一体何が問題なのか?工作行為を行う探偵問題

探偵業の適正化に関する法律が施行されてからはや数年。

この法律によって、依頼者の方々にとって、より健全で利用しやすい探偵業界が出来あがりつつあります。

しかし、それでも未だに問題があると指摘されたり、依頼者との間にトラブルが絶えない探偵社があります。この様な状態では、業界全体のイメージダウンに繋がってしまいますし、真面目に探偵業を行っている人達からすれば迷惑な話でしかありません。

その中でも、最近ニュースや各メディアで取り上げられている別れさせ屋、復縁屋、工作やとよばれる業者は『探偵社』として紹介される事もあり、業界からはも「一緒にしてほしくない!」という声も大きく上がっています。

問題が多すぎる『工作探偵』とは?

今探偵業界で最も問題視されているのが、“工作”と呼ばれる行為を主業務、もしくは業務の一部として取り入れている探偵社の存在です。

工作とは、調査員が身分を偽って対象者と接触し、依頼内容にそった形で対象者を誘導、もしくは警告や嫌がらせ行為を指します。

現在、工作を行う探偵社は大変少なく、そもそも探偵業を名乗っていない所も多いですが、工作を行う会社が探偵業の届出を出しており、探偵社と誤解される。または実際には探偵業務を行ってないにも関わらず、探偵業の届出を出す事で探偵と名乗って居るケースがあります。

 

工作にはどんな種類がある?

一口に工作と言っても、その内容は様々で、中には大変危険な違法行為を行う所もあります。

 

恋愛関係

恋愛関係に関わる工作は、工作行為を行う探偵社の主な業務内容となります。

例えば、別れさせ工作では、対象者が好みそうなタイプの調査員を対象者と接触させ、性的な誘いを掛けます。

その後誘いに相手が乗り、対象者が調査員に好意を持ち始めたタイミングで、依頼者が対象者に別れを切りだすのが基本となっています。

また、その他にも復縁工作と呼ばれる工作も一部の人々に一定のニーズがあります。

復縁工作の主な方法は、まずは調査員が対象者と接触し親密度を深め、依頼者に好意が行くよう様々な方法を使って誘導するというものです。

この問題の事情に通じていない方でも、恐らく『別れさせ屋』や『復縁屋』といった言葉を聞いた事があるかもしれません。

 

復讐、嫌がらせ工作

工作行為を行う探偵社の中で最も悪質と言われているのが、復讐や嫌がらせなどの工作をおこなう会社です。

これらの業者の多くは探偵業の届出を行っているだけで、実際には探偵業務は一切行っていないばかりか、実際の工作業務も行っていない詐欺グループである事が多いです。

しかし、業者の中には本当に嫌がらせ行為を行ったり、詐欺行為を行うなどして、依頼者ともども逮捕される人間も居るのです。

 

問題は成功率?

復讐工作などの明らかな犯罪行為を行う業者は論外としても、復縁や別れさせ工作を行う探偵社にも問題が存在します。

その問題とは、工作の成功率だと言われています。

最近復縁工作を行っている会社では、成功率について明確に記載することはありませんが、以前までは「80%の成功率!」などといった広告がなされていた事がりました。

しかし、実際には成功率はそれほど高くないという一部の意見もあり、過去には契約時に成功率について謝った説明をしたため、40万円の損害賠償請求が命じられた事もありました。

その損害賠償請求移行、復縁や別れさせ工作を行う業者は成功率についての記載を止め、契約時にもリスクについて説明する所が増え、成功報酬制度を導入するなどしてトラブルを減らす努力をしていますが、それでも着手金は必ず発生するので、不満を募らせる依頼者が多いのが問題でしょう。

 

探偵会社ではない?

復縁工作や別れさせ屋はかつて探偵業者を名乗っていましたが、現在は業界内での排除の動きにともない、探偵業者を名乗ることを止めています。

しかし、復縁工作においても素行調査は欠かせないもの。ターゲットの行動範囲や交友関係、勤務先などを調べなければ、工作の計画も立ちません。

そのため、工作業務を行う業者は探偵業の届出を行っている所も多いため、一般の人から見れば「探偵と何が違うの?」と首をかしげてしまう人もいます。

 

しかし、探偵会社と工作会社は法律の観点から見てもはっきりと違う部分があります。

探偵業の場合、探偵業法において「依頼を受け、特定の人物に関する情報を手に居れ、金銭と引き換えに依頼者に渡す業務」を探偵業と認めています。

工作は探偵業法においては業務の範囲外。そこからはすでに探偵の領域では無く、業法においても定められていない仕事なのです。

 

工作行為はそれでも必要なのか?

この様に、そもそも工作会社は探偵社ではありませんし、業務に問題があるのは事実です。

しかし、探偵業もまったく問題が無い訳ではありません。情報の入手方法についての問題は常に解決し続け、法を守らなくては、あっという間に悪質業者と呼ばれてしまいます。

そして、結局の所、依頼者が求めているのは、悪徳探偵社ではなく、本当に信頼が出来、高額の依頼料を支払った分だけの結果を出してくれる真のプロフェッショナルでしょう。

ただ、本当に良い探偵社を探すのは難しいですし、それは業界で真面目にやっている探偵たちに聞いてもなかなか解りません。(皆さん、どこも自分が一番と言いますから)

また、工作行為を探偵業者の一部であるかのように書く一部のメディアも問題かもしれませんが、それも施錠や一般論を反映したものだと考えれば、やはり工作会社側が誤解を招かないように努力する必要があるかもしれません。

 

良い探偵社を探すために

この様に、工作行為を行う一部の業者がある事を知るのは、より優れた探偵社を探すのに役に立ちます。

また、依頼者がミスを犯さないためにも、探偵業界内外にある怪しい業者についての情報を手に入れる必要もあるでしょう。

ただ、本当に良い探偵社はどこなのか?依頼者のニーズに応えられるサービスはあるのか?

といった、声に応えるためには、悪質な業者にばかり目を向けるのではなく、本当に良いサービスを提供してくれる探偵社を知ろうとする姿勢も大切でしょう。