日本の浮気率は年々上昇中?女性の浮気率は何と77%!驚きの統計データの真相

探偵社に浮気調査の依頼をされる人間模様はどんどんと変わっています。

かつては一部の富裕層か中間所得層だったのが、いまでは低所得層を含むあらゆる層からの依頼が入りはじめています。

また、階層には関わらず、依頼者の男女比も大きく変わっています。

以前までは女性一辺倒だった浮気調査の依頼も、いまでは男女比が同等にまで近づいており、男性と女性の浮気率がほど近い場所に近づいていることが分かります。

しかし、浮気をする人間の数は平等に配分されている訳ではありません。

男性の浮気率が下がっている訳ではなさそうなので、恐らくは女性の浮気の数が上がっているのでしょう。

という事は、やはり日本の浮気率は全体的に上昇しているのか?

今回はこの問題について深く迫っていこうと思います。

日本の浮気率は年々上昇中?

日本の浮気率に関する国が行った公式なデータは存在していません。

しかし、民間の調査会社やインターネット調査、または各メディアなどが行ったアンケート調査によって、男女の浮気率に関する様々なデータが存在しています。

それらによれば、やはり男女共に浮気率は年々上昇傾向にあり、浮気を行う人が多数増えている現状が見て取れます。

ただ、男性と女性によって浮気率が上昇してきた理由が違うので、浮気の原因を考える時にも男女別に見ていく必要があるでしょう。

女性の浮気率が上昇している原因

女性の浮気率が上昇している原因として良く言われるのが、以下の三つの要因です。

 

女性の社会進出

女性の浮気率が高くなってきたのは、女性の社会進出があげられます。

かつてまで、女性の役割は家事に育児に重きが置かれており、仕事をすることを許さないような風潮がありました。

そのせいで、女性は経済を男性の収入に頼る他なく、浮気や不倫をしようものなら生活が立ち行かなくなる可能性があったのです。

しかし、女性の社会進出が進んだ結果、自立しながら生活が出来る女性も増えてきた為、浮気をして離婚をしたとしても、その後の生活に困らない女性が増えてきたのです。

 

男性への反逆

こちらも良く言われている原因です。かつて男性が主導権を握っていた社会では、女性は浮気が許されず、男性は浮気が許されないという風潮がありましたが、それを浮気や不倫によって覆すことが女性が男性に行う反逆、もしくは復讐であるという意見です。

ただ、この考え方は双方にあるものです。

もしも女性と男性の立場が入れ替われば、今度は男性が女性への反逆のために浮気をするでしょう。

実際に、奥さんが浮気をしたのを理由に、旦那さんがリベンジ浮気に乗り出すケースは少なくありません。

 

男性の浮気率が上昇している原因

過去に比べても、男性の浮気率は高まりを増している傾向にあります。

ただ、男性は本来浮気をしやすい生き物であるだけに、浮気増加の原因には浮気がしやすくなったツールの登場や風潮が上げられるでしょう。

出会い系サイトやSNS

男性の浮気を最も容易にした道具の一つに、インターネットを使用した出会い系サイトの存在が上げられます。

出会い系サイトの多くは「サクラ」と呼ばれる女性を装ったロボットを使用しているといわれますが、浮気願望のある女性が登録しているので、浮気願望のある男女の出会いの場として活用されています。

また、女性の数が圧倒的に少ない出会い系サイトでは、浮気願望のある男性からお金をもらって性行為を行う「ワリキリ」と呼ばれる個人売春も盛んです。

また、出会い系サイトに限らず、インターネットを利用したあらゆるコミュニケーションサービスは男性の浮気を容易にしました。

自分の身分を隠しながら交流を深められるインターネット上では、男性は自分が既婚者であることを隠しながら女性に声を掛ける事が多いのです。

 

浮気に対する抵抗感の欠如

浮気をする事に対する罪悪の欠如は、本人の性格的問題ばかりではありません。

例えば、現在インターネット上には多くの浮気指南サイトがあり、そこでは浮気をするためのテクニックばかりでなく、出会い系サイトを使って女性と出会う方法などが書かれています。

また、ネット上のみならず、インターネットを通して手軽に浮気が出来るようになったため、浮気をしている事実を仲間内でひけらかす男性達も非常に多いです。

 

女性の浮気率の上昇

女性の浮気率が上昇しているため、浮気願望を持つ女性と浮気願望を持つ男性という組み合わせが依然よりも簡単に成立するようになってきました。

そのため、女性の浮気率が上昇すると共に、浮気願望の高い男性も浮気をしやすくなる負のスパイラルが発生するのです。

 

浮気率の上昇に歯止めは掛けにくい

浮気率の上昇に歯止めをかけるためには、男性や女性の恋愛の自由を抑制するしかありません。

しかしながら、浮気をする人間は至る所に存在しており「浮気を無くそう!」と声を上げた所で、反対に白い眼で見られてしまう現状があります。

さらに、人は自由を求めずには居られない生き物です。

より恋愛を自由に行うためには、いずれにせよ「結婚」という概念に縛られる事を拒むしかありませんが、人は結婚によって安定が齎されるため、結局は離婚と結婚を繰り返さざるを得ない人生となっていきます。

こうなってくると、今度は結婚そのものが無意味な世界が訪れるかもしれませんが、それが人間の進化なのかと思うと、少し残念な気もしてきますね。

ただ、人に愛情がある以上、浮気によって傷つく人間はかならずいます。

恋愛の自由化が進んだとしても、人が人を愛するという気持ちが続く限りは、いずれにせよ「浮気」という概念は消えはしないのです。

 

浮気率が高まる程、探偵の必要性が問われて来る

浮気率が上昇しても、浮気によって傷つく人は消えません。

である以上、やはり探偵業はこれからも存続し続けますし、以前にもまして多くの依頼をこなさなくては成らない時代が訪れるかもしれません。

しかし、現在探偵業はより健全になりつつあり、依頼者のニーズに応えるため急速な成長を遂げています。もしも将来、貴方の配偶者が浮気をしたとしても、最後に頼るべき探偵社はその時代にも必ず貴方の期待に応えてくれるでしょう。

 

続いては、特に目立った統計データに着目し、そこから女性の浮気心理と、浮気の傾向についてひも解いて行こうと思います。

女性の浮気率は何と77%!

