浮気調査中に気を付けたい!調査の発覚を防ぐポイント

浮気調査を依頼したあと、あとは探偵に全てを任せておけば、調査を一通り完了します。

ですが、その最中にでも依頼者に少しだけ協力してもらわないと、調査がうまく進まなくなってしまいます。

そこで、調査中に探偵にご協力して頂きたい事について詳しくご紹介させて頂きます。

 

対象者に調査が発覚しないように気をつける

 

調査の最中に発覚が起きる可能性が高いのは、依頼者の言動が原因で、調査対象者に調査の事実が発覚してしまうことです。

 

対象者が送って来たメール

実際に、私が携わってきた調査の中でも依頼者の言動が原因で調査が中止したケースがあります。

また、その後依頼者から相談員に送られてきた対象者のメールなども確認しています。

メールの中には「探偵を雇ったのは知っている」「すべてバレている」といったような文面が多いです。

これは、調査を今後継続させないための牽制と、探偵への恐怖心や、依頼者より自分のほうが優位にたっていることをアピールする目的があると思われます。

 

対象者は尾行者を確認しようとする

 

このようなメールが送られて着たことのある調査では、必ずと言って良いほど調査開始直後から対象者に不審な動きがありました。

家を出た瞬間から周囲を確認しはじめたり、車に乗ったかと思えば、不必要に右左折を繰り返すなど、明らかに尾行者を確認する様子が伺えます。

また、中にはその後接触する浮気相手にも警戒するよう連絡したのか、浮気相手もあからさまな警戒行動に出ることもあるのです。

こうなったら、どんな腕のたつ探偵でも調査を中止せざるを得ません。

仮に調査を続けられたとしても、GPSを使った遠隔調査位のものです。

 

依頼者が対象者に探偵を雇ったことを悟られてしまう理由

 

依頼者が対象者に探偵を雇ったことを悟られてしまうケースが極わずかなものです。

そのため、なぜ調査が発覚してしまうのかを知るために必要な十分な量のデータも今のところ存在しません。

しかし、その原因を依頼者などに確認したり、対象者からのメッセージから推察すると、次のような理由により探偵に依頼した事実あ対象者に漏れてしまうようです。

 

対象者があらかじめ探偵を警戒していた理由

調査を行う前から探偵の存在に気が付く対象者は、普段から警戒心がとても強い対象者です。

過去にも探偵に追われて浮気の事実を明らかにされた経験があるか、もしくは他の理由によ、浮気を調べられたことがある人が多いです。

こうした人間が浮気をするのは理解しがたいかもしれません。

しかし、リスクを知ってもやってしまうのが、浮気症の人間の特徴でもあります。

 

依頼者が対象者のスケジュールを執拗に聞く

調査を円滑に行うためには、対象者の当日のスケージュルを確認する必要があります。

また、浮気調査を入れる日時を決定するためには、対象者の予定を確認する必要があります。

この時、あまりにも対象者にしつこくスケージュールを聞いたりすると、警戒心が高い対象者ほど浮気調査をされる可能性を思いついてしまいます。

例えば、自分が浮気をしていたいとして、さらには配偶者にバレる危険性を恐れている時、今までまったく確認されなかったレベルの細かいスケジュールチェックが入れば「探偵」というワードが浮かばなくとも、なんらかの危機感は誰でも感じるでしょう。

こうした行動は小さなミスにすぎません。

しかし、探偵の存在を疑われる切っ掛けというのは些細な所からはじまるものですので、十分に注意してください。

 

探偵とのやりとりを対象者に見られてしまう

浮気調査を行うためには、探偵事務所との多くのやりとりが必要になります。

無料相談から面談のスケジュールを決定し、面談、そして契約から調査の協議、実際の調査に至るまで、かなりのやりとりが必要になります。

こうした連絡を偶然、もしくは対象者が故意に覗き見てしまうことが時折あります。

もちろん、まったく警戒心のない人だと、探偵事務所とのやりとりを見聞きしても、その内容から探偵と話をしているとはまたく気が付かないでしょう。

しかし、警戒心が高い対象者の場合、怪しいやり取り見聞きすれば、やはり探偵の存在を疑うでしょう。

連絡の内容には、自分の予定などがあったり「浮気」の文字があったり、用途不明の金銭などが登場します。

となれば、少しでも警戒している人間なら、連絡の相手が探偵ということは簡単に察しがついてしまいます。

こうしたトラブルは探偵業界では昔から起きているので、探偵達も様々な工夫を講じています。依頼者のスマートフォンには探偵という名前を使って登録させないようにしたり、隠語を決めて連絡をしたり、通話はなるべく使わず、スマートフォンにはロックをつけ、メッセージのみのやり取りにすといった方法です。

ですが、こうした方法も完璧ではありません。

その気になれば、配偶者のスマートフォンのロックを解除することなど誰にでも出来ますし、偶然メッセージを見てしまうことは避けられません。

あとは、どれだけ注意を払って連絡を取り合えるのかは、依頼者の手腕にかかっていると言っても良いでしょう。

 

契約書を発見されてしまう

疑いを濃厚にした依頼者が探偵の存在に確信を持つのは、自分の家の中で契約者を発見してしまった時でしょう。

事実、私個人の記憶の中でも、過去には調査前に契約書を対象者に見られた可能性があると依頼者から連絡が入り、調査を中止したことがあります。

探偵事務所と交わした契約書は重要なものです。

だからこそ、大切に保管して頂きたいのですが、契約書をわかりやすい場所にしまっておくのは危険です。

出来れば家にはおかず、会社のデスクなどの安全な場所に保管してもらうか、家の中であっても、配偶者の手が絶対に届かない場所に保管してください。

もしも契約書さえ見られなければ、最悪の事態は避けやすくなります。

対象者が警戒心さえ解いてくれれば、浮気調査はすぐにでも再開することが可能です。

しかし、もしも契約書を見られると、対象者は依頼者を信用せず、浮気相手との接触もしばらくは断つでしょう。

こうなると、せっかくの費用も無駄になってしまうので十分な注意が必要です。

 

依頼者は探偵の存在を絶対に隠す

 

探偵への依頼がもしも悟られれば、依頼者は調査費用そのものを無駄にしてしまうかもしれません。浮気調査を依頼したら、絶対に対象者に調査を悟られないようにしてください。