探偵系サイトの情報は信用できないのか?探偵業界の不思議

今や一家に1台以上のパソコンがあり、なおかつ高いスマートフォンの普及率を誇る日本では、何かを探すとなればとうぜんの如くインターネットを利用します。

その傾向は依頼先の探偵事務所を探している人達も同じで、いまや多くの人がネットを通して探偵事務所に依頼しているのが現状です。

ところが、ネット上には虚実様々な情報が錯そうしています。

2016年12月には、大手キュレーションメディアが運営する医療サイトが記事内容に信用度があまりにも低い情報ばかり掲載したため、同社が運営する多数のサイトが閉鎖される事件がおきました。

ネットにあまり慣れていないユーザーは、ネットにある情報についてありのまま受け入れてしまいます。

ネットの情報は裏が取りずらく、知識のないユーザーからすれば、ただ騙されているだけということも多いからです。

   そこで、今回は探偵業界系のアフィリエイトサイトとその信用性、そして、アフィリエイトサイトの情報を上手く活用する方法について考えてみましたので、ぜひご覧ください。

 

アフィリエイトはサイトは信用できないのか?

探偵事務所に関する多くのサイトはアフィリエイトサイト収入によって運営されており、それらのサイトを「アフィリエイトサイト」と呼んでいます。

アフィリエイトとは、サイト上に広告を掲載することにより、サイトを訪れたユーザーが広告をクリックした時に特定の額の報酬がサイト運営者に支払われる仕組みです。

探偵業界の場合、アフィリエイト広告をクリックしただけでは報酬が発生せず、実際に相談に繋がるか、もしくは依頼が成約することにより報酬が支払われることとなります。

このアフィリエイトを利用して、多くのサイトが探偵業に関する情報を発信しています。

ところが、ユーザー、もしくは一部の探偵業者に話を聞けば、アフィリエイトサイトはあまり信用できないと言う意見が返ってくるのです。

 

広告が目的で情報に信ぴょう性がないのでは?

ユーザーからの意見としては、探偵事務所を選ぶ時に、アフィリエイトで運営されるサイトの情報の全てを信用できないという意見もあります。

特に、ネットリテラシーの高い人間ほど、アフィリエイトサイトの情報はうのみにはしません。

サイトの掲載されている情報をうのみにしない理由は、アフィリエイトサイトの多くが、ただ只管に広告主を褒めていることが多いからです。

   しかし、事務所に関する情報はあまりなく、なおかつどのサイトでも似たような勧め方をしている。探偵業界系に関するアフィリエイトサイトは特にこうした傾向が強いです。

そもそも、探偵業界はかなり秘密主義な世界であり、評価をつけようにもつける基準がわからないという事も多く、「とにかくおすすめです!」と言わんばかりの記事を作るしかないというのも現状でしょう。

 

探偵業界ではアフィリエイトサイトの信用度は低い?

一方、ユーザーからだけではなく、探偵業界でもアフィリエイトサイトに載っている情報の信ぴょう性は低いという意見を聞きます。

信ぴょう性が低いと言われる最大の原因は、やはり探偵業に関する知識や情報が圧倒的に少ないからです。

また、他社との比較記事なども、実際にいくつかの探偵事務所を利用した訳でもないので、正確な比較はできません。

とくに「大手だけが絶対に良い!」と書いているようなアフィリエイトサイトは、探偵業界では目の敵にされがちです。

中には、自社のホームページでこのようなサイトの記事に堂々と反論しているような所もあります。

探偵からみれば、ほとんどのアフィリエイトサイトの評価系記事というのはアテにならないものばかりです。

その理由は、やはりサイトを作る側の人間が、ネット上の公式データをもとに、数字や経歴などから判断するしか無いのが原因です。

 

アフィリエイトと探偵業界は密接な関係にある

 

   アフィリエイト系サイトに対して不満を持つユーザーや探偵は多数いるでしょう。しかし、アフィリエイトサイトの全てがそうではありません。

この世界の蓋を開けてみれば、そこには探偵業界との密接な関係が見えてきます。

アフィリエイトに力を入れる探偵事務所が増加している

ここ数年の間に、探偵業界は大手を中心に一気にアフィリエイト広告戦略を打ち出し始めました。

その動きは、他業界に比べれば遅いかもしれませんが、その勢いは今も増しています。

アフィリエイトに探偵が力を入れる理由は、探偵業界は宣伝が命の世界からです。

依頼者は全国に分散しており、なおかつ業界には探偵が溢れている現状では、各々の探偵社同士が日々依頼者を取り合っているのです。

また、探偵業界は大々的なCMや広告戦略を使うことが出来ません。

探偵のテレビCMやラジオCM、タイアップ企画などを見たことはありませんよね?

これは、探偵業は広告業界ではあまり好かれてはおらず、大々的な広告を打つことが出来ないことが原因です。

となると、ユーザーを取り込むためにはアフィリエイトに頼るほかありません。

その結果、以前はアフィリエイト系の探偵サイトをバカにしていた事務所も、いまではアフィリエイトに本腰を入れて、アフィリエータ達に自社をアピールしようと必死だったりします。

 

信用できるアフィリエイトサイトの増加

以前まで、確かに信用できない探偵業系アフィリエイトサイトがとても多く存在しました。

しかし、現在は徐々にですが、探偵業界系でも信用のおけるアフィリエイトサイトが登場しつつあります。

 

探偵が運営に関わるケースが増加

私が知る限り、今ネットで信用が出来る情報を掲載する探偵系アフィリエイトサイトは、本物の探偵が運営に関わっています。

現役の探偵もいれば、元探偵、もしくは探偵業界で働いていた別業種の人間などが運営に携わることにより、サイトにのせる情報の正確さを上げているのです。

また、中には探偵事務所そのものが携わり、アフィリエイト収入を得ているサイトもあります。

こうしたサイトも、探偵業については正確な情報を出しているので、ユーザーにっとっては頼れるサイトだと言えるでしょう。

 

まとめ

 

   以前まで、情報の不確かさによりユーザーにとって信用できなかったアフィリエイト系サイトですが、今では情報の信頼度もあがり、探偵選びに無くてはならない存在となっています。ネットの世界も探偵業界もかつてのままではありません。情報の信ぴょう性は今後もましていくでしょう。