ストーカーに負けない!自宅を守るためにやっておきたいポイント

ストーカーから身を守るためには外出を控え、自宅に引きこもっているほうが良いと思ってませんか?

ストーカーは被害者を襲うために自宅周辺を監視し、チャンスがあれば自宅の中に乗り込んでくるか、貴方が家を離れている間に自宅に侵入し、帰宅するところに襲い掛かるかもしれません。

本来なら、ストーカーから身を守るならすぐに引っ越すしかありません。ただ、金銭的な事情等により、自宅を離れられない人も多いのが現実。ならば、後は自宅の守りを固め、ストーカーから身を守れるだけのセキュリィ―を作り上げるしかありません。

鍵を新しいものにかえる

 

ストーカーが元交際相手の場合、以前の合いかぎを使って室内に入って来る可能性が高いです。

鍵の交換は手間と費用がかかりますが、身の安全を守るためにも、まず最初に行ってください。

 

合い鍵を返してもらっても安心しない

元交際相手が合い鍵を返してきたとしても安心できません。

もしかしたら、合い鍵を再びコピーし、まったく新しい鍵を作り上げている可能性があります。

 

鍵の番号さえわかれば複製が作られる

鍵の複製はとても簡単です。

鍵そのものが無くとも、カギの番号さえ分かれば、番号をもとに合い鍵が作れてしまうのです。

何等かのアクシデントで鍵をなくしたり、鍵を誰かに渡して番号を記録されるような時間を与えてしまったと思ったら、新しく鍵に再び交換するしかありません。

ストーカー対策は「まさかそんな方法で来るとは」という甘い判断の言い訳は通用しません。

守るのは他人ではなく、何よりも大切な自分の命です。

うっかり合いかぎを作らせないよう、番号もしっかりとかくして持ち歩き、けっして無くしたり他人に渡したりしないでください。

 

鍵は2重に

 

ストーカーは室内に侵入するとき、鍵そのものを壊して入ってくる可能性があります。

彼らにはプロの窃盗団のような開錠の技術はありません。

そこで、ドアの鍵は2重にすることをお勧めします。

 

窓にも高度なセキュリティを

 

ストーカーの中には、被害者を襲うために窓を破壊して中に侵入するような危険な人間もいます。

特に危険なのが、マンションの1階から3階までに住んでいる人です。

マンションの壁はパイプなどの突起も多く、なおかつそれほど高くありません。

登ろうと思えば、体力のある人間なら3階程度までなら必ず登ってくると思って良いでしょう。

 

窓を強化ガラスに

 

通常の窓ガラスの場合、石などで簡単に窓ガラスを割られてしまうので、ストーカー対策のためにも強化ガラスなどに変更するのも良いでしょう。

しかし、強化ガラスは非常に高価で、購入できない人も多いかもしれません。

そんな時は、窓に張るだけで割られることを防ぐ防犯アイテムが安価に売られているので、自宅の窓に張るのも良いでしょう。

 

 

『窓用心』等の商品は、窓を破壊されにくい、ガラスを飛散させない効果を持っています。

侵入者が窓ガラスを割ろうとしても、石程度では突き抜けられないので、侵入を防ぐことが出来ます。

 

窓にセンサーを設置

 

ALSOK等の警備会社に自宅のセキュリティを依頼すれば、窓を無理やり開錠された時に反応するセンサーを設置してもらえます。

センサーは窓だけでなくドアに設置することも可能で、もしも不審者が窓やドアから侵入すると、管轄のセンターに通報が行き、すぐさま警備員が自宅に駆け付けてきます。

また、不審者が自宅に入ったら警報で記してくれるので、加害者が待ちかまえる自宅に不用意に戻るリスクも避けられます。

 

【alsok 見守りサービス】http://news.livedoor.com/article/detail/12110374/

 

価格は最低でも月々3500円とかなりお得です。

これだけのお金でストーカーの侵入を感知し、自宅に警備員が即座にかけつけてくれるなら購入する価値は十分にあるでしょう。

 

窓に補助鍵を付ける

 

