既婚男性を見抜く方法

国が少子化対策として推し進めている婚活系イベントは地方自治体が中心となって介されるようになりました。

このイベントは良く分からない業者が行っている訳ではなく、国や地方自治体が率先して男女の出会いの場を提供しているという信頼の高さから利用者も多いのですが、その信頼感を悪用する男性も問題視されています。

既婚男性の魔の手

浮気を考えている男性の殆どは、自身を既婚者と名乗る事はありません。

指輪を外し、生活感を消し、車のベビーシートなども外してこうしたイベントへとやってくるため、一見して既婚男性と見抜くことは難しいかもしれません。

また、既婚男性は女性の扱いに慣れているため、女性からすれば余裕のある大人の男性として魅力的に映る事もあるようです。

 

婚活イベントの盲点

婚活イベントの多くは地方自治体が企画をしたとしても、実際にイベントを運営するのはイベント会社や、その場で作られた実行委員会であり、参加の登録情報に関する管理も同組織が行います。

しかし、ここでは既婚者は参加できないとなっているものの、既婚の有無を証明する戸籍謄本や住民票などの書類の提示が求められる事は少なく、免許証や保険証などを提示するだけイベントに参加することが可能です。

また、例えこうしたイベントに既婚者が参加したとしても、現行法では何ら罪に問われませんし、仮に本名や住所を偽ったとしても、身分詐称だけでは刑事告訴はできません。

このような、ずさんな管理や法の抜け穴を利用してイベントに入り込む既婚男性は少なくなく、このような男性と結婚を前提に付き合いを始めた女性は、大きな損害を被る事となるのでしょう。

 

既婚男性を見抜くためには

既婚男性には必ず以下のような特徴があるので、良く注意して観察していれば、必ず相手が既婚者か否かを判断することが出来るでしょう。

薬指の太さ

日常的に結婚指輪を付けている人物は、左手の薬指の根本の部分だけが細く変形しています。

%e6%8e%a2%e5%81%b51

これは例え指輪をはずしたとしても同じなので、既婚の有無を見分けるために相手の薬指を見ることをお勧めします。

薬指の日焼け後

既婚男性が例え指輪を外したとしても、指輪の部分だけが日焼けせずに白く残っている場合があります。こうした部分をきちんと見るには、相手の手相を見たいなどといって、相性を占いふりをして薬指の根本を確認すると良いでしょう。

単身赴任中か尋ねる

地元の婚活イベントだからといって、そのイベントに参加しているのは地元出身者ばかりではありません。

中には単身赴任中の既婚者が独身者を装ってイベントに参加している事もあります。

そのため、出来るだけ相手が単身赴任中であるのか確かめた方が良いかもしれません。

免許書を見せてもらう

イベントで出会った良い男性と、その後デートをすることになったら、相手の免許所を確認させてもらいましょう。

ただ、快く免許所を出してくれる人間はあまり少なくないので、自分が何を不安に感じているのかについて正直に話して、相手の理解を得るようにしてください。

それでも免許所の提示を拒むようであれば、その男性は既婚者かもしれません。

車内の様子を観察する

相手男性の車の中に女性が好みそうなものが置かれて居ないか確認してください。

例えば、女性ものの香水や、女性が好きそうなお菓子など、その車に日常的に乗る別の女性が居ないかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

%e6%8e%a2%e5%81%b52

婚活イベントは用心するに越したことは無い

不特定多数の男女があるまる婚活イベントは、いかに参加者に規制をかけたとしても、その抜け穴から侵入する既婚男性を防ぎ切る事はできません。

そのため、参加者自身が前もって既婚男性に対する警戒心を持ち、よりよい男女の交際をするための準備を怠らなければ、不幸な恋愛をせずにすむはずです。