信用できるの?依頼してはいけない探偵事務所とは

探偵事務所を選ぶのは簡単ではありません。

探偵事務所を推し量るうえでの材料があまりにも少ないのも問題ですが、やはり高額の依頼費用がかかることから、依頼者は必要以上に慎重になるのもわかります。

   そこで、今回は『信用』を第一に探偵事務所を選ぶ方法について詳しく説明させて頂きます。怪しい探偵事務所に頼みたくないという人はぜひ参考にしてください。

会社の詳細な情報が載っていない

 

   会社の詳細な情報が無い探偵社はかなり危険です。

探偵としてのノウハウが無いのならまだ良いのですが、
悪質な詐欺業者である可能性もあり、十分気を付けなくてはなりません。

 

会社の住所が記されていない

会社所在地が明らかにされていないなら、その探偵事務所は実在するか怪しいです。

また、住所はあっても詳しい記載がない(部屋番号など)が無い場合も、やはり事務所が所在するか怪しいです。

探偵事務所に住所を正確に記さないものの、中には仕事は真面目にやっている探偵もいます。

彼らが住所を明かしたがらない理由は、かなり手狭な自宅を事務所にしているか、もしくは探偵業を営んでいることを周囲に隠しているかのどちらかです。

もしも面談の時、頑なに事務所での相談を断るような場合は気を付けなくてはなりません。

もしも相手が前述のような、ただ事務所を見せたくないだけの人なら良いですが、詐欺業者が探偵を偽っている時には、絶対に面談先を外部に設定します。

せめて事務所があるかどうかだけでも確かめておきましょう。

 

電話番号が記されていない

ネットでみた広告やホームページ、名詞などに一切電話番号が記されていない場合にも注意が必要です。

電話番号を出さない探偵は絶対にいません。

事務所があまりにも生活感に溢れすぎていたり、周囲にバレたくないので所在地を明らかにはしたがらない探偵はいても、彼らでも必ず専用の回線を引いており、その電話番号を公開しています。

また、連絡先に携帯電話番号だけを記載しているケースも怪しいです。

可能性としては、使い捨てが可能なプリベイド携帯電話を使う詐欺グループである可能性がもっとも怪しいからです。

他にも、携帯電話番号だけの場合には、探偵をアルバイトや副業としてやっており、それほどしっかりとした仕事が望めない場合も考えられます。

依頼をする時には十分気を付けましょう。

 

本社付近に支店が多すぎる

 

一般の方にはまず見分けがつかないものの、探偵業界では知られている怪しい会社の見分けかたとして「本社付近にあまりにも支店数が多い探偵事務所」というものがあります。

通常、大手探偵事務所が支店を作る場合、各都道府県に一件づつ作り、本社がある都道府県には、離れている地域にのみ支店を作る程度です。

ところが、かなり悪質な会社となると、本社のある地域に、なぜか大量の支店が存在することがあります。

これは、本社がある地域こそ、探偵社が最も動きやすい地域であるため、その地域の依頼者をより多く獲得しようと、多数の架空の支店を作り上げているのです。

このような方法で支店を多数つくるやり方は、探偵業法の制定と共に廃れていきましたが(届け出制度になり、架空の支店を作ることが出来なくなった)似たような方法で、架空の窓口を作っている探偵社は未だにあります。

架空の支店を作ることは、届け出さえ行っていれば違法性があるとはいえません。
しかし、依頼者からすると、支店が多数あるように錯覚させるのは良いことではありません。
トラブルを多く抱えている可能性があるで、出来るだけ避けたほうが良いでしょう。

 

まぎらわしい社名

 

探偵事務所の中には、一目見て探偵事務所と分らない、まったく別の業種のものの様に映る会社があります。

最も多いのは、まるで警察や類似する治安維持組織のような名前になっている会社です。

探偵事務所の名前をわざわざ公的機関に似せて作る目的は、依頼者からの信用を勝ち取りたいと急ぐせいでしょう。

結果を急ぐようなせっかちな人が多く、地道な調査はあまり期待できないと言われています。

 

調査報告書のサンプルがない

調査報告書のサンプルがない探偵事務所は、もはや依頼する意味は無いと思ってください。

調査報告書とは、探偵の世界では「依頼者に渡せる唯一の商品」です。

報告書の精度はもちろんのこと、レイアウトから紙質、装丁の方法にも各社のこだわりが出ており、依頼者に一目見て満足してもらえる工夫を凝らしています。

探偵事務所にとって、これだけ重要な書類のサンプルが無いとなれば、その探偵社は報告書の価値を殆ど理解していないことになります。

このようなことは、探偵業界ではまずありえないため、サンプルが無い事務所は、そのまま違法性のある偽の探偵事務所である可能性があると思ってもらって良いでしょう。

 

ホームページに記載が無い場合には

ホームページに報告書のサンプルに関する記載がなければ、電話やメールなどで直接サンプルをもらえないか交渉してみましょう。

この時、サンプルを出すことが出来ないとなれば、依頼を辞めておくのが無難です。

いくら料金が安かろうとも、使えない報告書が届られたり、詐欺にあうよりはましだからです。

 

違法性の高い調査を進めていないか

調査を依頼したあと、相手側から違法性の高い調査を進められたなら、速攻関係を断ってください。

でなければ、依頼者もろとも訴えらえたり、書類送検、下手をすれば逮捕すらされる恐れがあります。

探偵を名乗る悪質な業者は、いまだに影で違法調査によって利益を得ています。

違法な調査の方法としては、盗聴器を使った調査や、浮気相手への恐喝、金銭の要求などが該当します。

これらの違法な手法は、探偵事務所の質にかかわらず、そもそも探偵なら絶対に行いません。

探偵業界は法律を守ってこその業務であり、違法調査に手を染める人間は、もともと探偵業の届け出を行っていなかたり、探偵業法違反で業界から追放されているケースが目立ちます。

しかし、依頼者の中にはあまりに精神状態が興奮していたり、不安定なため、冷静な判断を失って違法な調査を承認、もしくは依頼してしまうことがあります。

こうなると、調査を行った事務所に警察の手が入った時、依頼者も同時に何らかの容疑に掛けられる恐れがあります。

 

探偵事務所選びは「信用」を一番に

 

探偵事務所を選ぶ方法は一つではありません。

料金面や、調査力を推し量る方法、アフターケアや、依頼者への対応など、見るべきポイントは沢山あります。

しかし、やはり一番に大切にしてもらいたいのは、探偵事務所の信用度です。

探偵という仕事は誤解を受けやすく、社会的にも怪しまれることの多い仕事です。

だからこそ、真面目に努力をしている探偵ほど信用を大切にしています。

   そんな探偵に依頼してこそ、依頼者にはリスクが少なく、誠実な調査が望めるはず。依頼者自信も結果を急がず、危険な損得勘定に流されず、まずは冷静になり、本当に信用できる探偵事務所を探すように心がけてください。