探偵に依頼するなら近所がお勧め?地元探偵社の意外な利点

探偵社に頼むとなると、誰でもまず考えるのは大手探偵社ですよね。実際に、私が依頼者になった場合にも、まずは大手探偵社に相談することを検討します。

しかし、実は多くの依頼者にとっての選択肢は大手探偵社だけではありません。実際には、私達の住む地域の近くには多くの探偵社があります。

ただ、それらの探偵社は目立たないだけで、実際には地元の依頼者にとってもメリットが大きいのです。

そこで、今回は近所にある小さな探偵社がどれだけ優れているのか、元探偵の目線から詳しくご紹介させて頂きます。

多くの探偵は中小企業か個人経営

現在、日本には約5000の探偵社があります。他業界に比べればその数はとても少ないものです。

その中でも大手探偵社といわれる業者は10社にも満ちません。

つまり、5000ある探偵社殆どは中小、もしくは個人経営の探偵事務所なのです。

これだけ多くの選択肢があるなかで、大手ただけを選ぶのは依頼者にとってもデメリットが大きいと言わざるを得ないでしょう。

 

土地勘がある

中小探偵社の最大の利点は、ほかの探偵社より土地勘に優れている点です。

浮気調査における土地勘とはとても強力な武器になります。

例えば尾行の最中、周囲の道路の交通状況の変化が読めなければ、調査対象者を見逃す可能性が大きくなってしまいます。

しかし、周囲の交通変化があらかじめわかっていれば、調査対象者との距離を的確に保ち、場合によってはルートをはずれ、裏道を使って先回りをすることも可能です。

また、立ち寄り場所に関する知識があるのも重要です。店に入った場合、その後必ず出入り口の数を数えたり、店内の状況を確認しなければなりません。しかし、もしも土地勘があるなら、対象者が入る店に出入りした経験のある調査員も多く、リスクを冒して店の中に入り、店内の構造を確認する必要もありません。

 

地元の人間に顔が利く

地元の人間に対して顔が利くことは、浮気調査においてはデメリットになると考える人も多いでしょう。

しかし、実際には顔が知られていることはそれほど問題にはなりません。問題なのは、相手が自分の顔を知っているかどうかでしかなく、もしも顔見知りなら、浮気調査を断ってくるはずです。

それにもましてメリットとなるのは、顔見知りが多いことで、情報網が協力になることです。

 

浮気調査では直接尾行や張り込みを使って調査をすることも可能ですが、さらに顔見知りからの情報提供によって調査を進めることが出来ます。

その場合は、通常の調査では手に入らないような情報まで手に入ることもあり、驚くほど調査を進めることが出来ます。

地元に根付いた協力な情報網は、浮気調査だけでなく、他の調査でも有効活用できるばかりか、かなり強力な効果が発揮されます。

 

依頼者の要望に良く答えてくれる

地元の探偵社は、大手探偵社とは違い経営規模がとても小さいものです。支社も少ないか、もしくは存在せず、中には社長兼従業員の個人事業主もたくさんいます。

そうした探偵社は組織が小さい分、依頼者への対応もマニュアル化しにくい特徴があります。そのため、依頼者からの要望にも応えやすく、柔軟な対応が期待できます。

 

例えば料金についても、値下げ交渉が楽なのは個人の探偵社です。大手の場合、相談員個人が経営についてそれほど責任をもっていないので、値下げ交渉も楽ではありません。

しかし、会社の経営者が直接値段の交渉をする場合、値段設定も自分の任意で出来るため、交渉の幅も大きく広がります。

こうした中小の欠点とも思える部分も、依頼者にとっては多きなメリットとなることがあります。値段交渉の際には、別の探偵社からの見積もりなども見せると良いでしょう。

 

地元の探偵社を見つけるには?

地元の探偵社を見つけるのは意外と難しいものです。

インターネット上では、地域名と探偵社の名前を入れても、出てくるのは大手探偵社の支社が殆どです。

しかし、きちんと探せば家の近くにある探偵社が必ず見つかるはずです。

 

会社の事業所を見る

探偵社の住所は必ずホームページに記載されています。

そこで、住所をさらに絞り込んで検索してみましょう。

その中から出てきた探偵社の事業所を良く確認すれば、それが地元の探偵社かどうなのか知ることが出来るはずです。

 

ポスティングのビラをみる

最近はその量も減ってきましたが、昔から探偵社はビラを配ることによって宣伝を行ってきました。また、ポスティングの場所は会社の付近が最も多いのが通例です。

ただ、最近は大手探偵社を中心にポスティング戦略を捨てはじめています。インターネットを使った宣伝戦略がメインとなっているので、コストのかかるビラ配りにはあまり食指が伸びていません。

 

ですが、中小の探偵社は未だにポスティングを行っています。狙いは、大金をかけてSEO戦略を取る大手探偵社から零れ落ちる顧客を集めるためです。

もしもポストに探偵社からのビラが入っていれば、それは地元探偵社からのものかもしれません。トラブルが身近に潜んでいるとしたら、そのビラから電話をかけて相談してみるのも良いでしょう。

 

看板を見る

地元の探偵社に相談する人の多くは、実はビルなどにある探偵社の看板を見て相談をしています。

探偵社というのは、世間ではあまり馴染みのない仕事です。だからこそ、依頼をする人も慎重になるもの。ネットやビラなどで知った探偵社には頼みたがらない人もいます。

しかし、普段から看板を見ている探偵社なら、他の探偵社よりも信用できるでしょう。経営している年数や、実際に事務所があることも確認できます。また、料金などの詐欺がある可能性も低いことが考えれます。

 

まとめ

これから浮気調査を依頼するなら、大手探偵社だけでなく、近くにある地元探偵社も検討してみてください。

小さな探偵社であってもベテランが揃っていたり、元大手探偵社出身の力のある経営者も存在します。

また、料金の交渉などにも応じてくれるかもしれません。近くにある信頼のできる探偵社なら信用もしやすく、直接相談をすることも簡単んです。無料相談を使って、自分の依頼内容にもっともあった探偵社を探し出しましょう。