浮気調査の裏話!不貞行為の証拠はどこまで集めれば良いのか?

探偵社への依頼を考えてインターネットを使って情報収集をしている皆さんは、恐らく様々なサイトで「不貞行為」という言葉を目にしているでしょう。

不貞行為は、配偶者以外の異性との性行為を指す言葉であり、「浮気」や「不倫」とほぼ同じ意味を持っています。また、この行為があったことを証明しなければ、離婚請求が出来ない可能性があるので、浮気調査を行う時は不貞行為の証拠を必ず手に入れなければなりません。

ただ、『不貞行為の証拠を取りたい!』とは言っても、不貞行為と認められるには具体的にどんな証拠が必要なのか、普通の人にはまったく解りません。

そこで、離婚問題でお世話になる事の多い探偵社に相談してみると、各社それぞれ必要な証拠として別々の意見を出してくる事があります。

 

「え!なんでこんなに差があるの?」

と、首をひねってしまうならまだ良いというもの。もしもこの問題をおろそかにしたら、リテラシーの無さに付け込まれ、依頼料金を多めに取られてしまう可能性もあります。

その様な自体に陥らないために、今回は不貞行為の曖昧さと同時に、費用を削減するための方法について詳しく解説させて頂きます。

 

不貞行為は曖昧?

不貞行為とは、民法770条に定められた「離婚請求が可能となり理由」となっていますが、それは夫婦には互いに貞操を守る義務(貞操義務)があると考えてられるため。貞操義務をどちらか一方、もしくは両方が破れば夫婦関係の継続は難しくなります。

また、不貞行為を立証することは、慰謝料請求を行うためにも必ず必要であり、不貞行為を働いた回数や期間、年数によって慰謝料の金額が変化します。

そして、不貞行為の証拠といえば、一般的にはラブホテルの出入りであったり、浮気相手の自宅へのお泊りなどを撮影した映像証拠になるのですが、この証拠を一度だけ手に入れても、不貞行為として立証し、離婚請求や慰謝料請求を行う事は難しいと言われています。

実は、不貞行為に関する明確な定義は存在しておらず、不貞行為が何であり、立証するために具体的にどんな証拠が必要になるかは、全て過去の判例を元にしています。

しかし、時折過去の判例を覆すような判決が登場したり、裁判の状況が変化すると、そのつど不貞行為を立証するために必要な条件が変わるため、法律の専門家である弁護士同士でも見解が異なる場合があるのです。

 

不貞行為は同じ相手と2回以上の性交渉を立証しなくてはならない?

不貞行為を立証するためには、浮気相手との間に少なくとも2回以上の性的交渉が必要であると考えている弁護士、探偵は非常に多いです。

なぜなら、1度切りの性行為であれば、勢いに任せた、ただの過ちである可能性が高く、夫婦関係の修復は可能であると考えられているから。過去の判例において不貞行為が認められたケースのほぼすべてが「同一の相手」と「複数回の性交渉」があるものばかりです。

 

こうした判例を元に裁判は進められるため、やはり同一の相手と複数の性行為があることを立証しなければ、不貞行為として認められない場合が多いのです。

ただ、多くの依頼者の方は、ここで一つの疑問が浮かび上がってくるでしょう。

 

浮気調査も2回以上行わなくてはならないのか?

前述の通り、不貞行為を証明するということは、同一の異性と複数回の性行為があったことを証明することに他なりません。

それでは、浮気調査も最低2回以上行い、ラブホテルへの出入りを2回以上抑えなければならないかと不安に思う人も多いはず。インターネット上でも「不貞行為を確実に証明するためには、2回以上の浮気調査が必要なので、調査期間を延長するべきだ」と探偵社側から提案されたものの、「もしかしたら騙されているのでは?」と感じたという意見もあります。

 

では、実際の所はどうなのか?

実はそれほど回数に拘って浮気調査をする人は少なく、1度証拠を手に入れたら、その後の調査は行わない依頼者が殆どなのです。

 

2度以上の性行為が行われた証拠が必要な人

2度以上同一人物と性行為が行われた証拠が必要なのは、配偶者や浮気相手の反論を考慮した上で行う詰めの作業であり、主に慰謝料請求を目的としている場合に限ります。

例えば、一度きりの性行為の証拠しか無ければ。

「それはお酒の勢いにまかせてやってしまっただけ」

と言われてしまえば、不貞行為として立証できない恐れが出てきます。

ただ、2度以上の性行為が行われていた証拠さえあれば、この反論は通用する訳もなく、確実に不貞行為として認めらます。

そのため、高額の慰謝料を請求するつもりであれば、相手側の抵抗も強まる事が予想されるので、2度以上の浮気調査が必要なこともあるのです。

また、相手側が頑なに離婚を拒否している場合にも2度以上、同一人物と性行為が行われた証拠が必要な場合があります。

 

1度の性行為の証拠でも十分な場合がある

慰謝料請求をおこなうつもりが無かったり、離婚を前提としてない、または離婚に対してそれほど抵抗が無い人は、1度限りの性行為の証拠であっても通用する場合があります。

また、高額の慰謝料請求を予定していたり、離婚を拒まれている場合であっても、以下の様な証拠がそろっていれば、探偵社に調査を依頼して2度以上の性行為が行われた証拠を手に入れる必要性が低くなります。

  • 長期間交際していた事実が解るもの
  • 複数回の性行為があったことが推測できるもの

これらの証拠はメールのやりとりや、本人や浮気相手の証言、もしくは第三者からの証言によって得られます。

 

複数の相手と1度ずつの性行為でも可能?

複数の相手に対して1度ずつの性行為が行われた場合でも、離婚請求を行うことは可能です。

これが浮気相手への慰謝料請求となると難しくなりますが、原則としては「夫婦関係の修復が難しいと判断される場合」には離婚が可能となるので、複数の女性と一度ずつ性行為を行われる事受けた精神的損害が考慮されれば、十分に離婚請求が通る事となります。

また、離婚請求を行う相手が強姦の加害者であり、複数の女性と一度ずつ性行為を行ったとしても、離婚することが可能となります。