セルフ調査はここを狙え!自分で浮気調査をする際に気を付けたいポイント

セルフ調査を行う時は効率がとても大切になります。

プロである探偵も同じく、調査を行う時には効率的に調査を行いますが、セルフ調査ではさらに効率を重視しなくてはなりません。

発覚を防ぐために

一つの証拠を得るために時間を掛けることは出来ません。

当然回りの目も在りますし、なにより対象者の目が怖いのがセルフ調査の問題点です。ほんの一瞬、対象者がトイレに行っている隙であったり、わずかな外出時間の間に調査を行う必要があります。

迷わずに行動しなくてはならない

効率的に浮気調査を行うためには、はじめから調査を行うポイントを頭に入れておかなければなりません。スピーディーに調査を行うためにも、調査を行う前にはどこをどう調べるのか、その方法まで熟知しておかなければなりません。

それでは、セルフ調査を行う上で気を付けたいポイントについて細かく見ていきましょう。

スマートフォンの中身

スマートフォンは誰もが思い浮かべる浮気調査のポイントでしょう。

しかし、当然浮気をしている側もスマホへの警戒心が高いので、証拠の隠滅も激しいばかりか、スマホを見られそうになれば、スマホごと破壊するような人すらいます。

浮気調査の激戦区となっているスマホを攻略するには、以下のポイントに気をつけながら効率良くスマホをチェックする様にしてください。

LINE

LINEは現在もっとも警戒すべきスマホアプリです。スマホを見るチャンスが生まれたら必ずチェックしてください。

LINEをチェックする際には、トークの内容はもちろん、タイムラインや非表示設定になっている相手も見てください。

また、トークの内容を見る時には書かれている文章が不自然な文脈になっていないか気を付けてください。証拠を隠すのが上手い人間は、浮気と思わしき文章だけ消去している可能性があるので気を付けましょう。

着信履歴

着信履歴も見逃せないポイントです。

最近はLINEを利用する人が増えましたが、ガラゲー世代の方はいまだに電話を使って浮気相手と連絡を取り合っています。

また、通信環境が悪い場所であったり、仕事関係の相手と浮気をしている人も電話を使って連絡を取っています。

メール

かつては携帯メールだけでしたが、現在は様々なメールを使用できるので、チェック範囲はかなり広くなっています。EメールにSMS,そしてgoogleメールなどのフリーアドレスまで、出来るだけ沢山確認してください。

特に出会い系サイトや各種SNSを利用して浮気をしている人間は、LINEなどよりもメールから証拠が出てくるケースが多いです。メール検索を利用して効率よくチェックしていきましょう。

写真データ

浮気相手とのデートで撮影した写真や動画が残されている可能性があります。

写真や動画で浮気相手との写真を見つけたら、必ず証拠として保存しておきましょう。データはメールで転送してもかまいませんが、より証拠能力を高めるなら自分の携帯で写真を撮っておきましょう。

パソコンの中身

最近はインターネット上での出会いも多いので、パソコンの中身をチェックはかかさないでください。また、パソコンは家族の共有物なので、堂々とパソコンを使いながらでもチェックは可能です。

しかし、パソコンはスマホよりも調べるポイントは広大なので、簡単に証拠を手に入れられないかもしれません。証拠が得られる可能性が高い以下のポイントから重点的に攻めるようにしてください。

SNSやブログ

最近はSNSやブログが流行していますが、公開用のアカウントとは別に、知り合いや配偶者に知られないように、密かに裏アカウントを運営している人も増えています。

このようなアカウントを発見するためには、念入りにパソコン調べてアカウントを探し出すしかありません。ブックマークやインターネットの履歴をチェックして、それらしきデータが残されていないか確認しましょう。

SKYPE等のチャットアプリ

SKYPEは古くから使われているチャットアプリですが、現在もインターネット上での浮気では頻繁に使われています。

ただ、SKYPEの中身をチェックするにはIDとパスワードが必要となるので、それとなく本人から聞き出す必要があるでしょう。

また、ネット上の出会いを求めている人の中には、掲示板を使って浮気相手を探している可能性があります。IDが分かったらサーチエンジンを使ってIDがどこかに書き込まれていないか探してみましょう。

各種メール

スマホと同じく、メールのチェックも欠かせません。ブックマークを見て、登録されているフリーメールを全てチェックしてください。

フォルダに残された映像・画像データ

本格的に浮気にのめり込んでしまった人は、浮気相手とのデートの写真、もしくは性交渉に関する動画をパソコンの中に保存しています。

このようなデータを見たい人は誰もいないでしょうが、不貞行為の証拠としてはかなり強力なものとなります。

しかし、そうしたデータはパソコンどこにあるのか分かりません。可能性がありそうなフォルダは全てチェックするか、検索機能を使って動画や画像関連の拡張子を全てチェックしてみましょう。

証拠をとる時は、必ずスマホを構えておく

パソコンやスマホから発見した浮気の証拠は、必ず自分のスマホで写真を撮っておきましょう。

実は、裁判ではデータ関連の証拠は、アナログデータに比べて改ざんが容易であるため、証拠能力に欠けることがあります。特に文章関連は最も改ざんが簡単なので、必ず写真で撮影しておきましょう。

また、証拠能力の高さを求めるなら、フィルムを使って撮影するのが一番ですが、最近はフィルムカメラも減りましたし、スマホのカメラで十分です。

ただ、ボケやブレなどがあまりにも酷いと、証拠として使えないかもしれません。また、再び撮影をするチャンスもなかなか生まれません。一発で証拠を取るように心がけてください。

まとめ

IT関連の発達により、浮気関連の証拠もアナログからデジタルへと移行しつつあります。

しかし、前述のとおりデジタルデータは改ざんが容易なので、必ず写真を撮影しておきましょう。