3年目の浮気は本当?探偵から見た浮気をしやすい年数

愛し合う二人が結ばれるためにたどり着く一つのゴール、もしくは二人がこれから始まる新たな生活に期待を含まらせる…それこそが「結婚」という言葉から感じられるイメージです。

しかし、結婚当初はそうであっても、それから数年もたてば夫婦関係も次第に冷め始めてくるのが当たり前なのかもしれません。

そんな夫婦の流れを示す言葉として、世の中には「三年目の浮気」なんて言葉まで存在しいますし、この言葉が登場して以降、至る所で語られ続けてきたため、その真意も知らずに「結婚から3年したら浮気に注意しないと!」とおっしゃる方も時々見かけます。

しかし、本当に結婚してから3年目が危ないのでしょうか?

今回はこの問題について、探偵としての経験を軸にお答えしていこうと思います。

そもそも「三年目の浮気」って何?

多くの人は「三年目の浮気」を格言の様に感じていますが、もともとはヒロシ&キーボーというグループが発表した歌謡曲「3年目の浮気」が元ネタとなっています。

この曲が発表されたのは1982年。彼らにとって唯一のヒット作となった楽曲でしたが、そのヒットは凄まじく、その年の日本有線大賞最優秀新人賞を受賞しています。

曲の内容は、浮気をした男性に対して、女性が文句を言い続けていく会話をメインにした歌詞であり、カラオケのデュエット曲としても人気を博しました。

その結果、「3年目の浮気」という言葉が日本に定着したため、1982年以前はこの言葉は使われてはいなかったのです。

また、そればかりか、その他多くの格言や諺の様に、経験や実験を通して作られた言葉でもないので、本当に3年目に浮気が多発するかどうかは、実際には誰にも解っていないのです。

 

結婚1~3年目の浮気率が高い

「3年目の浮気」という言葉が指す通り、確かに3年という年齢は結婚後の大きな節目という感覚は、既婚者ならだれもが感じる所かもしれません。

しかし、探偵として私個人の経験を踏まえてみると、人の浮気は3年目よりも、結婚後1~3年目以内に起きる可能性の方が高いと考えます。

それでは、なぜ3年目ではなく3年以内なのか?

その理由については次項より詳しく説明させて頂きます。

理由1「妊娠期間中は男性の浮気が多い」

世の名には妊娠を機に結婚したり、結婚後すぐに子作りに励む人も多いです。

しかし、妊娠期間中に旦那さんが浮気をしてしまう可能性が高いのです。

妊娠期間中に男性が浮気をしてしまうのは、もちろん奥さんを性的な対象として見れなくなってしまうのが原因です。

特に妊娠するまで盛んに性行為を求める性欲旺盛な男性は、妊娠期間中の性欲を満たすために浮気を見つけようとすることがあります。

 

理由2「子育てが始まった直後は浮気が起きやすい」

子育てが始まった直後は、夫婦ともに幼い子供の世話で大変です。

もちろん、子育ては夫婦の共同作業。妻も夫も子供の世話を行うのがベストですが、昔ながらの考えを持っていたり、仕事が忙しい旦那さんの場合は、子育てを奥さんに任せきりになってしまうかもしれません。

しかし、この様な状態だと、旦那さんもお子さんも浮気に走りやすくなってきます。

 

旦那さんが浮気に走る原因

子育機関の初期に男性が浮気に走るのは、子育て手一杯になってしまった奥さんからの愛情を感じれなくなることが原因です。

男性というのは何歳になっても、奥さんからの愛情を独り占めしたいと考えているもので、特に父親としての自覚が無い若い男性は、子供にばかり掛かり切りになる妻を女性として見れなくなり、浮気相手を求めはじめてしまいます。

ただ、父親としての自覚が芽生え始めると。男性の浮気性も一旦は落ち着きを見せるので、やはり子育て初期の段階が夫婦に訪れる最初の危機だと感じます。

 

奥さんが浮気をしてしまう原因

子育ての初期段階で奥さんが浮気をしてしまうのは、子育てを自分ひとりに任せる旦那さんへの不信感や、子育ての方針の違い、もしくは姑からの過干渉によるものです。

子育てが終わったあとの女性はとにかく大変です。手のかかる子供の世話をしなくてはいけませんし、子供の教育費用など、将来への金銭的不安も尽きません。

また、旦那さんの元へ嫁いだ奥さんの場合、姑さんとの関係があまり良くないと、子育てを行いながら大きなストレスを受け続けることになります。

こうした環境の悪化が女性の浮気を引き起こしてしまうので、育児ノイローゼなどになる前に、旦那さんがしっかりとフォローしてください。

 

結婚後に起きるトラブル

結婚するまでは同居していなかった夫婦も、結婚を機に同居をはじめますが、その結果共同生活が難しいことに気がつき、関係を壊してしまう可能性があります。

もちろん、単純に離婚するだけではありません。

夫婦関係が破たんしはじめれば、同時に夫も妻も新しいパートナーを求めはじめてしまうので、浮気をするのは時間の問題となります。

 

浮気や不倫の可能性は、結婚直後から始まっている

3年面の浮気は本当に起こるかもしれませんが、それまでにも十分に浮気の可能性はあります。

結婚は人生のゴールでもあり、新たなスターとでもありますが、同時に浮気や不倫の始まりになってしまうこともあります。

しかし、心配ばかりしていても仕方がありません。

なにをするにしても、絶対に安全なことはありませんし、そんな場所な出来事はどこにもありません。

だからこそ、結婚して夫婦生活が始まってからはより一層、浮気や不倫を防ぐための対策が必要になります。

また、対策のみならず、浮気や不倫の早期発見も必要です。

なにせ、人間は誰でも浮気をする可能性を秘めている生き物ですから、どこで、だれが、どんな理由によって浮気をしてしまうのかは誰にも予想できません。

たとえ浮気をしたとしても、早めに対処しておけばリスクを最小限に減らすことが可能です。

もしもパートナーに浮気の兆候が見られたら、なるべく早めに浮気調査を行う様にしましょう。また、浮気調査を本格的に行うとすれば、専門的な知識や技術が必要になります。その場合はお近くの探偵社や弁護士事務所に相談するなどして、プロのアドバイスを求めるようにしてください。