緊張感あふれる大調査!テレビ特番からわかる探偵の調査力

探偵の業務内容を手っ取り早く知る方法がテレビです。
そこに登場するのは、全国でも有名な大手事務所です。

数多くの実績があり、プロとしての調査力をもっています。
探偵を知るきっかけとして、テレビで活躍する姿に迫ってみましょう。

 

警察だけでは難しい詐欺の解決!

浮気調査とともに探偵の業務の柱となっているのがお金のトラブル解決調査です。
テレビでは詐欺事件として扱い、探偵が調査のメスを入れます。
よく目にするのは結婚詐欺ですが、その他にも、投資詐欺や融資によるトラブルがあります。

しかし、詐欺として扱うためには「詐欺」であることを証明する必要があります。
これを警察だけの力で解決することが難しいため探偵が登場するのです。

 

探偵ドキュメントにみる詐欺の注意ポイント!

○○のオーナーになるために○○会社にお金を支払って物件を持ちませんか?
こうした勧誘を受けて、将来的に利益が得られると思い、大きな金額を支払ったとします。

テレビで紹介されるケースでは、支払いが済んだのちに会社もろとも消えてなくなるというパターンです。

消えてしまった相手を個人の力で探し出すのは難しいでしょう。
探偵はこうしたトラブルに対応するため、依頼者からあらゆる情報提供を受け調査を始めます。

 

これは詐欺!?疑ったら探偵に相談!

探偵社は詐欺事件の行為者のパターンを知っています。
企業を装った組織的なもの、結婚詐欺のような個人的なもの、それらに共通する詐欺師のウソが見えるのです。

依頼者は詐欺師の対応に疑問を持つものの、イマイチ詐欺とは気づかないことがあります。
テレビでは音声を変えて次のような依頼者の会話が流れます。

「最初、その担当者に会ったときはすごく丁寧に説明してくれて。」
「お金を払って物件の書類を渡されたんですけど、そこからちょっと態度がおかしくなりました。」
「物件を見ようとすると忙しいとか言って急に連絡がつかなくなって。」
「心配だから頻繁に連絡すると急に怒りだすんです。」

この言動の裏に隠される詐欺師の手口は、以下のように考えられます。

・最初は丁寧で感じのよい会社員というイメージを与える
・緻密な書類や情報を提供して真実であると信じさせる
・一定の人間関係を築く
・支払いの対象物を確認しようとすると消える
・支払いの対象物を確認しようとすると怒りだす
・急に優しくなるがお金の話になると激高する

テレビで活躍する探偵は調査ノウハウから、こうした詐欺師の言動を見て、依頼者から相談を受けた段階で、これは詐欺の可能性がある!と判断します。

ただ、依頼者は「一定の信頼関係が築かれている状態」なため、騙されたという確信が持てないのです。
まずはその精神状態を元に戻しながら、詐欺かどうかの事実を調べていきます。
もしかしたら?と思った場合は、探偵社に相談することで視野が広がるでしょう。

テレビで取り上げられる事案などは、親族や友人など、周りに言いづらい状況が多いのです。
そこで一人で悩んでしまい、事案が長期化してお金だけが減っていくという可能性もあります。
トラブルを防ぐ、早期解決するといった意味で、探偵は大きな力になるはずです。

 

探偵の追跡調査で事実が明るみに!

詐欺事件などは人口の多い首都圏での発生が多く、大掛かりな調査になると、やはりプロの調査力が必要になってきます。
大きな金額が動くことが多く、相手が組織的であれば調査をする側も組織で対応しなければなりませんので、特番で登場するのは、全国的にも有名な大手探偵事務所です。

探偵事務所の80%は個人事務所ですが、残り20%の法人や大手が大きい事案に対応できるのです。
そこで十分なパワーを発揮するのがネットワークといえます。
大手探偵事務所は全国各地に営業所を持っているため、ネットワークと人脈、情報力を駆使して、消えた詐欺師を追い詰めていくのです。

実際の追跡はこれだけの調査をする!やはり探偵は調査のプロ!

事件のケースにもよりますが、相手が行方をくらませてしまった場合を見てみましょう。
お金を払ったとたんに消えてしまった場合は、残された手がかりから追跡するしかありません。
ここは各探偵社の調査ノウハウが異なるため、調査の仕方に違いが出るでしょう。

詐欺事件となれば、相手は最初から騙すつもりで依頼者と接触をはかりますので、探偵は追跡調査ですべての情報をしらみ潰しに調べあげていきます。

①詐欺師と関わったすべての情報を提供する
②メールや電話の内容まで残っている履歴を提示する
③受け取った書類や写真を揃えておく
④記憶に残っている会話などを整理する

依頼者から提供される情報の中にも、真実の情報にたどり着くためのヒントが隠されていることがあるはずです。

たった一つの手がかりを見つけ、点と点をつなぎ合わせてターゲットに迫っていきます。
テレビに登場するプロは独自の調査ノウハウでターゲットを絞り込みます。
そこからが調査の本筋となり、チーム一丸となって証拠をとっていくのです。
まさに執念の勝負といえるでしょう。

相手の生活パターンは様々です。
夜に動くこともあれば、長時間、長期間どこかへ居続けることもあります。
ある施設に入れば、そこへ潜入して会話などを録ります。
冬場であっても、相手が出てくるまで張り込みを実施することもあるでしょう。

そこに費やされる人員や時間、機材は探偵ならではのものです。
これが探偵の調査力となって、結果に結びついていくのです。

 

投入される資機材とスタッフのパワーが魅力!

