不貞行為にならない浮気の証拠とは?

浮気の証拠には様々な種類がありますが、これが「不貞行為の証拠」となると、恐らく大半の証拠物が無意味なものと思ってしまうでしょう。

そこで、今回は浮気調査を依頼する時に必要な情報について説明させて頂こうと思います。

浮気の証拠=不貞行為の証拠?

不貞行為とは「好意に元好き、配偶者意外の特定の異性と複数回に渡って性行為を行う」ことを指し示す法律用語です。

探偵や弁護士など、浮気問題に関わることの多い人間は浮気=不貞行為の証拠として説明するように教えられています。

また、裁判や調停での利用を前提とした報告書の作成を義務付けられている分、探偵としてはついつい「不貞行為の証拠」を全体にお話しをしたくなります。

しかし、全ての人間が「不貞行為」の証拠を求めているわけではありません。日本の離婚の大半が協議離婚であることからも分かる通り、決定的な「不貞行為」の証拠が無くとも、話し合いによって離婚が成立することも多いのです。

それでは、不貞行為の証拠にはならないものの、浮気の証拠となりえるものについて紹介させて頂きます。

不貞行為にならない浮気の証拠

不貞行為の証拠にならない浮気の証拠は沢山ありますが、前述のとおり、その全てが無駄になる訳ではありません。

また、そうした証拠は不貞行為の証拠よりも手に入れるのが簡単なので、以下のポイントを見ながら証拠を手に入れてみましょう。

友人や知人の目撃証言

友人や知人が「昨日一緒に○○さんが○○君と歩いているのを見たよ」という意見があったとします。

この場合、もしも裁判になった場合「一緒に歩いていた」だけでは不貞行為とはいえません。また、手をつないでいても、キスをしていても、不貞行為とはなりえないので、やはり証拠能力が低いです。

しかし、異性と一緒にプライベートでデートしていたなら、一般的には「浮気」として見れるレベルです。また、本人から自白を求める時にも有効な方法です。

LINEのトークの履歴

LINEのトークに「愛している」などの言葉が残っていれば、相手に好意があることがはっきりと分かります。また、かなりの量のトーク履歴を入手できれば、性行為を立証することも可能かもしれません。

しかし、トークの履歴がスタンプのみだったり、デートの日取りを決めているだけであったり、通話がメインとなると不貞行為の証拠とはなかなかなりません。

ですが、こうした証拠は「浮気」の証拠として有効活用できます。別の異性と親しくしており、さらには自分にかくして裏でコソコソ連絡を取っていたなら、相手との関係を問いただすことが可能です。その上で浮気だと分かれば、結果的に不貞行為の証拠を得るチャンスが生まれるでしょう。

浮気相手とのツーショット写真

浮気相手とのツーショット写真であっても、その内容によっては不貞行為として認められないものがあります。

例えば、飲食店でのツーショットやパーティー会場でのツーショットは不貞行為の証拠として扱うのは難しいです。ただの友人関係であったり、ビジネス上のつきあいで写真をとっただけかもしれません。

写真だけで不貞行為の証拠となるのは、ホテルの室内と思われる場所で、親密な様子を示した場合のみです。基本的には他の不貞行為の証拠を固めるための補助的な意味合いが強いので、ツーショット写真だけでは効果は薄いでしょう。

しかし、これもやはり浮気の証拠としては使えます。飲食店でのツーショットや、パーティー会場でのツーショットであっても、一緒に写っている回数が多ければ浮気の可能性を疑うことができます。また、ここにキスなどが加われば、不貞行為とはならずとも、浮気は確定します。

レシートやカードの明細

浮気相手にプレゼントを送ったり、飲み代や宿泊費を立て替える人は多いです。得に若い女性と浮気をしている中~高年の男性は確実にお金を貢いでいるので、お金の出入りがわかるレシートやカードの明細さえ見れば、浮気の証拠は簡単につかめてしまいます。

しかし、それだけではやはり不貞行為の証拠とは言えません。

もしラブホテルでカード決算をした履歴が出てきたとしても、「デリバリーヘルスを呼んだ」「酔って疲れたからホテルで寝ただけ」と言われたらおしまいです。

また、浮気相手へプレゼントを送ったからといっても、不貞行為にはなりえません。不貞行為が「別の異性との性行為」を示す言葉です。プレゼント程度では慰謝料請求も離婚も出来ません。

ただ、レシートやカードの明細で疑わしき点があれば、それをもとに配偶者を問い詰めることが出来ます。特にプレゼント類やラブホテルの使用歴は言い逃れが難しい部類です。よほどの口達者でなければ必ずボロがでますから、そこから自白という最高の不貞行為の証拠を手に入れる突破口を見出しましょう。

「浮気の証拠」から「自白」を取るのがセオリー

上記の通り、不貞行為の証拠とはならずとも、浮気の証拠となるものは沢山あります。

また、その使い道の殆どは不貞行為の証拠の中でも協力な「本人の自白」を得るための重要な証拠物となりえます。

つまり、直接不貞行為を証明するものが無くとも、決定打に掛ける証拠をうまく使って、不貞行為の証拠を得ることが出来るのです。

証拠は質より量が大切

「証拠は質より量」というのは、実際の調査でも言えることなのです。

どんな名探偵でも、いきなり決定的な不貞行為の証拠を得ることは出来ません。不貞行為の証拠とは言えないような、様々な周辺情報を一つ一つ集めながら、それらの証拠をもとにして、じわじわと重要な証拠物に迫っていくのが、浮気調査の基本です。

そして、その基本は探偵のみならず、一般の方々にも同じことが言えます。不貞行為にならないといって、周辺の証拠集めを怠っていては、いつまでたっても決定的な証拠に至れません。

また、探偵に依頼する際にも浮気の日時を決定する必要があります。でなければ、調査期間が延びてしまい、驚くような大金が財布から出ていってしまいますから、最低限のセルフ調査が必要になるのです。

まとめ

不貞行為を立証するにいたらない証拠でも、使い方さえ謝らなければ、重要な証拠を得る大切な手がかりになります。

もしも浮気を疑うような何かが出てきたら、どんなものでも気に留めるようにしてください。それがどんなシュチュエーションで役立つか分かりません。後で後悔することが無い様に、得られる証拠はどんなものでも手元に置いておきましょう。