部屋のドアだけでなく、窓にも補助鍵をつけておきましょう。

ただ、窓といのは何の対策もしていなければ、簡単に割られて2つ目の鍵も壊される恐れがあります。

そこで、次のような補助鍵を設置することで、ストーカーの侵入を防ぐ方法を考えましょう。

窓用防犯補助鍵アルソックロック】http://store.shopping.yahoo.co.jp/kobakoya/50181865.html?sc_e=slga_pla

寝室にも鍵を設置

 

寝室にも鍵を設置しておくと、侵入してきたストーカーへの足止めになります。

鍵は簡易的でも良いので、寝る場所にもつけておくことをおすすめします。

 

眠る時の安心にもつながる

ストーカー被害者は、いつ自宅にストーカーが踏み込んでくるからわからない不安から睡眠障害に落ちってしまう人もいます。

常に神経質になっているので、眠るのは一苦労ですし、もし薬で眠っている間に襲われたら・・・と不安になっている人も多いです。

こんな時には、ぜひ寝室に鍵をつけましょう。

これだけでも安心感が増すので、眠るチャンスを作ることが出来ます。

 

ドアチェーンを設置

 

ストーカーが家に押し入ってきた場合、ドアチェーンがなければ、そのまま無理やりドアを押し開けて中に入られる恐れもあります。

一戸建ての住宅だと、ドアにチェーンが無い場合が多いので必ず設置するようにしましょう。

また、古いマンションやアパートも同様にチェーンがついていないケースがあります。

そんな時には安価なものでも良いので、チェーンを付けてください。

 

ストーカーは様々な業者に化けてやってくる

あの有名な逗子ストーカー殺人事件では、加害者は宅配業者に変装して被害者にドアを開けさせています。

この様な事態にならないよう、ストーカー被害者を受けている間は宅配業者に対しても警戒が必要で、簡単にドアを開けてはなりません。

ストーカーは宅配業者に変装するとも限りません。

電気や土木の業者に変装し、付近で工事をするので、騒音を立てるお詫びの品をもってきたふりをするストーカー。

訪問販売員のふりをしたり、なかには女性に変装して被害者に近づいた恐ろしい加害者もいます。

訪問してくる人間に対しては容易にドアを開けてはいけませんし、開ける時には、かならずドアチェーンをつけて対応しましょう。

 

ドアチェーンをつけたら

ドアチェーンを設置したあと絶対にやってはならないのは、ドアの隙間に顔をのぞかせる行為です。ストーカーがあらかじめ貴方を襲おうとナイフや包丁を準備しちえるなら、ドアノ隙間に身を寄せた瞬間、その隙間から刺される恐れもあります。安全が確認できるまで、みだりに隙間から顔をのぞかせるような行為はやめましょう。

 

個人情報などの書類は家にはおかない

 

もしもストーカーが自宅に侵入したとしても、被害者に何のメッセージも残さないまま家を出る時があります。

このとき、加害者は自宅内を物色し、被害者の個人情報に関わる書類などを漁っていきます。

自宅には重要なものは絶対におかず、銀行や知り合い、実家などにあずけておきましょう。

 

室内外に動体感知式センサーを設置する

ストーカーに自宅に侵入されないように、室内や室外に動体感知式センサーのライトや警報機、カメラを設置しましょう。

動体感知式(モーション)センサーが搭載された各種機材は以外ないほど安価で売られています。

ライトだけであれば、ホームセンターで数千円で購入できるのでお勧めです。

ただ、マンションの廊下部分は共用部分となるので、貴方の都合でセンサーを設置することは出来ません。

この場合は、玄関のドア付近や窓付近にモーションセンサー式の警報機などを設置すると良いでしょう。

 

不審者を発見したら自分に教えてくれるよう近隣住民に協力してもらう

 

不審者が自宅周辺に現れても、被害者は外出していたり、相手が隠れているせいでその姿を見付けられないかもしれません。

しかし、近隣住民に協力を依頼しておけば、現れたストーカーの情報を集めることが出来ます。

 

集合住宅(マンション・アパート・団地の場合)

 

