浮気調査が発覚してしまった時の対処方法

探偵事務所に浮気調査を依頼しても、それが100%成功するとは限りません。少ない確率ではありますが、調査そのものが発覚してしまう事もあります。

また、探偵社に依頼を行う以前に、自分で浮気調査を行おうと考えている人も調査の発覚に対しては警戒しなければなりません。

むしろ、プロである探偵よりも一般人が行う調査の方は格段に発覚率が高いので、調査を行う時には必ず最悪の事態を想定して行動しなければならないでしょう。

それでは、もしも調査が発覚してしまった場合にはどのような対処を行うべきなのか?

ここでは調査が失敗した場合に備えた対応策についてご説明させて頂きます。

探偵社の場合

プロである探偵社に調査を依頼しても、やはり調査が発覚するリスクは0にはなりません。

しかし、プロである探偵は調査が発覚した場合に備えており、発覚時の対処法についても良く学んでいます。

すぐにその場から離れる

尾行中に調査が発覚した場合、探偵はすぐにその場から離脱し、調査を即刻中止します。

このとき、もしも対象者がこちらを追跡(カウンター・ストーク)してきた場合には、その追跡を振り切るため、様々な技術を駆使することとなります。

例えば徒歩尾行でカウンター・ストークを行われた場合には、相手との距離を保ちながら歩き続け、すぐさまタクシーに乗るなどしてその場を離脱します。

また、タクシー以外にも電車や各種公共交通機関を利用して尾行を捲く方法もあります。

その他にも、車両を用いたり、建物の構造を利用するなどの方法で尾行を捲きます

話しかけられた場合

張り込み中にこちらの調査が発覚した場合、対象者が調査車両に接近して来て話しかけられる事がります。

しかし、この時には絶対にその場から探偵は慌てて移動するなどはしません。

もしも慌てて移動してしまった場合、相手は逃げる調査車両や人間を見て確実に調査が行われた事を知ってしまいます。

そのため、探偵はもし張り込み中に対象者に接近されてもその場を移動しませんし、話しかけられても素知らぬふりを通します。

 

一般の人の場合

一般の人の場合、浮気調査を疑われた時にまず気を付けなければならないのは、驚いたり、逆に攻撃的な姿勢をなどを見せたりして、動揺を相手に悟られてしまう事です。

むしろこれさえ防げれば、浮気調査を疑われても相手には疑問符が残るだけで、調査が行われたという確証を得ることはありません。

携帯電話を見ている場合

相手の携帯電話を覗いている最中に、もしも対象者にその行為を発見されたのであれば、そこでは堂々と浮気を疑っていることを告げてしまいましょう。

なぜなら、下手に嘘をつくと逆に相手がこちらの裏を読もうとしていますし、何の訓練も受けておらず、修羅場の量も足りない人が急に上手い嘘を付くことじたい不可能です。

しかし、ここでさっぱりと開き直ってしまえば、相手は単純に自分の浮気を心配しているぐらいに思うでしょうし、それ以上の疑いを持つことはありません。

ただ、その後で浮気に関係する文章を見たかどうかを遠回しに確認してくるはずですので、そこには笑顔で答えるか、『浮気を疑ってゴメン』などといって、相手を油断させれば、フォローはほぼ完ぺきでしょう。

車両などにGPSなどを設置したことがバレた場合

セルフ調査では、最近GPSを用いた簡易的な浮気調査が流行していますが、設置場所あまかったり、つい調査を行っていることを気付かせてしまうような発言を行ってしまったがため、GPSを付けていたことが対象者にバレてしまう人も増えてきました。

ただ、車の中からGPSロガーではなく、もしもGPS付きの携帯電話が発見されれば、車の中に携帯電話を置き忘れただけといった言いわけもしやすくなります。

そのため、最悪の事態を想定した場合には、言いわけのきかないGPSロガーよりも、落し物という言いわけが通じるGPS付き携帯電話を使用することをおすすめします。

無理な調査は絶対におこなってはいけない

以上のような方法で、なんとか追撃をまぬがれたとしても、その後すぐに浮気調査を行ってはいけません。

これは探偵業界ではもはや鉄則といって良いほど知られた対処法で、一度警戒心を持たれた場合には、最低でも1週間は調査期間を空け、相手が油断するのを待たなければ、調査を行っても証拠を得られなくなってしまいます。

しかし、この様な鉄則は探偵業界にのみ知られていることで、セルフ調査を行う一般の人々はそうした事情をまったく知りません。

そのせいか、浮気調査が一度バレた後でも、無理をして調査を続行していしまったせいで、2度と浮気に関する証拠を手に入れられないケースが大変多いです。

また、このように警戒させてしまった相手は、いくら探偵といえどもすぐに調査を行う事ができないので注意が必要です。

 

調査は常に最悪の事態を想定して行うべき

プロ、アマ問わず、浮気調査を絶対に甘く見てはいけません。

調査の発覚ですめばまだいいですが、最悪の場合、一般の人はプライバシーの侵害やモラル・ハラスメントを理由に離婚請求をされたり、損害賠償を求められてしまうケースもあるのです。