。大手探偵社の調査員の給与は一般企業となんら変わらない所が多いのです。

 

ただ、やはり経営者となると話は違います。最大手のガルエージェンシーグループの年商は70億円前後と言われています。また、フランチャイズ経営の年商だけでも1億円はあるとのことなので、探偵として企業すればお金持ちになれるチャンスは必ずあります。

つまり、探偵の世界も一般社会と同じく、完全な実力主義ということです。腕のある探偵はお金持ちになり、そうではない探偵は庶民的になり、さらに絶望的な手腕となれば、フィクションに良く見かけるハードボイルドな貧乏探偵になってしまうのです。

 

まとめ

探偵は色々と多くの噂を持たれている職業です。なにせ、探偵が実社会で活躍する姿を見たことがある人は殆どいませんから、都市伝説化してしまう事もあるでしょう。

ただ、そうした時代はすでに過ぎ去ろうとしています。各探偵社は自社の情報を積極的に配信し、探偵業関連のポータルメディアやWEBメディアが登場しつつあります。

そうなれば、探偵の姿は皆さんにとってより身近なものになるでしょう。そのためには私自身も努力し、より業界の進化を加速させられる様に、様々な業界発信に協力して行こうと考えています。