ここまで違う男女が考える結婚に対するリスクの違い

結婚後のリスクについての考えはバブル期は甘く、それ以降になるにつれて次第にリスク管理の意識が高まっていきました。

就職氷河期を経験した世代や、サブプライムショックの悲惨な状況を見てきた若者の多くが結婚に対して強いリスクを感じており、容易に結婚に踏み出せない状態続いています。

子育てを行う為には当然経済的安定が必要不可欠ですので、経済的リスクを考えて行動するのは当然のことといえます。

また、結婚に対するリスクは何も経済だけとは限りません。

結婚に対して感じるリスクの種類は男女によって大きな隔たりがあるのですが、今回は男性・女性それぞれが感じている結婚のリスクについてご紹介します。

男性が考える結婚後のリスク

男性が結婚に対して感じるリスクは様々ですが、おおむね以下の様な事をリスクとして感じているようです。

収入の問題

やはり男性は家族を養わなければならないという思いが強いのか、結婚後の収入についてのリスクを大きく感じているようです。

その中でも特に多いのが『結婚後の夫婦の収入』についての不安です。

かつては旦那は外、嫁は家というぐらいに夫婦の役割がはっきりと分かれていましたが、これは家庭の消費が大きく上がり、逆に収入が減ってしまった現代では、年収700万円以上はなくては、とても子供を育てながら専業主婦を行える時代ではありません。

そのため、現代では基本的には夫婦共働きという世帯が殆どであり、夫側も無理なものは無理だと、妻が専業主婦を望むようなら結婚を止めたいと考えている人が多いです。

時間の問題

夫婦生活を送っていれば、当然一人の時間が減るわけですが、男性は一人で居る時間がなければ辛くなってしまう事が多く、結婚生活を送っていても一人でいる時間を確保しなければストレスがたまる一方です。

こうした時間を奪われるような可能性のある男性への依存性が高い女性とは結婚後の生活も苦労すると感じるらしく、男性の意外な離婚の原因としても知られています。

仕事への理解

男性は仕事を生きがいに考えている人が多く、仕事への理解が無い女性との結婚は高いリスクと感じています。

しかし、最近では『専業主夫』という言葉が生まれるぐらい、男性の仕事第一主義も次第に緩くなって来ているようです。

しかし、幾ら女性の社会進出が進んだとはいえ、いまだ男性が働いて家族を支えるのは当たり前という風潮があるため、これを男性側が無視できるはずもありません。

また、世間の批判を覚悟で専業主夫という生き方を選べるだけの男性は多くありませんし、女性の平均年収は男性よりも低いので、女性の収入だけで生活出来る家庭はかなり稀な例でしょう。

家庭を安定させられるか?

男性は仕事で家を空ける事が多いので、女性が子育てなどをしっかりと行ってくれなければ、自分の子供を育てにくい環境にあります。

そのため、もしも女性が子育てを放棄してしまった場合を考えると強いリスクを感じてしまい、男性の多くが本能的に家庭的な女性を求めています。

女性が考える結婚後のリスク

女性が結婚で考えるリスクは以下の様なものとなっています。

結婚相手の収入

女性の経済力が少ない以上、結婚後に家庭を支えるのは男性の役割となります。

また、女性は子育て期間などもあるため、その間の収入も安定している男性でなければ、本能的な不安や危険を察知する様にできています。

そのため、男性の収入や自活力は女性が考える結婚の最も大きな不安要素であり、この点はどんな女性でも男性を見るときに重要視しています。

家事や子育てを手伝ってくれるか?

かつては望むべくも無かった男性の家事や育児への参入も、現代では夫婦共働きが当たり前となったので、妻の負担を減らすために夫婦でともに子育てを行うのが当たり前となってきました。

しかし、もしも夫婦共働きの状態で夫側が子育てに参加してくれない場合、やはり妻への負担は大きくなりすぎてしまいます。

%e6%8e%a2%e5%81%b53

特に自分の子供の将来がかかっている問題なだけに、男性が家事に参加しなければ夫婦関係が悪化しやすく、離婚の原因ともなりやすいです。

浮気や不倫

本来、男性は家庭という場所に長く居つく生き物ではなく、同じ異性に対して興味を持続することも難しい生き物です。

当然、女性側もその点に関しては強いリスクを感じており、結婚後に浮気や不倫を繰り返すような男性かどうかは男性選びの重要なポイントでもあります。

ただ、問題は浮気や不倫を繰り返す男性ほど女性にとっては魅力的に映ってしまうという点であり、多くの女性がそのことに気が付けず、結婚後に不倫や浮気を繰り返されてしまい、結局は離婚に至ってしまうケースが多いです。

浪費癖

男性の趣味やギャンブルによる浪費は家計を圧迫する大きな原因となりえます。

そのため、男性のギャンブルなどに対するのめり込み度合い、または趣味で使用している金額の浪費具合などは女性の気になるポイントです。

特に収入と浪費につり合いが取れない無計画な男性の場合、いくら収入が上がったとしても家計が楽になるとは思えないため、結婚を見送る女性が多いです。

結婚のリスク管理は現代のトレンド

結婚に対するリスク意識は時代を経るにつれて高まってきたといえるでしょう。

その背景にはもちろん経済的困窮と同時に、低い生活水準が許されない現代社会の仕組みも存在しています。

そのため、結婚のために男女がリスクを回避するためにあらゆる行動を取りはじめ、探偵社への結婚調査の依頼も年々その数を増やしつつあるのです。