浮気調査の費用について 相場は1時間2万円+諸経費

浮気調査を依頼しようと思った時、まず気になるのは料金ですよね。

一般的には探偵への依頼料は高額である事が知られているため、一体どれだけの金額を請求されるのか心配になってしまい、相談する事すらためらう方も居るでしょう。

では、浮気調査に掛かる費用はどの程度なのでしょうか?

浮気調査費用の相場は『1時間2万円』+諸経費

探偵社に浮気調査を依頼する場合、その料金の内訳は以下の様なものとなっています。

『調査費:1時間×調査員2名=20000円~』

この数字は悪魔で相場なので、各探偵社ごとに細かい料金体系の違いが生じます。

さらに、ここに車両運用費、交通費、機材使用費等の諸経費が加わってくる場合もあるので、依頼の際にはかならず料金の内訳について尋ねておきましょう。

ちなみに、なぜ調査員が2名なのかといえば、それは現場で調査を行うためには必ず2人以上の調査員が必要不可欠だからです。

探偵社によっては調査員を1名から付ける事で格安で調査を請け負う会社も存在しますが、どれだけベテランの調査員であっても、交代要員が居ない状況で調査をする事は難しく、最悪調査が発覚する恐れもあるので、あまりお勧めできません。

 

依頼料金の相場は25万円前後

実際に探偵社に依頼をして調査を行った場合、最終的に掛かる金額はおよそ25万円前後だと言われています。

この金額が相場となっている理由には、依頼内容の多くに次のような特徴が備わっているからです。

1日の調査時間を限定している

対象者(調査の相手)が浮気相手と接触する瞬間を確認するのに、出勤時や勤務時間内の調査は必要ない場合が殆どです。

そこで、調査の時間を退勤予定時間から帰宅するまでの3時間程度に定めて調査を行う事で、無駄な調査料金を削減する事ができます。

 

確実に証拠を押さえる為には、最低でも3回程の調査が必要になる。

幾ら時間を限定して調査を行っても、調査予定日に運よく浮気相手と接触してくれる対象者は大変少ないです。

また、運よく接触してくれたとしても、浮気の決定的な証拠となる不貞行為(ラブホテルに出入りするなど)を抑えられない可能性もあります。

そこで、1日3時間の調査を3~4日間行い、その中で浮気相手と接触した瞬間から、食事、ラブホテル等への出入りを撮影し、対象者が帰宅するまでの行動を調査するとなると、大抵25万円前後の調査費が掛かる事になります。

この値段は決して安いものではありませんが、通常ならば手に入れる事のできない証拠を手に入れられるのであれば、25万円を支払うだけの価値は十分にあるでしょう。

また、その後慰謝料の請求や財産分与を行う予定があるのであれば、探偵社が抑えた証拠は決定的な武器となりますので、25万円の出費はそれほど高い出費では無いのかもしれません。

 

調査料金が高いと感じた場合には

もしも調査料金が高いと感じた場合には、まずは自分の予算を相談員に伝えるようにしましょう。

これによって調査料金そのものを下げる事はできませんが、不要と思われる調査時間や人員をさらに削ったり、調査費用を抑えるためのアドバイス等をしてくれる事があります。

また、費用に納得していない場合には絶対にその探偵社と依頼を結ばないでください。調査料金に納得がいかないまま調査が進んでしまうと、探偵社と依頼者の間に大きなトラブルを生む恐れがあります。

自分の予算を伝えて、調査費をギリギリまで削っても納得がいかない場合には、他の探偵社を見比べて、自分の予算に見合う探偵社を探してみましょう。

 

まとめ

探偵社の料金体系は以下の流れで探していくと良いでしょう。

  • 調査日数で変化する
  • 探偵社ごとに変化する
  • HPから料金体系を確認する
  • まずは予算を伝えて見積もりを出してもらう