iPhone(アイフォン)を利用した不倫浮気調査の方法

現在、世界で最も売れているスマートフォンといえばApple社製のiPhoneですが、iPhoneは実は不倫浮気調査に活用することができます。

ここではiPhoneを使った浮気調査の方法をご紹介させて頂きますので、調査費用削減のための参考に是非ともご覧ください。

また、他の方法については以下の記事でご紹介しています。

iPhoneを使った浮気調査の方法は大きく分けて2種類の手法が存在します。

  • 自分のiPhoneを使って浮気を調査する
  • 相手のiPhoneを使って浮気を調査する

それでは、上記の二つに付いて詳しく解説させて頂きます。

自分のiPhoneを使って浮気調査を行う場合

iPhoneはとにかく機能が多く、かつて探偵が使っていた7つ道具のほぼすべてをこなせるだけのスペックを秘めています。

しかし、その機能は探偵のものではなく、本来は多くの人々のために使う用設計されているため、使い方一つ知れば誰もが探偵のような調査力を手に入れる事ができます。

iPhoneを探す

iPhoneを購入すると自動的に契約することとなるAPPLEのサービスには、GPS機能を使って自分のiPhoneを探す事ができる『iPhoneを探す』というものがあります。

このサービスの素晴らしい点は、GPSのデータをパソコンから見れることで、離れた場所にあるiPhoneの位置をリアルタイムで検索するこが可能です。

つまり、この機能を使えばiPhoneは一瞬にしてGPS発信機に早変わりするということです。

iPhoneを車の中に設置する場合は、音声やバイブレーションが鳴らない様『機内モード』に設定し、液晶画面の光が漏れない様に袋につめて置くと良いでしょう。

なお、iPhoneを設置する場所は、出来るだけ目立たないシートの下や隙間などに隠すことをおすすめします。

しかし、iPhoneを設置すると自分の携帯電話が無くなってしまうので、設置する時には、

『仕事で連絡に出れない』

『バッテリーが切れて使えない』

など、前もって予防線を張っておくようにしましょう。

 

録音機能

iPhoneの録音をつけた状態で調べたい相手の車の中に忍ばせておけば、ボイスレコーダーの変わりになります。

もし浮気相手が車に乗れば、当然その会話は全てiPhoneの中に記録されるので、浮気の証拠として十分すぎる力を発揮してくれます。

 

遠隔操作アプリ

iPhoneで使用できるアプリの中には、パソコンからの遠隔操作を可能にするものが幾つか存在します。

その中には、現在地の情報を検索したり、遠隔操作で撮影を行ったり、周辺の音声を聞く事も可能なモデルが存在します。

これらのアプリを使えば、簡易的な盗撮、盗聴器、GPS発信機としてiPhoneを使用する事が出来るため、セルフ調査を行いたい依頼者にとっては大変助かるアイテムです。

 

相手のiPhoneを使って浮気調査をする場合

相手のiPhoneに触れられるチャンスがあれば、当然その中身を見る事で浮気の事実を調べる事ができます。

しかし、iPhoneの多くはホーム画面に入る前に認証ロックが掛けられているため、このロックを解除しなければ中身を見る事はできません。

Siriを使う

実は認証ロックを解除しなくとも、発信履歴や着信履歴を見るだけならば、Siriを使えばだれでも簡単に履歴を見ることが出来るのです。

その方法は以下の通りとなっています。

1. iPhoneの起動画面でホームボタンを長押し

2. Siriが起動したら『発信履歴』とボイス入力

3. Siri直近の発信履歴が表示されるので、その内容を撮影し保存

4. Siriに『着信履歴』とボイス入力

5. 今度は直近の着信履歴が出るので、こちらも内用を撮影して保存

以上の方法で着信履歴と発信履歴を調べる事が可能です。

この方法であれば、ロックを不正な方法で解除する必要が無いので、証拠としても反社会性を問われません。また、裁判でも有効活用することが可能でしょう。

監視アプリを使う

もしも認証ロックが掛けられていなかったり、ロックが掛けられる前にiPhoneを手に入れる事が出来たならば、パートナーに見つかる前に素早く中身を検索しなければなりません。

しかし、大抵の場合はじっくりと中身を見る時間はないので、浮気の証拠を発見できずに終わる事が多いです。

そんな時には、最後の奥の手として、相手のiPhoneをパソコンにつなげてバックアップデータごと一気にパソコンに転送するしかありません。

%e6%8e%a2%e5%81%b55

実は、このような事を可能にするソフトウェア『iPhoneアナライザー』はすでに市場に出回っており、数万円程度で購入することが可能で、探偵業者でもこのソフトを使ってiPhoneの情報を分析している会社もあります。

また、このソフトの本来の目的はiPhoneのバックアップデータを保存する事なので、画像、動画、連絡先、電話番号から発着信履歴、各種メール、LINEやSkypeの履歴を含めた全てのデータをパソコンに転送する事が可能です。

このソフトの操作は非常に簡単です。

ただPCでソフトウェアを立ち上げた状態でiPhoneとパソコンを繋げるだけで完了します。

セルフ調査は自主責任で

ここまで紹介した調査の方法の中には、一般の方が行った場合、プライバシーの侵害で訴えられたり、法廷に証拠として提出するには反社会性が高すぎるものが含まれます。

特に相手のiPhoneを使用した調査はリスクが常につきまとうので、必ず自主責任によって調査を行うようにしましょう。