集合住宅に現れるストーカーは、被害者の部屋の呼び鈴を鳴らしたり、ドアに届ものをしていきます。

最低でも両隣の住人にはストーカー被害にあっていることや、警察に相談したことを告げておけば、ドアに近づいた加害者を発見できるでしょう。

また、ストーカーは加害者の住む集合住宅の駐車場。

部屋の窓が見えるマンションの裏側の敷地やコンビニ、道路に出没しやすいです。

このような場所付近でもストーカーが現れないか確認するため、管理人や近隣住民と情報を共有し、ストーカー出没の情報を集めてください。

 

一戸建ての場合

 

一戸建ての場合、ストーカーが近隣に現れれば、必ず道路などに車を停めて相手の家を見張るでしょう。

徒歩でも見張る可能性がありますが、それでは明らかに目立つので、車がない場合でもレンタカーを借りる可能性が高いです。

そこで、近隣住民にはストーカーの容姿と共に、該当車両の情報も流しておきましょう。

特に車のナンバーは重要です。

加害者の車が近づいてたら、近隣住民は車種と共にナンバーを確認することでストーカーかどうか判断します。

加害者の車のナンバーについて調べるには、警察に強力してもらうと良いでしょう。

ただ、初期の段階では車のナンバーまで教えてくれるかわかりません。

 

不審な物音や悲鳴があったら即座に通報してもらう

近隣住民にストーカー被害を伝えるのは恥ずかしいことかもしれません。

しかし、被害を伝えておき、なおかつ自分の家から妙な物音や悲鳴が聞こえたら、即座に通報してもらえるように頼んでおきましょう。

ストーカーに襲われてすぐに助が来るなら、被害者の命あ救われる可能性が高まりますます。

もしかしたら、貴方の家のドアをたたいて中の様子を確認してくれるかもしれません。

なんにせよ、ストーカーに狙われている被害者を放っておきません。

必ずあなたの手助けになるでしょう。

 

信頼できる家に避難用の荷物を預けておく

いつストーカーが家にやってくるか分からない間は、信頼できる友人や家族に家に、手荷物を極力抑えて引っ越せるよう、避難用の荷物を預けておきましょう。

詰めておく荷物

詰めておく荷物は、基本的には旅行の準備とおなじです。

衣服を数点、数日分生活できる金銭、歯磨きや入浴道具、大切な書類などです。

ストーカーが今にも自宅に押し入ってくる時、被害者はすぐにでもその場を逃げ出さなくてはなりません。

ですが、そんな時に悠長に荷造りをしている暇はほとんど無いでしょう。

出来れば、預けておく分の他にも、もう1セット自宅に保管しておきましょう。

 

避難先では外出はしないほうがいい

 

避難セットを人の家にあずけておくもう一つの理由は、避難先では必要外の外出を控えなくてはならないからです。

特に、避難先がストーカーも知っている可能性がある場所しかないなら、ストーカーに見つからないように隠れていなければなりません。

 

犬などを飼う

ストーカーを自宅に入り込ませないために、番犬となる犬を玄関付近にかっておくのも良いでしょう。

最近は小型犬などが人気ですが、番犬としての威嚇力にかけ、なおかつ室外で飼うには不向きです。

雑種でもなんでもかまわないので、中~大型で室外で飼える犬に自宅を守ってもらうのも良いでしょう。

 

自宅からの避難ルートを考えておく

 

最後に、自宅からの避難ルートを必ず考えておきましょう。

非難のために非常階段を使えるのか、エレベーターを使うのか、ストーカーに追われた状態で駐車場に入り車に乗れるのか、一度実際に試してみることをお勧めします。

 

まとめ

 

ストーカーを自宅で迎え撃つのは得策ではありません。

相手はどんなことをしても諦めません。

出来ることなら、早めに自宅を抜け出し、一時的にでも別の場所に退避しましょう。

しかし、どうしても引っ越せない理由があり、自宅でストーカーを迎え撃つしかない人もいるでしょう。そんな時には徹底的にストーカー対策を行い、加害者が侵入のために使いそうな手は全て検討しておいてください。相手の行動を先に読み、対策を施すことで自分の命を救えるのです。