・車両5台
・調査人員10名
・カメラ10台
・無線機10台
・その他の機材

これは調査に使用する機材の一例で、そこに10人の調査員が投入されたとします。
テレビでも紹介されるように、車での追跡は決して1台で行うわけではありません。

詐欺師は常に警察の調査対象になっていないかなどを警戒しています。
探偵はその警戒心に触れないよう、細心の注意を払って相手を調べるのです。
お金を受け取ってそのまま転居してしまう例もあるでしょう。
全国を転々として、同じようなことを繰り返す詐欺師も存在します。
こうした生活パターンを押さえるためには、調べる側も相応の調査方法をとる必要があるのです。
テレビで活躍する探偵は、機材などに加えてそれを扱うテクニックを持っています。
調査ノウハウを駆使して、証拠を掴んでいくのです。

追跡するシーンなどは、まさに調査現場のリアルな光景が垣間見えます。
相手の視線を気にしながら、バレないように撮影や記録を行う、緊張の連続です。

テレビ番組では弁護士と探偵、依頼者が詐欺師と対面するシーンがドキュメントの佳境ですが、その前にも探偵による、緊張感あふれる調査が行われているのです。

 

あきれた詐欺師の生活実態を調査!

詐欺事件を立証するには、意図的に騙したことを確認しなければなりません。
詐欺師はお金をとって満足している状態ですが、警察、弁護士、探偵がその姿をキッチリとらえています。
探偵の追跡調査でわかる詐欺師の生活実態は実に呆れたものです。

 

・昼はギャンブル
・夜は飲食店で豪遊
・新車を購入していた
・豪華なマンションに住んでいた
・資金繰りに困る様子はなし
・反省したり後ろめたさを感じる様子もなし
・もちろん会社員ではない

生活を追っていくと、まるで楽しい人生を謳歌しているような会話をしていることがわかってきます。
そこからお金を返済する意思もないことがわかり、こうした言動をすべて調査することで、詐欺であったことが確定するのです。

 

詐欺事件を取り扱ったテレビ番組が増えています!

テレビ特番のドキュメントでは弁護士や探偵が活躍しますので、これを見て探偵に興味を持たれる方もいるかもしれません。
事件解決は調査業の醍醐味でもあるでしょう。
そんな中、現在はテレビ特番が定期的に組まれるほど、詐欺事件が社会問題になっているのです。

・ゴールデンタイムに定期的に放送される事件ドキュメント
・昼の情報番組で一部特集される事件ドキュメント
・レギュラー番組の特集で定期的に放送される事件ドキュメント
・ワイドショーの一部特集で取り上げられる事件ドキュメント

こうして見ると、ほぼ毎日テレビの中で詐欺事件が扱われているように思えてきます。
そこには事件の概要とともにコメンテーター弁護士の存在があります。
同時に、調査をする現場スタッフとして探偵が登場しています。

この背景には、近年増加の一途をたどる特殊詐欺の存在があるからです。
2017年の警察による統計を見てみましょう。

警察が認知した振り込め詐欺などの特殊詐欺は18,200件です。
前年と比較して28.6%の増加となっています。
被害総額は390億3,000万円と、依然として被害額は大きいのが現状です。
ピークの2014年よりは減少しているとはいえ、10年前の2007年の15,000件と比較すると事件は大きく増加しています。

警察がこれだけの事件を一手に担うのは現実的に厳しいでしょう。
まして、個人的な結婚詐欺なども含めると、被害にあった方は一体どうすればよいかわからなくなります。

テレビで特集される詐欺事件は、弁護士や探偵のドキュメント性を映したものです。
しかし、一方ではそれだけ民間の調査機関に頼らないと解決が間に合わないという世相を映しているのです。

探偵という職業が現代において大きなニーズを求められていることがわかるでしょう。
ちょっとダークなイメージだし、依頼は心配という方もいるかもしれません。
普段は接点のない探偵ですが、現在は社会の中で事件解決という大きな役割を果たしているのです。

 

まとめ

現在では振り込め詐欺などの特殊詐欺の増加も相まって、こうしたトラブルの解決策が叫ばれています。
警察だけではこれだけの案件を処理しきるのは難しいのが現状です。

そこで民間の力が必要になり、弁護士や探偵へのニーズが高まっているのです。
テレビ番組で見る探偵の調査力は、民間ならではのスピードといえるでしょう。
詐欺師の行動が次々と明るみになり、事件を解決に導いていきます。

大手探偵社が持つ調査ノウハウによって、依頼者が抱えたトラブルに対応できるのです。
探偵がプロの調査力を持っていることがわかります
探偵は現代社会ではなくてはならない存在なのです。