海外専門の探偵社とは?日本国外に進出する探偵業界

かつて、探偵業界は日本国内にのみ留まっていましたが、今やグローバル化の波は同業界の中にも押し寄せています。

また、国外への旅行や出張も特別なものでは無くなりつつあり、海外調査をしてもらおうと考える依頼者の方も増えているでしょう。

でこで、今回は日本国内で海外調査を行っている探偵社と、その特徴について詳しく解説させて頂きます。

海外調査を行う探偵社が増えている理由

海外調査を行う探偵社は近年急増しています。

もともと、海外調査を本格的にやっていたのは、業界でも大手の探偵事務所のみでしたが、ここ数年は大手だけでなく、中小の探偵社であっても海外調査を請け負う所が増えてきています。

アジア圏に支社を持つ探偵社の急増

海外への出張調査が可能な探偵社はありますが、最近では出張調査だけではなく、海外に支社を置いて、海外を拠点に据え始める探偵社も増えています。

拠点となる場所はアジア圏が大半です。特に、タイ、マレーシアなどの探偵業が盛んな地域への進出が目立ちます。

また、ハワイに探偵社を構える会社も出始めている点も注目です。今まで、日本の探偵社が欧米地域に支社を展開した例は殆どありませんでした。それが最近に入って急激に成長しはじめた企業などが各国に進出しはじめているのです。

海外の探偵社と業務提携を結んでいる

探偵業界では老舗探偵社として有名な原一探偵事務所は、昔から海外の探偵事務所と提携しながら海外調査を行ってきました。

これも世界の探偵達と交流のあった業界大手探偵社ならではの仕事ですが、最近では海外にある探偵社に協力を依頼して調査を下請けに出すことも増えているのです。

 

日本の探偵が世界進出しはじめた理由

海外調査を依頼したい人にとって、日本の探偵社がどんどんと海外に進出しているのは有り難いですよね。

しかし、なぜ最近になって探偵社が世界に羽ばたきはじめたのでしょうか?

海外旅行をする日本人が増えてきた

日本人が海外旅行をすることが特別なものでは無くなったのと、探偵の海外進出は決して無関係ではありません。

かつてまで、海外への渡航は楽なものではありませんでした。特に費用の問題が一番大きく、海外旅行はお金持ちしか行けないものだった時代もあります。

しかし現在、海外旅行は学生でも手軽に行けるものになりました。格安航空会社の登場による渡航費用の大幅な値下げや、それにともなう格安ツアーの登場も海外旅行者の急増に拍車を掛けています。

そのため、浮気相手や不倫相手との旅行も国内だけではなく、海外に行くケースが増えてきました。特に渡航後の費用が安くすみ、なおかつ距離が近いアジア圏へ浮気のために向かう人が増えてきているのです。

この様な渡航のしやすさが影響し、探偵業界も図らずして海外進出をする結果となっています。

日本企業の海外進出

日本企業の海外進出にともない、日本人が海外で活躍する機会も増えてきました。

ただ、出向や転勤によって移動した日本人が現地で浮気や不倫をすることは誰にも止められません。

特に日本に妻子を残して海外に出向いてしまった日本人が、現地に愛人を作るケースが多いのです。

こうした調査に対応するためには、日本の探偵社が直接海外に行くよりも、現地の調査員を雇って調査を行ったほうが効率が良いのです。

 

現地の調査員を使った方が、海外調査の成功率は高い

海外に出向く日本人を調査する場合、そのあとを日本人が尾行するのはかなり危険です。

特に日本人とは明らかに容姿が異なるベトナム、マレーシアなどの地域では、日本人が歩いているだけでもかなり目立つものです。

こうした特殊な状況には技術で対応するよりも、日本人ではなく現地人を雇っ調査をすることで、その状況を特殊では無くしてしまえば良いのです。

このためには、日本の探偵社が海外に支社を開いているケースもあれば、海外にある既存の探偵社と業務提携を結んでいるケースも見られます。

どちらにせよ、日本人が海外で調査をするより遥かに安全です。また、外見上の理由だけでなく、現地の地理や文化に明るいなど、現地の調査員を使うことには多くのメリットが存在します。

海外調査を依頼する時の注意点

海外調査を依頼する際には、その探偵社の海外調査に対する姿勢を見るのが一番です。

例えば、一個人事務所でもホームページ上では「海外調査に対応」と宣伝を打つことが可能です。しかし、その探偵社が海外調査の経験があるのかは、依頼者にとって判断が難しい所でしょう。

ですから、出来るだけ海外に支社や業務提携会社を持つ探偵社に依頼するのが一番です。

支社や業務提携会社をチェックするには、各探偵社の公式ホームページを見る必要があります。大抵は会社概要の部分に支社や業務提携を結ぶ会社について詳しく記されています。また、業務提携会社の名前がわかれば、その社名をインターネット上で検索するのも良いでしょう。ホームページは現地語で書かれていますが、ブラウザの翻訳機能を使えば、その会社の情報をある程度は拾うことが出来ます。

海外調査の費用は高い?

国内の調査に比べ、海外調査の費用は割高となっていることが多いです。

海外調査の費用は調査員の交通費(飛行機代)や、現地での宿泊費用も含まれています。そのため、国内の調査よりも10万円以上も値段が上がることもあります。

ただ、これも現地に支社や業務提携会社を持つ探偵社となると話は別です。まず交通費がかかりません。

また、調査の費用も現地での価格が基準となるので、下手をしたら国内の調査に少し費用が上乗せされたレベルで依頼が可能になるかもしれません。

まとめ

この様に、最近では海外での調査の需要が増えてきています。また、その需要に答えるため、大手探偵社を中心に海外に事業を展開している探偵社も増えてきています。

もし海外調査を考えているなら、海外調査の実績の多い探偵社を探しましょう。日本の探偵が海外に出始めたのは最近のことです。

masashi-00[fukidasi color=”black” =”http://mesiopress.com/mp02/wp-content/uploads/2014/04/ojiilogo.png” lr=”l” name= type=”yoko”]
まだまだ実績が不足している探偵社も多いので、出来るだけ経験が豊富で、実際に海外支社を持っていたり、業務提携をして現地の調査員を使える探偵社を選び出しましょう。
[/fukidasi]