最近発表された浮気データの中でも特に目を引くのが、化粧品メーカー・リベラシオン株式会社が発表した浮気関連のデータです。

統計は同社が運営する女性向けWEBサイト「コイスルカラダ」の20代から40代のメルマガ会員5940名に対して行われました。

その結果あらわになったのは、女性の驚くべき浮気率の高さです。

統計結果
  • 77% 浮気率あり
  • 12% ない
  • 11% わからない

この統計結果は、世の男性のみならず女性にとっても衝撃的結果です。

さらに浮気について回答した人の声を纏めてみました。

「パートナーと性格や性癖が合わず倦怠期。そんな時に合う人と出逢い、浮気してしまいました。」

「彼が知らない飲み会で会った人と2人で飲みに行って、お互い恋人がいるけど好きってなって。」

「彼氏いたのになぜかすごくモテて、羽目をはずして遊んでた。怒らない彼氏だったから調子乗ってた。」

「パートナーと一時期うまくいかなくて、息抜きしたくて。」

「直感型なので、一目惚れが多いです。ピンときた人には自分からアタックします。私は旦那が居て、内緒で2人目の彼氏がいます。そして現在は旦那と別れたくて別居中です。」

「彼氏にかまってもらえなくて、淋しくて。」

「私の事をずっと好きと言い続けていた彼の押しに負けました。」

「人のモノってよく見えてしまう…」

「逢えない寂しさから、、、」

「職場の先輩と浮気。バレて会社を辞めました。」

「当時付き合ってた彼より魅力的だったのと、当時の彼と喧嘩が絶えなかったので」

「刺激が欲しかった」

「旦那が嫌いになったから」

「もう離婚したけど旦那いたとき娘の元カレの事好きになって 」

「寂しかった。夫では満足できない。」

「定期的に会っている彼がいる。もう何年も付き合っている。一時はその他にセックスフレンドが何人かいた時期もあった。」

(コイスルカラダより引用)

これらの回答を見てみると「寂しかった」という意見のほか、恋愛感情に動かされて浮気をしている人が多くみられます。

しかし、この統計結果から、実は浮気をする女性のもう一つの側面を露わにしているのです。

 

性に敏感な女性ほど浮気しやすい?

発表されたデータがもしも真実だとした場合、77%という数字がはじきだされた原因は、アンケートを行ったメール会員に「浮気症」の特徴があっと考えるのが妥当です。

全国民に対するアンケートでない以上、正確なデータは期待できません。

ということは、ある特定の特徴を持つグループに対してアンケートを行っている統計ですから、統計結果の数字が高いグループほど、浮気性の特徴を備えているという推論が成り立つのです。

そこで驚きの統計が出されたサイトを分析した結果、女性の体の悩みや性の問題に関する情報をメインに扱うメディアでした。

という事は、このサイトのメール会員となっている人は、やはりこれらのテーマに対する関心が普段から大きいのでしょう。でなければ、メール会員にはなりませんからね。

となると、導き出される答えは一つ。

つまり、女性も男性と同じく、性的関心が高い女性ほど浮気をしやすいのです。

女性の性的関心はモテる理由?

性的関心が高い女性ほど浮気率が高いということは、その特徴さえ掴めば男性も浮気性の男性に引っかからないですよね。

ただここが難しい所で、男性は性的関心が高い女性ほど「親しくなりやすい」点です。

特にセックスに関心が高い女性は男性から見て魅力的に見えることが多いですし、男性の恋愛はセックスありきのもの。そのため、多くの男性は「浮気性」の女性に騙される運命にあると言っても過言ではありません。

しかし、男性というのは何故かそれを望んでいる節もあります。

その点は、結局男性が恋愛に関する関心の無さ故なのか、恋愛ゲームにさほど興味が無いからなのかは不明です。

しかし、本当に浮気されたくない男性は、まず性的関心が高い女性を避けた方が良いでしょう。

 

性的関心が高い女性を回避するには?

性的関心が高い人間は、異性に対して必ず自分の傾向を隠します。

これは男女共に同じことで、実際に付き合ってみないと分からないことが多いでしょう。

ただ、性的関心の強い女性とそうでない女性とでは普段の言動に違いが出やすいので、その点からチェックする方法をお勧めします。

例えば普段の会話でやけに同性批判が多い人は要注意。性的関心が高い人ほどなぜか同性批判が高いので気を付けましょう。

また、下ネタなどを振ってみるのも良いかもしれません。素直な女性は態度も表情もナチュラルですが、そうでない女性はつい乗ってきたり、または作り笑いでごまかします(こういう場合は声のトーンや仕草、目の動きでチェックです)

さらに、性的関心の高さを示すアイテムや雑誌なども注目です。

 

まとめ

もちろん性的関心が高い女性がダメという訳ではありません。

また、多くの男性は性的関心が高い女性ほど好都合と考えているかもしれません。

しかし、探偵社に依頼される男性の多くは女性の身勝手な浮気によって傷ついている方が殆どです。真面目に仕事をして、家族サービスもして、家事もやって、それでも浮気をされてる人が後を絶たなくなれば目も当てられません。

そんな純粋な男性は、是非とも浮気性の女性に引っかからないために目を磨いて、本当に自分の求めている相手を探し出しましょう。