離婚で慰謝料を高く貰うため為に必要な事 高額慰謝料を請求できる条件とは?

と言われていますが、その大半は数10万円程度の定額請求で占められていることをご存じでしたでしょうか?

この背景には慰謝料を請求する相手の収入や婚姻歴、そして離婚の原因となった出来事の重大さ(原告が受けた精神的損害の大きさ)が関係してきているのですが、どれか一つでも条件がそろわない場合には、請求できる慰謝料の額も低額に陥りやすいのです。

しかし、相手に浮気をされて離婚に至るのに、低い慰謝料で和解を成立されてはスッキリする訳がありません。

高額慰謝料を請求できる条件

より高額な慰謝料を請求するためには以下の条件を満たしている必要があるので、ご自分の離婚の状況に当てはまっているかどうか確認してみましょう。

不貞行為

不貞行為による慰謝料を請求する場合は以下の条件を満たす事によって慰謝料を高額にする事が可能になります。

・不倫関係が3年以上継続していた事が証明できた場合

不倫関係が3年以上継続し、その間に複数回の性交渉が行われていた事が立証できれば、その分受けた精神的損害も大きいとみなされる傾向にあります。

もちろん、長期化すればするほど慰謝料も上がりやすくなりますが、不倫をされた側がその行為を黙認し続けていた状況となると、慰謝料が上がりにくくなるので注意が必要です。

不貞行為が発覚した事で別居に至った場合

配偶者の不貞行為が発覚したことで別居に至ってしまった場合、不貞行為によって婚姻関係が破綻したと見なされ、慰謝料の額も上がりやすくなります。

ただ、夫婦間の話し合いも無く別居に至ってしまうと、夫婦関係の修復するチャンスを故意に無視したとして離婚事由に相当せず、慰謝料も上がりやすくなるので注意が必要です。

不倫相手と同棲している事が判明した場合

不倫相手と同棲した事により離婚を余儀なくされれば、当然一方の配偶者の身勝手な行為から結婚生活が破綻したと見なされるため、請求出来る慰謝料も高くなりやすいです。

しかし、相手側が同居について否定する恐れもあるため、映像証拠などで同居の事実を証明できる証拠を入手しておいた方が良いでしょう。

不貞行為の結果、子供が出来てしまった場合

配偶者以外の人間との不貞行為の結果妊娠した事が発覚した場合、残された配偶者が受ける精神的損害の大きさは相当なものとなり、慰謝料もそれに相当する量を請求する事が可能です。

不貞行為が発覚した事で精神疾患を発症した場合

精神的損害を受けた結果、精神疾患を発症したとなればそれ相応の慰謝料を請求できるでしょう。また、精神疾患によって休職を余儀なくされ、将来のキャリアを棒に振ったとなれば、慰謝料はより増額しやすいでしょう。

ただ、精神疾患を発症していることを証明するためには医師による診断書が必要となります。

高額請求のためには証拠は必須

高額の慰謝料を請求した場合、相手は十中八九その請求を退ける、もしくは減額させるための答弁を行ってくるはずです。

その答弁を交わすためには、こちらの主張に隙はあってはならないので、主張をより強固にするための証拠が必ず必要になってきます。

例えば、浮気の証拠がメールの内容しかない場合、相手から『性交渉はしていない、メールはただの遊びだ』と反論されてしまうと困ってしまいます。

しかし、実際に浮気相手と会っている写真や、ラブホテルに入る写真があれば、相手は反論の余地がなくなり、こちらの主張を飲むしかありません。

もしも高額の慰謝料を勝ち取りたいのであれば、事前に探偵社に依頼を行い、プロによる浮気調査によって不貞行為の証拠を入手しておくことをお勧めします。