浮気調査を依頼する時の注意すべき3つのポイント

浮気調査を依頼する場合する場合、必ず守らなければならない注意点があります。

おそらく、面談の段階で必ず注意されるでしょうが、事前にこの注意点をしっておけば、さらに調査の成功率を上げることができるでしょう。

 

依頼を悟られてはいけない。

配偶者に依頼の事実がバレてしまうと、調査の成功率が格段に下がってしまいますので、探偵社と面談に行くことはまず悟られてはいけません。

しかし、本来では面談の前の段階。つまり、無料相談やメールを送っている気配を悟らせてはなりません。

例えば、浮気調査の依頼をしようと検索した際の履歴や、ポスティングされた探偵事務所のチラシ、無料相談の電話の内容などをメモした紙などを見られてし真った場合、配偶者は『もしかしたら探偵社に依頼をしているかも』と怯え、浮気相手との接触をやめてしまうかもしれません。

 

そのため、探偵社を探し終わったら、必ずその痕跡を消すように心掛けましょう。

 

注意点2『依頼の為の情報を集め過ぎない』

探偵社に依頼する時、少しでも多くの情報を集めようと熱くなりすぎて、配偶者に怪しまれてしまう事があります。

確かに、探偵社に依頼する前に、浮気に関する情報をある程度集めておけば、それだけ効率よく調査を進められるだけではなく、調査費用の削減にもつながります。

ですが、相手の予定を根掘り葉掘り聞き出したり、無理やり携帯電話の中身を見たり、自分で尾行を行ったりして相手に疑われては、せっかく探偵を雇っても警戒して浮気をしない可能性があります。

 

調査前には出来るだけ相手を油断させつつ、出来る範囲で良いので情報を集めるようにしましょう。

 

注意点3『できるだけ喧嘩をしない』

依頼を行う前に、夫婦間で浮気に関する喧嘩をしてしまうと、その場の勢いで探偵社に頼む事を公言してしまう時があります。

探偵社に依頼をする時点で、あるていど浮気の容疑は固まっているとは思いますが、依頼をする前に配偶者と揉めて熱くなってしまい、つい『探偵に頼んで調査してやるから!』と公言してしまう人が意外な程多いです。

これを相手が冗談と思って油断してくれれば良いのですが、さすがに世の中そんなに甘くありません。公言してしまったら最後、まず警戒して尻尾を出さなくなると思って良いでしょう。

これを防ぐためには、とにかく依頼を考えた時点で相手と無駄な接触を避けるようにしましょう。特に「私に限ってそんな馬鹿なまねするはずがない!」という人程危ないと思ってください。

 

まとめ

浮気調査とは、探偵社と依頼者が協力して浮気をした配偶者を罠にかけるゲームのようなものです。

しかも、そのゲームは探偵社に頼んだ後ではなく、依頼を考えた時点ですでに始まっていると思って良いでしょう。でなければ、完璧に相手を騙して浮気の証拠を掴む事など出来はしません。

 

それでも探偵社に依頼するつもりである事がバレてしまったら、探偵社に依頼するのは少し待って、相手を油断させる様に務めましょう。

しかし、それでも相手が警戒心を強めている様ならば、警戒心が高い事を含めて探偵社に相談してみましょう。

 

探偵社としても、警戒心がある対象者は慣れっこですので、警戒の度合いによってはその場で調査の依頼を受けてくれる所もあります。

とにかく、少しでも探偵社へ依頼する事を考えたのなら、怪しまれるような行動だけは絶対に避けてください。