婚約破綻ではなくそれは詐欺?結婚詐欺の条件とは

これから結婚を考えているカップルが、めでたくゴールインするのはとても喜ばしいことです。

しかし、中には結婚の約束はしていたものの、なんらかの理由によって婚約が破綻に至るケースも少なくありません。残念ながら、その方が後々幸せになれることだってあるのですから。

ただ、これがただの婚約破綻ならいいですが、もしかしたら相手が巧妙に仕掛けた「結婚詐欺」である可能性も十分に残されています。

そこで、今回は結婚詐欺の定義を学ぶとともに、いかにして結婚詐欺士達が通常の婚姻破たんに見せかけて詐欺を行っているのか、その手口についても詳しく触れていきたいと思います。

結婚詐欺の定義とは

結婚詐欺とは、結婚をするつもりが無いにも関わらず、相手にから金品を受け取り、そのまま結婚をせずに婚姻関係を破綻させる行為を差します。

ただ、結婚詐欺は立証することが難しく、証拠を集め告訴することが非常に困難な犯罪です。

ちなみに、結婚詐欺を立証するためには、その行為が以下の条件を満たしていたことを証明する必要があります。

  • 金品や財産などを得るために人を欺いたこと
  • 結婚の意思が無かったこと
  • 相手を錯誤に陥らせたこと
  • 錯誤を解くことなく、それを利用して利益を得たこと

この中で最も証明が難しいのが「結婚の意思が無かったこと」と「相手を錯誤に陥らせたこと」でしょう。

結婚の意思を証明するというのは、本人の心の中を証明するのと同じことです。人が一体何を考えているかなんて誰にも解らないですよね。

ただ、結婚詐欺で捕まる人間の多くは、複数人の相手と婚姻関係を結んでいることなどから、そもそも結婚の意思がなかったと立証され、逮捕に至っています。

しかし、それがもしも貴方以外の被害者が居ない、もしくは見つけられない場合、結婚の意思が無かったことを証明するのは難しいです。

また「故意に錯誤に陥らせ、その誤解を解くことなく利用し金品を受けった」ことに関しても、他の被害者を見つけられなければ詐欺として立件することが難しいでしょう。

 

ただの借金問題に変わってしまう可能性

相手の詐欺罪を立証できなければ、おそらく殆どの結婚詐欺はただの金銭問題にすげ変わってしまいます。

例えば、結婚詐欺で良く使われる手が「親が病気などでお金を貸してほしい」として、交際期間中にお金を借り、そのお金を返さないまま連絡を絶ち、関係の自然消滅を狙う方法です。

これだけでも、被害者からすれば立派な結婚詐欺ですが、本人がお金を少しでも返済していたり、もしくは連絡が付く状態にあると、ただの借金問題になります。

しかし、もしも相手が複数の人間に対して同様の手法によりお金を借りており、さらには一切の返済を行っていなければ、結婚詐欺として警察に訴え出れる可能性があります。

ただ、そうした事例を調べるためには一部プロの力を借りる必要があるため、探偵に相談するなどして調査を進めるのが無難でしょう。

 

結婚詐欺師は常に下手に動き、困っているふりをする

結婚詐欺を行う人間の多くは、相手をだましてお金を得るために、何かと生活に問題があるふりをしています。

また、より被害者からの信用を得られる様に誠実な人間を演じており、公務員などと偽り、まるで堅実な人生を歩んできた人間の様なふりをします。

この様な擬態を完璧にこなす結婚詐欺師を目の前にした場合、多くの被害者は「この人をなんとか助けなくては」と思ってお金を貸すのですが、それが詐欺師の狙いであったことは、結婚詐欺だと分かるまで気が付くことはありません。

また、彼らは別れる時にすら誠実さを演じ続けます。仕事の都合などで別れることになった、もしくはおやの病気がひどくなったので、看病のために別れざる負えなくなった、お金は必ず後で返す。結婚できなくてごめん、などなど……とにかく最後まで嘘をつきとおす事で同情心を誘うことで、ただの婚約破綻にみせかけようとします。

この様な手口を取る以上、相手の素性をしっかりと調べ、その他に被害者が居ないかどうか調べなければ警察につきだすことも、お金を取り戻すことも出来ないでしょう。

 

被害届が出されにくい

結婚詐欺を立証するためには、貴方の他に同様の手口で騙された人間が居ないか調べることが重要です。

しかし、上記のとおり結婚詐欺はそもそも警察に訴え出れない仕組みをもっているため、被害者を探そうにも警察に頼れないこともあるでしょう。

その場合、被害者の身元調査を行い、過去の異性関係、または現在の異性関係に関する情報を集め、同じような被害に会っていなかったか直接聞き込みを行う方法もあります。

その為には、やはり探偵に調査を依頼するのが効果的でしょう。少なくとも、顔が割れている人間が調査を行うよりは、知らない人間が調査したほうが成功率が上がります。

また、身元調査では聞き込みの技術の他にも、尾行や張り込み、そして法律に関する知識も必要になります。もしも調査の事実が本人に伝わると、下手をしたら姿を眩まされる可能性もあるので、できる限りプロの探偵にお任せください。

 

探偵に調査を依頼する余裕が無ければ?

探偵に調査を頼もうと思っても、費用の関係で依頼できない人も居るかもしれません。

そんな方にお勧めなのが、インターネット上にWEBサイトを作り、被害者に名乗り出てもらう方法です。

この方法により、実際に結婚詐欺を立証することに成功した事例もあるため、効果は折り紙付きと言って良いでしょう。

ただし、これは被害者の数があまりにも多かったり、被害額が大きい場合にのみ可能です。結婚詐欺を受けていても、被害者意識を持っていない人も居たり、インターネットで加害者の名前をわざわざ検索しない人も居るので、確実な方法ではありません。

また、もしも相手が本当に結婚詐欺師でなければ、名誉棄損の可能性も十分にあります。この方法は悪魔で結婚詐欺が明らかな場合にのみ使用してください。

 

まとめ

結婚詐欺は卑劣な犯罪ですが、詐欺と気が付かれにくく、警察に訴え出ても相手にしてくれない事が多いです。

ですが、探偵を含め、結婚詐欺に対応できるプロは沢山います。もしも詐欺の可能性を感じたら、なるべく早めに相談する様にしましょう。