浮気調査の成功率を上げる3つのポイント

浮気調査の成功率は、運、情報量、そして探偵社の実力がものを言います。

なぜここに運が入っているのかと言えば、幾ら探偵社がしっかりと調査を行ったとしても、対象者が浮気相手と接触しない場合は驚く程良くあるからなのです。

こうなると、もはや現場の調査員ではどうする事もできません。事実を事実のまま伝えるのが探偵社の務めですから、どんな場合でも、100%浮気の事実を確認出来るとは口が裂けても言えないのです。

では、その様な運に左右される調査の成功率をいかにして上げることができるのか?

今回は依頼者が行える調査の成功率アップ方法を3つご紹介させて頂きます。

ポイント1『浮気のパターンを見つける』

調査日に偶然浮気相手と接触しないのは、やはり調査日選定が甘かったとしか言わざるを得ないものが多いです。

そのため、探偵社と調査日を決定する時には適当に日取りを決めず、よくよく自分で調査を行った後に調査日を決定すると良いでしょう。

そして、対象者の行動を探る場合には、けっして尾行、張り込みなどを使ってはいけません。

テレビやフィクションで見ると、案外誰にでもできるもののように描かれる事が多く、これを勘違いして『浮気をしている日を確かめるだけ』と簡単な気持ちで行動調査を行って発覚してしまう依頼者も居ます。

こうなると、警戒した対象者への対応が求められてくるため、調査の成功率がさらに下がってしまいます。情報はあくまで間接的に収集するよう努め、聞き込みは尾行などは探偵社におまかせしましょう。

 

ポイント2『調査キャンセルを活用する』

各探偵社によって取り決めは違いますが、大抵の場合は調査前日か数時間前にはその日の調査をキャンセルすることが可能です。

探偵社的にはあまり何度もキャンセルをされるのは望ましく無いのですが、この制度は依頼者にとってはチャンスです。調査開始時までに対象者の行動を確認し、その日浮気をしそうもなければ早々に調査のキャンセルを入れておきましょう。

これで浮気をする日を特定出来る訳ではありませんが、少なくとも空振りは避けられるので、探偵社の迷惑にならない程度に調査中止の連絡を入れましょう。

 

ポイント3『浮気相手との接触を促す』

これは良く探偵社側から提案される方法なのですが、事前に依頼者側に隙を作っておき、あいてが浮気相手と会う様に仕向け、調査の空振りを減らすことができます。

この方法で大切なのは『飴と鞭』という考え方です。

例えばいつでも隙だらけだと、対象者はいつでも浮気相手と会えてしまうため、調査日にあえて会う必要も無く、リスクを冒すような真似はしなくなります。

 

しかし、普段から対象者の行動を自由にさせておかなければ、例えリスクを冒してでも浮気相手と接触したいと考えはじめるでしょう。

そこで、調査日にのみ依頼者が嘘の予定を入れ、あえて対象者と連絡がつかない状況を作り上げるのです。

この時に付く嘘は実家に帰るのでも、友人と旅行に行くのでもかまいません。とにかく1日~2日間程度、殆ど対象者の行動を監視できない状況を作ることで、対象者に浮気相手と会えるチャンスをあえて与えてあげるのです。

こうすれば、多少警戒心が強い対象者でも欲望には抗えず、のこのこと浮気相手と接触し、その場面を探偵社が抑えることができます。

ただ、これには依頼者の演技力などが成功の秘訣となるため、全ての依頼者がこの手法を取れる訳ではない事を留意してください。

 

まとめ

3つのポイント
  • 浮気のパターンを見つける
  • 調査のキャンセルを活用する(相手側に迷惑にならない程度)
  • あえて隙を作り、こちらの狙い通りの日に浮気をするよう仕向ける

このように、依頼者側からのアプローチでも十分に調査の成功率を上げることができます。

探偵社にすべてを任せてしまっては依頼料金ももったいないので、是非ともこれらの方法について依頼する探偵社と相談してください。