執拗な調査は失敗しやすい?余裕をもった調査計画が必要な理由

自分の旦那さんや奥さんが浮気をしているかもしれないと思うと、誰だって冷静ではいられません。

しかし、かといって探偵社への要求をしすぎると、結果的に行き過ぎた調査を助長させてしまい調査が失敗する恐れがあります。

こうした事実を知っていれば、依頼者のみなさんも無理な調査を探偵社に要求することもありません。

本来なら、無理な要求は探偵社側が突き返す必要があるのですが、それでもまだ経営をはじめたばかりの探偵社の場合、依頼者の期待に応えようと必死になるあまりミスを犯してしまうことがあります。

そこで、今回は執拗な調査の要求を探偵社に行うことによって起きるデメリットについて詳しく解説して頂き、依頼者と探偵社がより協力して調査を行える方法についてご説明させて戴きますので、ぜひとも参考にしてみてください。

警戒している対象者への尾行の続行

対象者に警戒行動が見られると探偵から報告があったら、出来る限り現場の判断にまかせ、調査を早めに中止した方が良いです。

かつて実際に調査を行ってきた中で、明らかな警戒行動が見られる対象者への尾行はほぼ途中で中止してきましたが、中には依頼者からの強い要望により、警戒している対象者への調査を続行した例がありました。

この時は運よく対象者に尾行がバレませんでしたが、一歩間違えれば調査が発覚してしまう危険な調査であったため、次に同じ調査を行っても、発覚しない自信はありませんし。

また、私以外のどんな探偵でも明らかな警戒行動をとる対象者を尾行する危険性は熟知していますし、結果的に依頼者に非が及ぶ可能性を考えれば、だれでも本部や依頼者に調査続行の危険性を訴え、すぐに中止するように進言するでしょう。

ところが、なんとかして浮気現場を押さえたいと考えている依頼者は、時として、こうした現場の声を無視してしまうことがあります。

特に、浮気相手と接触した直後に警戒行動を示した場合には、依頼者はなんとしても対象者達を追って欲しいと思う人が多いのが現状です。

この尾行はかなり危険ですし、最悪の場合、依頼者の意に反しても現場で調査を中止することになるのですが、中にはそのまま調査を続行してしまう探偵社もあるでしょう。

こんな時の依頼者のお気持ちは痛いほど良く解りますが、一時の感情に身を任せて調査を失敗させることはありません。チャンスは必ず他にもあります。警戒行動を示している情報が入ってきたら、探偵社の支持にしたがって調査を一時中止する様にしてください。

 

警戒している対象者を尾行する危険性

警戒している対象者を無理に尾行すると、幾ら探偵とも言えど警察に逮捕されることがあります。

『大阪府の探偵業を営む2業者が逮捕』

“大阪市内の2業者は8月、府公安委員会を相手取り、尾行の是非をめぐる異例の行政訴訟を大阪地裁に起こした。

訴状によると、2業者は共同で昨年12月、府内の40代女性の素行調査を開始。交通事故に伴う治療費を通院先の整骨院を使って水増し請求している疑いがあるとみて、2日間にわたり女性を車や徒歩で尾行したが、駐車場での張り込み中に一方の業者が女性に察知され、トラブルになった。

公安委員会は今年6月、女性に気づかれるまでの一連の尾行が「執拗(しつよう)なつけ回し行為に当たる」と違法性を認定。さらに尾行を察知された際に恫喝(どうかつ)するなど「生活の平穏を害した」として、2業者に再発防止などを求める指示処分を出した。

これに対し業者側は「尾行は探偵業法で認められている」と反論。調査目的も保険金の不正受給疑惑を明らかにするという正当なものだと公安委員会の判断に真っ向から対立し、処分の取り消しを求めた。

訴訟で業者側は浮気調査を引き合いに「探偵に浮気を突き止められた人が警察に被害届を出し、調査した業者が探偵業法違反に問われるというのはあまりに不合理だ」と主張。「優秀な探偵であればあるほど精緻(せいち)な報告書を作成できるが、それは公安委員会の言う『つきまとい』があって初めて完成する」と訴えた。“

(引用:http://www.sankei.com/west/news/131018/wst1310180078-n2.html)

つまり、探偵業が行う尾行というのは大変法的にも曖昧な部分で行われています。

尾行が発覚しなければ違法性は問われませんが、もしも発覚すれば、この用に条例違反で指示処分が下されることもあるのです。

こうしたトラブルがある以上、探偵社には決して無理な指示を行うことはありません。そよりも、安全に調査を行い、発覚を防ぐことを第一に考えた調査を行ってもらう方が大切です。

 

対象者を警戒させないためには?

浮気調査を行うチャンスは1度だけではありません。浮気を継続的に行っている相手なら、少なくとも一度調査を中止したからといって焦る必要はありません。

しかし、調査を何度も繰り返していると費用も膨れ上がるため、なんとか一発で調査を決めたいという思いに駆られてしまい、無理な調査をして事態を悪化させてしまう依頼者も少なくありません。

そんな時は、対象者に気が付かれない様に行動し、なるべく探偵社への依頼を悟らせない様に注意して行動しましょう。

私個人の経験ですが、対象者が警戒していると分るのは調査の初期段階であることが殆どです。こういう時は、大抵調査開始前から探偵を雇っていることに気が付いている対象者が多く、最悪の場合、調査が何時行われるのかまで筒抜けになっている可能性もあります。依頼者はできる限り情報を漏らさない用に気を付けて行動し、もしも相手がこちらに探りを入れてくるようなら、一旦調査を中止して様子を見ましょう。

 

落ち着いて証拠を取る心がけを忘れない

無理な調査を行う人の多くは、「例え後でトラブルになったとしても、証拠さえ取れれば問題ない」という考えのもとに行動しています。

しかし、証拠が取れたとしても、それが明らかなつきまとい行為の結果となれば、証拠能力が疑われる可能性も十分に出てくるでしょう。

また、それでも調査が失敗した場合には、二度と調査を行うチャンスが訪れないかもしれません。

最後の詰めの段階に入っても冷静さを失ってはいけないのは探偵も依頼者も同じです。調査の発覚は最大のリスクという意識を持ち、安全第一の依頼を心がけてください。