浮気調査体験も可能?探偵業界に広がる「動向調査」の可能性とは?

探偵への調査依頼を躊躇う理由の一つに「本当に調査をやってくれているのか不安になる」というものがあります。

もともと浮気調査の現場には、どんな探偵社でも探偵しか出入りが出来ませんでした。

時折、相談員などが出入りすることもありましたが、依頼者は基本的に現場に呼ぶことはありません。仕事を行う上では必要なことであっても、依頼者にとってはストレスが溜まる人も多いでしょう。

そんな現状を打破するかのごとく、最近では依頼者を調査の現場に同行させる「同行調査」を行う会社が増えてきました。

同行調査とは?

同行調査とは、依頼者を調査員(探偵)に同行させながら調査を行う方法です。

同行調査を実際に行っている探偵社はまだ数社しか存在しませんが、依頼者からも好評とのことで次第にニーズが広がりつつあるようです。

 

なぜ依頼者は現場に呼ばれない?

探偵は、なにも意地悪をするつもりで依頼者を夜這いわけではありません。もともと高額の調査料金を頂いているのですから、現場を見学したいという依頼者からの要望が強ければ、状況に応じて申し出に答えることもあります。

しかし、基本的には依頼者は現場に来ることができません。もし来てしまうと、探偵の仕事に様々なデメリットが生まれ、結果的には依頼者がおおきな損をするからです。

依頼者が現場に呼ばれない理由は主に3つあります。

 

調査が発覚しやすくなる

依頼者が現場に来て一番困るのが、調査対象者に依頼者が見つかってしまい、調査そのものが発覚してしまうことです。

浮気調査における対象者と依頼者の関係は、夫婦、または恋人になります。となれば、当然の対象者は依頼者の顔を知っているので、顔を見られたらすぐに調査に気が付かれてしまうのです。

また、普段から良く見知った人間は、簡単な変装をした位ではすぐに見抜かれてしまいます。サングラスをかけたり、帽子を深くかぶり、普段とは違う服装をした程度では、遠くからでもシルエットだけで本人と気が付かれる可能性があります。

 

調査が行いにくくなる

依頼者は調査のプロではありません。だからこそ調査費用を払って調査のプロである探偵に調査を依頼しているのですから当然ですよね。

だからこそ、現場では時として依頼者が調査の妨げとなることがあります。

依頼者には申し訳ないのですが、調査にあまり口出しをされると、現場のリズムが大きく狂ってしまい、結果的に調査が失敗に終わることもありえます。

 

浮気現場に乗り込まれる

現場に依頼者がやってきた場合、調査員が一番警戒するのが、不貞行為の証拠が完全に取れていない間に浮気現場に乗り込まれてしまうことです。

もし浮気現場に乗り込むとしても、最悪、不貞行為の証拠がきちんと取れてからなら問題はありません。しかし、浮気相手と接触した段階でその場に乗り込んでしまったら、せっかく得られたはずの証拠をみすみす手放さなくてはなりません。

こうした現象は、依頼者が対象者に対する愛情が強いからこそ起こってしまいます。ですが、感情的になりすぎるがあまり調査を失敗に終わらせてしまうのは、費用を払う側としては大きな損失になるでしょう。

 

同行調査は探偵社の努力によって可能に

前述のように、同行調査を行うためには、現場で起こりえる様々なトラブルを未然に防ぐ必要があります。単純に依頼者を現場に連れていくだけではダメなんです。

 

依頼者の姿を隠す

依頼者を調査に同行してもらうには、現場では対象者に絶対に依頼者の姿を見られないようにしなければなりません。

そのため、依頼者は基本的に調査車両の中に待機しながら現場の動向を見守る形になります。

調査車両は会社によってさまざまな種類がありますが、同行に適しているのは大型のワンボックスとなるでしょう。車の窓にはミラー加工、もしくはスモーク加工が施されているので、社外からは室内を見ることが出来ません。

依頼者はこの後部座席に座り、調査の動向を見守ることになるでしょう。調査の状況は無線機から入ってくる声や、担当の調査員からの説明を受けながら知ることになります。

 

調査を行う前の説明

依頼者が感情的になり、浮気現場に乗り込むことを避けるためには、探偵社側が同行の前に、依頼者にきちんと重要事項を説明し、同行調査のリスクを説明しなければなりません。

もし万が一依頼者の行動によって調査が失敗した場合には、調査料金の返還をしないという契約も交わすでしょう。

こうした手続きは面倒に思われますが、探偵社と依頼者の間で信頼関係を築くためにはどうでしても必要になります。

もともと、依頼者を現場に同行させて調査を行うという試みがまだまだ実験的であるため、探偵社側も慎重にならざるえお得ないことも多いのです。

 

同行調査中に注意したいこと

探偵社の調査車両に乗り込み、いざ同行調査がはじまったら、依頼者はいくつかのことに注意を働かせなければなりません。

 

調査に参加しない

探偵の世界はとてもスリリングなものです。

特に尾行は、一般世界を送っている人なら刺激があまりにも強すぎてしまい、かなり興奮する人もいます。

しかし、興奮のあまり調査に参加しようと色々と自ら動くのは止めておきましょう。調査の現場はシビアなもので、一回のミスも許されません。

アトラクションとしての同行調査の楽しみ方もありますが、もしも失敗したら取返しがつかないので、調査の邪魔だけはしないようにしてください。

 

調査の内容を実況中継

探偵社に同行調査をしている最中、他の人との連絡はなるべく控えてください。特に対象者と共通の友人と連絡を取り合ってしまうと、情報が対象者にまで漏れてしまう可能性があります。

また、SNSなどを使って現状をインターネット上に拡散するのも厳禁です。対象者がいつ貴方のSNSを見ているとも限りません、調査に同行している最中は秘密保持を厳守してください。

 

まとめ

同行調査は依頼者にとってもメリットが大きいサービスです。

本当に探偵社が調査をしてくれているのか確認できるばかりか、探偵がどんな仕事をしているのか、その世界を見ることが出来る貴重な時間でもあります。

探偵の仕事に興味があるのなら、依頼の際にはぜひ一度同行サービスを活用してみてください。